スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
さよならTC-1
って、別に売り飛ばすワケじゃないんですが…

とうとうコニカミノルタがTC-1の製造が終了してしまったようですねぇ。
保有するカメラ群の中で唯一の現行品だったから何か寂しいものがあります。
高級コンパクトカメラ、その最後の生き残りとして暫くは残ると思ってたんですが
無くなる時はあっけないものでございます。




31-1.jpg
我が家のMINOLTA TC-1




古コンパクトが好きな自分ですが、携帯性や使い勝手の良さ、そして抜群の信頼性
持ち歩き頻度が比較的高いカメラなんですよね~。
ちなみに、次点でCONTAX Tixとオートハーフ、その1ランク下にRollei B35。
おまけでショルダーバックにはペンタのAuto110が常備されてたりします。

まぁ、普段の休日お散歩撮影では新しく買った古いカメラ(ややこしいな)の
テストに没頭してたりするので、持ち歩いていてもガンガン使ってるワケじゃないんですけどね…





でまぁ、このカメラのお気に入り所はやっぱりレンズ。
G-ROKKOR28mm/f3.5は画角の割には小さなレンズですから
周辺部の光量落ちが近年のカメラとしては派手に出ます。


(…周辺落ちとかは好き嫌いがありますので何とも言えませんが)
だからと言って、それが良くないのか?と言うとそうでもなく
個人的にはシャープすぎる雰囲気を適度に和らげてくれるような感じだと思ってます。





31-2.jpg
MINOLTA TC-1  Kodak EBX   一杯まで絞るとこんくらい派手に落ちます





抜けの良さは天下一品、そして濃ゆすぎると言っても良い発色。
更には完全円形絞りに、シンプルなのに使いやすい操作系と
普段使ってるカメラがカメラだけに欠点を探すのが難しいカメラです。





定価が14万円と下手な一眼レフより高いコンパクトですが、
価格に見合う作りの良さと、抜群の性能は納得できる範囲だと思います。


製造中止は非常に惜しいですが、まだ探せば新品も手に入ります。
恐らくはフィルムを使うコンパクトとしては最後の高級コンパクトですから
もし気になっている方がいらっしゃいましたら早めに入手される事をオススメ致します。




実は自分もスペアで1台欲しいんですよね。
スポンサーサイト
2005/05/31 21:18 | カメラな話 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
雨降りの中のPEN-S
昨夜、ブログを書き終えたあと悲劇は起こりました。


PEN-Sの外装補修とレンズ・ファインダー清掃などを終え、
「さぁ、後はフィルム入れて撮るだけですよ」
と、ウキウキ気分で枕元にPEN-Sを置いて弄くっておりました(お子様だね)


そしたら急にスローシャッターが不調に…


天気予報では曇天との事だったのでスローが使えないのは痛いです。
だもんで、夜中の零時過ぎ辺りから革剥がしてシャッターユニットを下ろして修理するハメに。

一口に修理と言ってもPEN-Sの本格的な分解は初めて。
ですから「あーでもない、こーでもない」とブツブツ言いながら分解ですよ。
ヨメさんなんて呆れちゃって先に寝ちゃいましたから。




本来なら良いネタになるのでデジカメなどで画像を撮りながら作業をすべきなんでしょうが
「明日(て言うか今日だよ)使いたいんだよぉぉぉぉぉ!」ってのが真っ先にありまして
とにかくもう復旧させるのが最優先でございました。


でまぁ、慌てて作業をするとロクな事が無いのは誰にでも経験があると思いますが、
案の定、直径1mmにも満たない小さなパーツを吹っ飛ばしてしまいまして
床の上で半泣きになりながらパーツの捜索に明け暮れる有様。

シャッターユニットの分解ですからシャッター羽などもついでに洗浄。
で、問題のスローガバナを洗浄して注油をすれば修理は完了となるのです。







眠いやら慌ててるやらで豪快に注油してしまい再度清掃したりなど。
結局、修理を終えて床についたのは午前4時と言う状態。
慌てないでやれば2時頃には寝れたんじゃないかと思います、とほほ。









とまぁ、深夜に1人でドラマチックな展開をしていたのではありますが
朝起きてみると雨がざんざか降ってるじゃないですか。





かなり凹んだのは言うまでもないんですが、
ここでフテ寝してしまうのも勿体無いですし、ヨメさんと出かける約束もしてますから
修理したPEN-Sと100mmの望遠を載せたPEN-Fを持って出撃。




あんな大変な目に遭ったんだから(自爆とも言いますが)、意地でも写真が撮りたいワケですよ。



てなこって

ヨメさんの若かりし頃に師匠だった方の絵画展覧会を見に行くために上野まで。
上野だったらアメ横などもありますし、上野公園でも写真が撮れそうですから
多少の雨くらいなら写真を撮ってしまおうと。


ですが、こんな天気に100のポジを入れるのは勿体無いですし、
ネガカラーでも面白くなさそうでしたから久しぶりにC41現像の出来るモノクロを。



片手にPEN-S、片手に傘を持ちながら美術館までの道のりで色々撮ってみました。
PEN-Sには露出計がありませんから全部カンで撮ったんですけど
さすがはC41モノクロフィルム、適当に撮ってもソコソコ行けます。




30-1.jpg
OLYMPUS PEN-S2.8  ILFORD XP2 super 1/125 f11









30-2.jpg
OLYMPUS PEN-S2.8  ILFORD XP2 super  1/15 f5.6






例によって下手糞度数全開ですが、2枚目の画像は一応スローが直ったと言う証拠に。

1/15秒はPEN-EEには無いですし、そもそもEEシリーズであれば赤ベロ出てシャター下りません。
そんな暗い場所でも自分の意思でシャッターが切れるって良いですねぇ。





そんなこんなで何とか写真は撮って来たのでございますが、
PEN-Fは全く出番がありませんでした。
つーか、こんな天気じゃ撮り切れませんって…




PEN-Sの方も50枚くらいしか撮れなかったんですから。
おまけに目測+開放+スローシャッターで駄プリント大量生産



天気が良くなったらリベンジします…
2005/05/30 18:48 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
OLYMPUS PEN-S 2.8
この前の旅行でお土産(?)に買ってきたカメラ達。
2台ともハーフカメラでして、リコーのキャデーとオリンパスのPEN-S 2.8



2台とも特に不具合は無いのですが、休みの日にならないとテストが出来ません。
何故?ってそれは恐怖のハーフカメラだから。


12枚撮りフィルムで24枚、24枚撮りフィルムで48枚、36枚撮りフィルムで72枚!
最低でもこれくらいはラクに撮れてしまうとなると、平日の仕事の合間に使うのは無理
と言う事で、仕事が休みになる日を一日千秋の想いで待ち続けておりました。

そして今日、午後6時を持ちまして一週間の労働を終える事が出来ました。 きゃほーい





とまぁ、そんな感じで今日は会社でカメラを整備。





以前にも書きましたが、日曜の職場は激務になる時とそうでない時がありまして…
今日はほとんど仕事がありませんでした。
会社的には赤字な1日でも、個人的には労力から考えれば黒字な1日。


仕事が無い時には遊んでて構わないと言う変わった会社なので遠慮なく遊ばせてもらってました。


PEN-Sは動作的な部分に問題はないんですが、
遮光用のモルトが劣化(と言うか消滅)してましたのでモルト交換を。


ヒマな時にいつでも遊べるよう、自分の工具箱にはモルトが常時在庫しておりまして
大きさを測りながらカットして遮光部分にモルトを貼り付け。 わずか15分。





29-1.jpg
OLYMPUS PEN-S2.8(補修後)




後はファインダーカバーの「ちりめん塗装」のハゲをタッチアップ…

単に黒で塗るのでは芸が無いですし、全く同じ色ではありません。
ですから、有り余る資材と現場には1人しか居ないと言う好環境を生かして
板金ブースで調色して同じ色を作ってしまいました。

素晴しき職場、車屋さんと言うのは非常に楽しい所です。



それでも定時には程遠い時間でございましたので、
経年劣化でパリパリになってた貼り革を「秘密の薬品」で潤い豊かな状態に。
そしてトップカバーと後蓋のメッキ部分の磨き作業。


最後にレンズとファインダーの清掃、これでバッチリ。




後は明日のお休みにフィルムを入れてテストするだけです。
オリンパスのハーフカメラはEESとEE-2にEED、そしてPEN-Fを持っておりますので
明日はPEN-FをメインにPEN-Sをサブ機で遊んでこようと思います。
(ホントはPEN-Wがサブ機として欲しいんですが高いから無理)






29-2.jpg
OLYMPUS PEN-EE2  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200





例によってスキャナがアレですから駄目駄目ですが、プリントではシャドウ部分もキッチリ再現されてます。

オートハーフ並にお手軽なPEN-EE2でもこれくらい諧調豊かな写真が撮れますので
完全に自分の自由で操作が出来るPEN-Sはどんな写真が撮れるのでしょう?



旅行で使い切れなかったポジが明日は大活躍の予感。














と思ったら明日は曇天ですとぉぉぉぉぉ!!






泣きたひ…
2005/05/29 20:33 | カメラな話 | コメント(3) | Trackback(1) | pagetop↑
友人と語らうジャンクカメラなひと時
仕事から帰ってきて、暫くしたら友人が遊びに来ました。

その友人はお休みだったので、写真でも撮りに出かけようと思ってたらしいのですが、
気づいたら大久保や秋葉原のジャンクカメラ屋さんで色々買い込んできてしまったとの事。


類は友を呼ぶとはよく言ったもので…


いつもなら夜遅くまで下らない話を延々としてるんですが、
今日に限ってはそそくさとお帰りになりました。
よっぽど買い込んだジャンクカメラをバラしてみたいのでしょう。


気持ちは良く判ります。
つーか、自分も恐らく同じ行動を取るでしょうから。


類は友を呼ぶとはよ(略






そんな感じで、本日の友人との会話は8割方がカメラと撮影に関するお話。
素人修理に関するノウハウの交換がメインだったのですが、
やはり同じ趣味を持つ者とは言え、
人によって修理が得意なカメラとそうでないカメラがありますねぇ。

お互いの知識欲を満たすお話は非常に有意義でございますよ。






28-1.jpg
RICOH AUTO HALF SE  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200





さて…

友人が色々なカメラを我が家に持ち込んで煽りまくってくれましたが、
当分カメラを増やすのは控える方向だと言う決意は固いのです(今んとこ)

今月中にあと1台買えば2ヶ月で30台と言うアホな自己記録を更新出来そうなんですが、
ここはグッと我慢の男の子なのでございます。


いくらジャンクばかりを買い漁っているとは言え、
この2ヶ月間の購入金額は馬鹿になりませんし、未修理のカメラも増えてます。
少し腰を据えて修理に没頭する為に購入を控えると言うのは
前向きな思考と言えばそんな気がしてくるのです。



つーか、まだ先だと思ってた自分の車の車検、今月だったんですよね。






25日で車検切れちゃってるから乗れないじゃん…








車検諸費用の事、すっかり忘れてました。 あははははは
















てなこって、カメラなんか買ってる場合じゃないんですよ。(貯金崩すの嫌いな人)
2005/05/28 21:33 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
ポジが上がってきた
やっと先週の愛知万博の写真が上がってきました。

ネガの方はKodakのウルトラカラーの純正仕上げを除いて
サックリと仕上がってきているんですが、
やはりポジとなると時間が掛かってしまいます。





27-1.jpg

CONTAX Tix  FUJICHROME 100ix



最初に引き取ってきたのは近所のDP屋さんにお願いしてたAPSのポジフィルム。
35mmのポジはKodakの純正仕上げをしてくれる新宿のお店に頼んでまして
既に現像は終わってるらしいんですが…
平日の仕事上がりに新宿まで出るのは面倒なので週明けまでお預け。



しかしなぁ…
今回のスキャンはフィルムフォルダが無い規格のフィルムを
無理矢理読ませてるから止むを得ないとして、かなり凄い画像になっております。

CONTAX Tix は本来ビックリするような描写を約束してくれる
Carl Zeiss Sonnar T*(28mm/f2.8)を搭載しているんでございますよ。


27-2.jpg
これが CONTAX Tix




デジカメ全盛の現在となってはAPS規格は消え行く運命なんでしょうけど、
もうちょっと評価されても良いような気がしますよ。
特にこの CONTAX Tix はAPSコンパクトとしては最良のデザインだと思いますし
画質が良くないと酷評されているAPSでは恐らく最高峰の写りなのではないでしょうか。
でも、シャッターがいつ切れたのかがイマイチ判りにくいです、これだけが欠点。

当たり前の話ですが、35mmの廉価なコンパクトよりしっかり写ります。



悲しい事にAPS用のポジはフジから一種類しか発売されてませんし
モノクロは既に販売終了していますから、ネガカラーも次第に縮小されていくのでしょう。

110カメラ同様に、最後の時まで楽しんでやろうと思ってます。





しかしまぁ、APSだ110だハーフ判だと変わったフォーマットが好きだな、俺。
2005/05/27 20:32 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
ジャーニーコニカの予定だったのに
今日はC35EF3のテストをしようと思ってたんですが…

初代コニカC35にフィルムが残ってたので、まずはこれを消費しないと。
と言う事でジャーニーコニカ(初代C35)のお話でも



書こうと思ってたらですね
急激な眠気に襲われまして、気づいてみれば金曜の朝。




26-1.jpg

Konica C35  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200


↑の写真をスキャンしようとしてたんですが、
どうにもマトモにスキャン出来ないから悪戦苦闘してたんですよ。

結局、睡魔に負けてしまったようなんですが、
朝起きて画面を見てみると結局マトモなスキャンは出来てなかったみたいです。

寝てる間に小人さんとかがやっててくれれば良かったのに。



C35に搭載されている HEXANON(38mm/f2.8)は古いながらも
しっかりとした描写をするんですよ。

この画像でも本来では真っ黒になってる部分(影の部分)でも
しっかりと写しこまれてるんですが、画像化しちゃうとスキャナが勝手に
真っ黒にしてくれてしまいます。 かなり余計なお世話。


そんなこんなで初代C35のお話はまた今夜にでも。
もう少しスキャンが満足に出来ないか色々チャレンジしてみます。
2005/05/27 06:56 | カメラな話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
ピッカリコニカ
先日、新宿の中古カメラ屋さんで購入した2台のコンパクトカメラ。

コニカC35 EF3 と コニカEFJ AUTO DATE、どちらもプラ製のコンパクト。
動作品であるにも関わらず、EF3は1,500円、そしてEFJは1,000円とお財布に優しいお値段。

もっとも、適度に古いカメラですからオートデート用の電池は切れており、
現在、日付写し込み機能のみは作動しません。
(つか、日付入れたくないから別にいいし)





25-1.jpg
コニカ EFJ AUTO DATE





と言う事で、今日はコニカEFJのお話を(平日はネタがないし)


格好は普通のコンパクトなんですが、もちろんAFなんぞ付いてません。
なんとビックリな単焦点、そもそもピント調整なんか出来ません不要でございます。
更に、シャッターは単速 1/125秒のみと割り切った仕様。

一応、絞りはあるんですが、それはASA(ISO)感度設定の際にいじるだけ。
ISO100のフィルムを入れたらf4に、ISO400のフィルムを入れたらf11?(かf16くらい)に固定するだけ。
あとはもうレンズとフィルムの性能を信じてシャッターを切るだけですよ。




ああ素晴らしい。




とまぁ、普通に考えれば「写ルンです」の高機能版な感じですよね。
フィルムの詰め替えが出来るのと、外観は普通のカメラと言う所で。



ならば、何故にこんなトイカメラもどきを購入したのかと言いますと
理由は単純、安かったからレンズが HEXANON(4群4枚 38mm/f4) だったから。





25-2.jpg
Konica EFJ AUTO DATE  FUJI VENUS400



ウチのスキャナじゃ何だか判りませんが…
こってり濃厚に仕上がるって言うのかな?
写ルンです辺りに搭載されているプラレンズ1枚とは矢張り違うわけなんですよ。


ただ、勿体無いのが単焦点の悲しさと言うべきか、
ピントを被写界深度で稼ぐとはこういう事だぁ!と言わんばかりに
常に絞り羽根が閉まり掛かってる状態(f4)なんですよねぇ…
本当の意味で開放f値はどれくらいなんだろ?2.8くらいあるのかなぁ。


なんか絶対にレンズの性能を殺してるっぽいカメラなんですよ。
すっげぇぇ勿体無い…




と言う事で、明日はEF3を試してみようと思います。
2005/05/25 21:53 | カメラな話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
オートハーフ大好き
旅行やら新宿カメラ屋さん巡りなどでカメラが増え続けておりますが、
ここらで一旦休憩しないと、撮るよりも早いペースで増えるっぽいのであります。



さっき今月分をカウントしてみたら12台も買ってたみたいです。
確か先月は17台だったから、この2ヶ月だけでも29台ですか…



そりゃ撮っても撮っても使った事のないカメラが増える一方だよなぁ。




なんて言うんですかね? カメラ限定の買い物依存症って事ですか?
特に生活や仕事でストレスがあるワケじゃないんですけどね~

仕事は好きでやってる職種で基本的には毎日が楽しいし、
生活面では「これ以上何を望むよ?」ってなくらいに満足しちゃってますから。
もちろん、単純な経済面では100%満足してるわけぢゃありませんけど。


まぁ、アレですよ。 単にビョーキなんでしょうね、カメラ蒐集ってのは。










24-1.jpg
特にお気に入りのカメラ達





そんな病気の火付け役と言っても過言ではないのが上の画像のカメラ達。
それが、リコーのオートハーフでございます。


初代が発売されたのが1962年ですから既に古い物では40年以上も前のカメラ。
画像にはありませんが、最終型でも1979年製と大分昔のカメラ達なのでありますよ。
自分が小さい頃の写真はオートハーフで撮ってもらった物も多いですし、
ヨメさんの実家でもオートハーフを使ってたとの事。



小さい頃にゼンマイをぐりぐり回して遊んでて親父に怒られたり、
レトロフューチャーなデザインが子供心にカッコ良く見えた思い出もあり
今現在でもゼンマイを巻くだけでピント調整も不要(つか出来ない)なオートハーフは
ある意味、最強に属するお散歩カメラ。
(※一部のモデルは目測でピント調整が可能)

後は写りの方がイイ感じでハーフ判カメラの王道を行く雰囲気で個人的に大好きです。




24-2.jpg
RICOH AUTO HALF SE  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200




モリゾーの不気味さも倍増する写り。
セレン露出計のEEカメラですから、晴れた日に使えば意外とマトモな描写をします。
そりゃまぁ絞って撮るからレンズの美味しい部分しか使わないんで
当たり前と言えば当たり前の話。



そんなオートハーフですが、我が家には何時の間にか8台も集結してました。

年代順に並べると
オートハーフ・ゾーンフォーカス
オートハーフ・S
オートハーフ・E
(前面パネルのデザイン違いが3台)
オートハーフ・SE
オートハーフ・SL
オートハーフ・EF



後は…
オートハーフ・初代
オートハーフ・SEブラック
オートハーフ・SLブラック
オートハーフ・Eゴールド
オートハーフ・E2
オートハーフ・SE2
オートハーフ・SE2ブラック
オートハーフ・EF2

を揃えればとりあえずコンプリート


実際は全面パネルのデザイン違いが星の数くらいに存在するので
完全コンプリートは100%無理。
デザイン違いを本気で集め始めたら1部屋には収まり切らない予感。

むしろ、オートハーフだけの博物館が作れそうな勢いで。



ちなみに、ポジを詰めても露出はソコソコ当たりますし
モノクロを詰めて撮れば古めかしい雰囲気の写真が撮れて楽しいです。




しっかし、普通に中古カメラ屋さんとかで買うと高いんですよね…
全機能が生きてるのは万単位が今時は普通。
どこかに不具合のあるジャンクでも2~5000円が相場。
好きで集めてる自分が言うのも何ですが、そこまで良いカメラなのか?
と思ってしまうですよ。


ですから
自分は安いジャンクを買って直したり、フリマでひっそり売られているのを探して来ております。
ネットオークションなどでは高騰しちゃうので、3台しか落とせませんでした。

んで、オークションで安く落としたカメラは状態が悪いのが当たり前ですから
結局は外装の程度が良いカメラに部品取りで喰われちゃうんですよね。



とまぁ、そんなこんなで今日はオートハーフなお話でした。
2005/05/24 21:54 | カメラな話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
今日の獲物
今日で長かった休暇もおしまい。


だもんで昨日までの旅行で撮りまくってきたフィルムを現像に。
しかしまぁ、110から始まってAPSやハーフに35mmフルサイズ(ネガ・ポジ)と

DP屋さんに対する嫌がらせなんじゃないか?

と思うような各サイズのフィルムを山のように持って行きました。
これで中判(6×4.5と6×6と6×9)を持ち込めば嫌がらせ度は大幅アップ間違い無し。


110やAPSポジと35mmポジは現像に日数が掛かるんですが、
35mmネガ分だけは同プリが終了しました。


ネガを突っ込んだカメラは自己再生品のオートハーフとコニカC35。
どちらもラチュードの広さに救われたプリントばかりでしたが、
とりあえずは普通に写ってたのが何よりでございます。



ちなみに、現像はいつもお願いしているお店(新宿)に頼んだので
ネガの同プリ待ち時間に間に久しぶりの新宿カメラ屋さんパトロール。

旅行で結構なお金を使ってしまいましたから、基本的に今日は見るだけ。
大阪でハーフカメラを2台も買っちゃってるから必要以上に増やす事も無いですしね。




















23-1.jpg
だから買うなよ大馬鹿者め







完動品のC35EF3は1,500円、そしてコニカEFJは同じく完動品で1,000円也。
買うな、と言われても普通は買っちゃうよね…



それにしてもC35シリーズはこれで何台目なんだ?
初代が4台(内1台は部品取りで骨組みのみになりましたが)
EFDが1台にEF3は赤が2台(内1台は未整理のジャンク)
そして厳密に言えばC35じゃないですが、EFJが1台っと。



なんかC35シリーズ、コンプリートへの道を歩み始めてる気がします。
2005/05/23 22:06 | 中古カメラ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
京都観光、そして帰還
万博見学だ、カメラ屋巡りだ、うどんツアーだと凄まじい勢いで
関東 → 中部 → 関西 → 四国と動き回ってきましたが、今日は普通に京都観光。





朝 か ら 雨 降 っ て ま し た け ど ね






まぁ、基本は雨男な人なんで余り気にしない方向で動き回る事に。

とは言え、京都から家まで500km以上。
あまりのんびり観光していると帰るのが面倒になってしまいますから
適当なところで切り上げねばなりませぬ。

だもんで、とりあえずは京都で行った事のない場所から攻めてみる事に。





SN320038_001.jpg
哲学の道(携帯電話のカメラで撮ってみました)





哲学とは無縁もいいとこの人なんで今まで行った事が無かったんですが、
まさか普通の住宅地の中にあるとは思いませんでした。

この画像、薄暗い上に雨降りな場所でしたから
恐らく開放で写しているんだと思いますが
一昔前、90年代のデジカメより収差がマシになっております。
(それでも200万画素クラスのデジカメとして考えると酷いもんですが)

にしても携帯電話内蔵デジカメは便利ですね。
ヨメさんはほとんどの旅写真を携帯で撮っておりましたですよ。
IXY500とEOS10Dも持ってってたのに。


ちなみに、出発前に書きました通り大量のカメラを持ち込んで
(なおかつ大阪でカメラ2台増やしてますが…)
色々と撮ってみたんですけど、一番使い勝手が良かったのは
リコーのオートハーフとミノルタのTC-1でした。

両方とも携帯性に優れ、
かたやパンフォーカスにゼンマイドライブ。
かたや広角レンズにフルオートで撮影が可能。
オートハーフにはネガフィルム、TC-1にはポジフィルムと
気楽に使い分けられたのが便利でした。



まぁ、本音から言えば京都観光で寺社仏閣を巡る時は
マミヤ6にモノクロを詰めて撮ろうと思ってたんですけどねぇ…
さすがに雨降りと就学旅行の学生さんが多すぎて
色々と手間の掛かる中判は面倒なんで止めちゃいました(へたれ)。



そんなこんなで結局はコンパクトカメラで撮りまくりながら
哲学の道、銀閣寺などを見て回り「にしんそば」を食べたり
新京極などをウロつき回ってから帰還の途につきました。

途中、豪雨に見舞われたりもしましたが、
京都から500kmの道程を事故も起さずに帰ってこられて良かったです。

東京・神奈川・静岡・愛知・岐阜・滋賀・京都・大阪・兵庫・徳島・香川と
総走行距離は1500km以上の長旅、非常に有意義な数日間でございました。


明日は大量のフィルムを現像に出して、細々した用事を片付ける事に。
そして火曜から仕事に戻って、いつもの日常に帰るとします。




今度はお金を貯めて大阪のカメラ屋さんをじっくり回りたいです。
2005/05/22 23:59 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
高松から京都へ
旅行3日目は高松の朝から始まります。

高松には友人がおりまして、
本日はその方と一緒に「うどんツアー」を開催。




え~っと…









簡単に言うと4件目で力尽きました(4杯も食うなよ)









050521_1327~0001.jpg
花瓶がシュールでした







他にも色々あったんですが、さすがにアナログ回線だと書くのはともかく
画像を上げるのが面倒… ちうか重すぎ。


この旅行で改めてブロードバンドの素晴らしさを思い知らされてます。






そんなこんなで夕方まで高松におりまして、その後はフェリーで神戸までワープ。
神戸からちんたら走って現在は再び京都におります。

今夜は京都に宿泊し、明日は朝から京都観光。
そして帰還する予定であります。





SN320037_001.jpg
瀬戸内海の夕日は素晴らしいの一言でした(フィルムで撮ったのは帰ってから現像)
2005/05/21 23:59 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
大阪は素晴らしい!
旅行2日目は大阪へ。


カメラ系の友人に「関西はハーフカメラが安いよ」と教えて頂いたので
朝からテンション上がりまくり、ヨメさん朝から呆れまくり。















oosaka.jpg
大阪でも今日のカメラ







リコーのキャディーとオリンパスのPEN-S

新宿辺りの中古カメラ屋だったら絶対に購入しない(出来ない)カメラ。
嗚呼、素晴らしき大阪カメラ屋様。
ジャンクでもないのに何故この価格…


判らん人にはサッパリな話で申し訳ないのですが、
2台で1万円って東京じゃ有り得ない価格なんですよ。


他にも魂が揺さぶられるカメラがテンコ盛りだったんですが、
時間と予算の都合上お買い上げしたのは2台のみ。




まぁ、これでも俺的には充分過ぎる戦果なのではありますが。





旅行の日程はあと3日残ってますので
必要以上の予算を使って後で後悔するのは嫌ですから。




今は香川県の高松にいるんですが、
カメラ屋さんとかでデッドストックとか見つけた時に金ないのは辛いですから。





いやぁ、自分は一体何を目的で旅行してるんでしょうねぇ。
カメラ探しの旅ではないハズなんですが…











帰宅後にヨメさんに殺されるかもな。
2005/05/20 23:15 | 中古カメラ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
愛・地球博に
行ってきました、大量のカメラと共に(あ、あとヨメさんも)





20050519224312.jpg
万博鳥瞰図(観覧車から)





平日だから空いてるだろうと思ったのは激しく甘かった…
朝イチで駐車場に車を入れたにも関わらず、すでに会場行きのバスは長蛇の列。


でもまぁ、ネットで拾った前評判ほどの酷さはなく
比較的スムーズに各パビリオンを回る事が出来ました。
飲み物や食べ物もそれほど「高い!」とは思いませんでしたし。



もちろん、写真も撮りまくり。




ライカのIIIbには親父から貰ったニッコールのレンズを付け、
IIIcの方にはズミタールを付けて嫁さんに。

ミノルタのTC-1は広角レンズですから会場内の写真を撮るには非常に都合がよく
そしてオートハーフは機関銃のようにバチバチ撮るのに都合が良い。

なんだかんだ言って持ってったカメラは目的別に使い分けて
色んなモノを撮る事が出来ました。



そして現在、京都の安ホテルに潜り込んでブログを書いてる次第ですが
明日は大阪へ向かいまして、そのあとは四国まで。





昨夜から休憩無しに近い状態で走り回ってたので今日はもう寝てしまいます。


それでは、また明日(ノートPCって便利ですね)
2005/05/19 23:01 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
大馬鹿野朗の旅立ち
明日から月曜まで休暇を頂きました。
だもんで少しばかり出掛けてきます。




18-1.jpg
旅行で役立つのはハーフカメラ





と言う事で、数日間は家を空けて遊んでくるつもりなんですが、
いつも以上にカメラ選びは悩む悩む…




んで、散々悩んだ結論は以下の通り。












旅先での思い出を高品質で残したいからマミヤ6MF

でも、中判はイザと言う時に面倒だからコンパクトのミノルタTC-1

しかし枚数を撮るだろうからハーフカメラもいるでしょオリンパスPEN-F

マニュアル一眼だとイザと言う時にシャッターチャンスを逃す恐れがあるからオートハーフ

自己再生品のオートハーフだと不安があるから予備でもう1台オートハーフ

ネタっ気も欲しいから110カメラも、んでアサヒペンタックスAuto110

どうせ110まで持ってくならついでにAPSでCONTAX Tix

ツァイスのレンズを使うなら対抗馬でライカIIIb

デジカメは荷物になるから携帯で充分








えっと… カメラバックがパンパンなんですが(当たり前)




むしろフィルムを入れるスペースが無いんですが。



つか、用意した各フォーマットのフィルムが合計で70本くらいあるんですが。




え~っと… どうすんだコレ。




まぁいっか。









馬鹿丸出しで行ってきま~す
(ノートPCとかも持ってくんでブログの更新は出来ると思います)
2005/05/18 19:31 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
コニカのハーフカメラ
昨日、引き上げてきたコニカEYE。

1964年製のハーフ判カメラなんですが、しっかり作ってあるし大きさも手頃。
ハーフ判カメラとは言え、レンズはもちろんHEXANON(30mm/F1.9)

購入したのは去年の秋頃だったんですが、修理しようと思って放置して早半年。
気合を入れて直そうと思ったものの内部破損で諦めてたのでございます。




ですが、優秀なるコニカミノルタの手によって甦ったのは記した通りで。
早速、昨日のお休みを利用して撮り歩いてみたんですが、
やっぱイイですね、小さいとは言えHEXANONは。





17-1.jpg
EYE と C35




しかし…
このEYEのロゴマークって「おっぱい」みたい。

だもんで遊んでみました。








17-2.jpg
撮影協力 : ヨメさん






写真、へたっぴぃだよなぁ… 撮る度に凹む。







とまぁ、そんな感じでよく判んないですけどコニカEYEなんですよ。
昨日のお休みではポジの持ち合わせが無かったんでネガで1本撮ってみました。





17-3.jpg
KONICA EYE  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200



まずは無限で1枚。
ごめんなさい、青空が綺麗だったんでCIRCULAR PLを使っちゃってます。










17-4.jpg
KONICA EYE  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200



そして最短で1枚。









結論。
やっぱポジで撮れ、そして画像化するならマトモなスキャナを買え。




言い訳臭いですけど、補正無しプリント頼んでるんですが
元のプリントだと結構綺麗なんですよ…
スキャンしちゃうと駄目駄目ですね。




とまぁ、そんな感じで今日はコニカEYEでございました。
2005/05/17 22:26 | カメラな話 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
激・お散歩撮影
休日と言えば



そう、「お散歩撮影」なのでございます。




昨晩はコニカC35の修理を行いまして就寝は午前2時半。
それでも朝の8時には目を覚ましまして、準備をしてからお出掛け。
もちろん、中古カメラ屋さんのパトロールもありますから目的地は新宿。







16-1.jpg
今日のお散歩カメラ達(モンチッチはヨメさんの趣味)






お前はカメラ持ち出し過ぎじゃ。


と自分でも思ってしまうくらいに持ち出してみたんですが、
家を出た時点ではC35とフジカGEのみだったんですよ。




コニカミノルタフォトスクエア東京に修理をお願いしていたコニカEYEを引き取って
おまけに嫁さんがこの前買った110のトイカメラを持ってきてたのでこの台数。


コニカEYEは自分で修理しようと思ってたんですが、
内部のギア破損やら何やらで、直すの面倒 素人には無理と判断しまして
素直にメーカー修理をお願いしちゃいました。


しかし、凄いですねコニカミノルタは。
40年以上も昔のハーフカメラの修理を受け付けてくれただけでなく
破損部分の部品まで保有していたとは。



ちなみに修理内容はギア交換・ファインダーユニット交換・各部点検調整、などなど。



わずか一週間ちょっとでモノの見事に甦ってしまいました、さすがプロ。








と言う事で、
修理を終えたコニカEYEとテスト撮影の途中だったフジカGEをメインに
今日は新宿近辺をウロウロしておりました。

抜けるような青空とは今日みたいな事を言うのでしょう!
と見事なまでに撮影日和と言う他ない1日でございましたので
かなり良いペースで撮り歩く事が出来ました。





16-2.jpg
Fujica GE  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200





おおお、言い伝え通りにガツーンと来るレンズだ…
ボケの雰囲気とかはまるで違いますが、
このガツーンと来る雰囲気はウチにあるカメラで例えると
RolleiのB35に載ってるトリオターと同じような雰囲気。

目測だけど結構面白いかも、フジカGEって。






あとはコニカEYEでも40枚くらい撮ったんですが、
ちょいとワケありで今日はスキャンしてません。
て言うか、ヘロヘロに疲れておりまして…




いえね、現像出して待ち時間の間は例によって飲んでたんですが
飲み終わって写真引き取って「さぁ帰りましょうか」となって
新宿駅まで向かいましたところ


人 身 事 故 の 為 に 電 車 止 ま っ て ま し て



しょうがないから電車が折り返し運転してる駅まで歩いたんですよ。
なんか酔った勢いもあって運転再開まで待ってるのも面倒だったんで。

ええ、普通に考えれば待ってる方が面倒じゃないです。
でも酔ってたんです。

3kmくらい歩いた時点で酔いは覚めちゃいましたけどね。







16-3.jpg
おまけに荷物まで増えてましたから






いやぁ、カメラ屋に寄らないで飲んで帰ってたら電車乗れたかも。 あはは。
2005/05/16 21:34 | ジャンクカメラ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
フジのカメラ(2)
雷雨になったり一瞬だけ晴れ間が出たり
かと思えば綺麗な虹が出たり、地震が起きたりと目まぐるしい天気でございました。




そんな中、フジカGEのテストの方は…





全く出来ませんでした。


日曜の職場って冗談じゃないくらいに忙しい時と、これで経営は大丈夫なのかよ?
と思ってしまうほどヒマな時があるくらい両極端なんですが、今日は激しく忙しい日でした。

カメラ持ってウロウロする時間なんぞ当然捻出出来るワケもなく
ただひたすら馬車馬のように働いているだけでございました。





さて…









15-1.jpg
Fujica 35SE






フジのカメラは7台持っていると、昨日書きましたが
ちゃっかり8台目が潜んでおりました。

ウチに潜んでいる8台のフジの中で唯一のレンジファインダーカメラ。
フジノン45mm/F1.9、おまけに露出計連動で当時(1959年)としては非常に良いカメラかと。
シャッター速度も1/1000まであるから今時の高感度フィルムでも問題ないし。

ただ、ボディの大きさの割には結構な重さがありまして
鉛でも詰まってるんじゃないか?と思うくらいの重量感が。










15-2.jpg
Fujica 35SE  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200




それでもカメラ本体の重さが良い感じのホールド感を出してくれるので
暗い場所で1/15くらいのシャッター速度では手ブレなんぞ何のその。

このカメラは頂き物だったのですが、
ウチに来てレンズ清掃とファインダー清掃、露出計の不動を修理したくらいで
特に不具合らしい不具合はありませんでした。
もちろん、現在も快調そのものですからフィルムさえ詰めれば何時でも使えます。


ただ、重たいから滅多に出番が回らないんですよね~




と言う事で、明日は仕事もお休みです。
明日こそはフジカGEのテストを行いつつ、また中古&ジャンクカメラでも漁ってこようと思います。
2005/05/15 21:45 | カメラな話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
フジのカメラ
怪しげな水銀電池アダプターで甦ったフジカGE
早速使ってみたんですが、仕事の合間に使ってたので8枚しか撮れませんでした。


1本105円の24枚撮りネガフィルムとは言え、
現像代を考えるとさすがに勿体無いですから、今日はここまでで続きは明日。



今日のネタに使おうと思ってたんですけどね~






さてと…

フジカGEの写真で書こうと思ってただけにネタがありません。
まぁ、ネタが無ければ書かなきゃいいだけの話なんですが、せっかく1週間も
欠かさずに書いてるんですから何か書かないと面白くない。

(見て下さってる方なんてほとんど居ないんでしょうけど)





そんな感じで
特に思い入れがあるワケではないんですが、
ここんとこフジのカメラが増えておりますので何となく並べてみました。





14-1.jpg
思い入れがないとか言いつつ7台もあったか




こうやって見ると110のカメラが多いですね(3台)。
ポケットフジカ300は小さい頃、今は亡き爺様に撮ってもらった覚えがあります。
しかし、もう1台のポケットフジカ300…


いつ手に入れたんだ?覚えてないぞ。
しかもコダカラーIIなんてトンでもなく古いフィルムが入ってるし




まぁ、それは置いといて。






14-2.jpg
買ったは良いけど忘れてたカメラ




FUJI TWING TW-3と言うハーフ判カメラ。
今から20年前に発売されたハーフ晩年の頃のカメラです。

ハーフ判のくせにDXコード対応だしプレワインディングだし、
更にはテレ側とワイド側で2コもレンズが装備されてる豪華なカメラ。
連射モードも付いてて、おまけにストロボが明るさに応じて自動点灯すると言うスグレモノ。
それにハーフ判ですから、36枚撮りフィルムで80枚くらい撮れちゃいます。


ですが


そこまでやってて何故にゾーンフォーカスなのかと。
少々疑問に思わなくもないのではありますが、
何と言っても薄型ですし、ポケットに入る大きさですから
便利そうなのは間違いなし。





14-3.jpg
FUJI TWING TW-3  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200





うーん
描写もそれなりに普通ですよね、ハーフ判としては。
なんで使ってなかったんだろう?




多分、外装がプラ製だってのが気に入らなかったんだろうなぁ…
2005/05/14 22:08 | カメラな話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
水銀電池アダプター
オークションで落札したフジカGE

磨いたらカメラ本体がとっても綺麗になってしまったので
とりあえず使ってみたくなるのが人情と言う物。

とは言え、このカメラは電池が無いと動かないカメラですので
使う為には何が何でも電池を入れねばなりません。





しかし、30年も前のカメラでございますから当時と同じ規格の電池はありません。
NR-52水銀電池(1.35V)と言うのが2個必要なんですが、無いものは無い。


となると現状で手に入る電池を使って動くように仕向けねばなりません。



まぁ、細かい電圧さえ目を瞑ればどうにでもなりますから
会社でヒマ見て作ろうと作ってみました。



つっても、思ったように時間が捻出出来なかったので
やっつけもいいとこですけど。





製作時間、わずか5分







13-1.jpg
LR-44(1.5V)を連結させただけ






時間が無いときはガムテープ、これ常識。



もっとも、単純に電池を直列に繋いだだけでは純正のNR-52(1個分)とは高さが違いますので
職場のゴミ箱から拾ったワッシャーをかませて高さ調整。








要は通電すればいいんですよ。








そんなこんなで電源用のアダプターは完成。
ここまでに要した時間は1分。



残りの4分は2個目のNR-52が入るべく設けられた場所を埋めるアダプタを製作。
既に電源用のアダプタは出来ていますから、
こっち側は単に導通すれば良いだけのモノを作れば良いだけ。






13-2.jpg
これと










13-3.jpg
このワッシャーを組み合わせて










13-4.jpg
余った部分をグラインダーでカット







はい完成







適当もイイとこのアダプターですが、これで動くから良いんです。
ただ、ワッシャーだけはNR-52と同じ幅のモノを使っているので
グラつく心配もないと言うオマケ付き。




ただ、電圧がオリジナルの電池とは異なりますから
本来からするとダイオードなどで調整してやった方がいいかも。







そんなこんなで「やっつけアダプター」を入れたフジカGE。
とりあえず動いてるみたいです。

後はフィルムを入れて実戦テストを行うだけ。
電圧が違うからポジを使うのは無謀かもしんないので
とりあえずはネガフィルムで遊んでみます。




明日、テストする時間あるかな~?(仕事しろよ)
2005/05/13 21:51 | お遊び修理 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
今日はまったり写真をスキャン
いや、まったりと言っても仕事は忙しかったんですが。

忙しいながらも夜には帰宅して家でご飯を食べられる幸せ。
おまけに酒なんか飲んじゃって風呂にも入っちゃったりして…



何て事は無いんですが、
いいもんですねぇ、こういう夜って。




さて、





12-1.jpg
FUJICA COMPACT35  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200



上の画像は先日衝動買いをしたフジカコンパクト35で撮った写真をスキャンしてみたものです。



画像化すると雰囲気変わっちゃうんですが、
このカメラに搭載されているフジノン38mm/F2.8と言うレンズ、
意外といい雰囲気で 「可も無く不可も無い」 描写をしてくれます。

実は、先日買ったコンパクト35の他にフジカハーフと言うカメラも持っておりまして
ハーフ判かフルサイズかの違いはあっても兄弟のようなカメラでございます。



12-2.jpg
これは「フジカハーフ」


デザイン的には妙に間延びした感じのするフジカコンパクト35よりも
フジカハーフの方が気に入っております。






まぁ、まだ両方ともフィルム1本づつしか撮ってませんが。









12-3.jpg
FUJICA Half  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200




ハーフカメラと言っても今時のフィルムを使えば普通に写ってしまいます。
画像がボケて見えちゃうのはスキャナの仕様と加工技術のない自分の責任。
プリントされた写真は普通に綺麗だったりします。




爆安のボロカメラを買ってきて、ちまちまと素人修理。
そんな怪しげなカメラでも直っちゃえば驚くような描写をする時が。
これだからこの趣味はやめられん。






何てったって金が掛からんです。(これ重要)
2005/05/12 21:18 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
カメラ増え(略
よくもまぁ、毎日カメラネタが続くなぁ…





と、呆れてしまいたくなるくらいにカメラネタが豊富。
いや、豊富なのはネタじゃなくてカメラの数だろ>俺

とりあえずセルフ突っ込みだけしておきますね。






さて…

そんな感じで 「今日のカメラ」 なんですよ。
この前の休日に3台も増やして今週は落ち着くかと思ってたんですが、
考えてみるとヤフオクで1台落としてたんですよ。

それが昨晩届いたのでございますが、
昨夜はC35と戯れていたので、とりあえずそのまま放置。


本日改めて梱包されてた箱から出してみたんですが、
外観はそれなりに綺麗でした。




と言っても、そこは矢張り30年以上も前のカメラですから
会社に持ってって仕事の合間に大掃除ですよ。







11-1.jpg
FUJICA GE





で、とりあえず物凄く綺麗になってしまいました。

あとは電池を入れてテストをするだけなんですが、
残念な事に肝心要な電池がありません。

フジカGEはこの時代のカメラにしては珍しく電子シャッターを搭載しているので
電池がないとこれっぽっちも動いてくれないのでございます。



当時と同じ水銀電池は環境問題が叫ばれる昨今は売られていないので
今でも手に入る電池(LR-44)を使っアダプターを作らないと駄目。



アダプターは兎も角として夜遅くに電池買いに行くのが面倒臭い。
だもんで続きは明日。





どうせ直したって休日しか使う時間が無いんだから慌てないのです。
2005/05/11 22:52 | 中古カメラ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
コニカC35
カメラは増え続けておりますが(昨日だけで3台もな)
我が家には動くカメラと動かないカメラがあります。




購入時に勝手に脳内分類しているんですよ

動くカメラ  → 中古カメラ
不動カメラ → ジャンクカメラ

と言った感じで。



昨日みたいに「たまたま」動くカメラを格安で購入出来る事もあるんですが、
基本的には中古カメラ屋さんのジャンクコーナーを漁って
面白そうなカメラを探してきます。


単純に写真を撮るだけが趣味であれば
普通に新品なり保証付きの中古なりを買えば済むだけの話なんですが、
自分は小さい頃から機械いじりが好きでございまして
今はクルマの修理屋なんぞをしております。





つまり壊れた機械が好きと言う、少しばかり変態的な人ですね。






何て言えばいいんですかね?

技術者の方々が一生懸命に生み出した機械、
しかも日本が高度経済成長の時代に日進月歩で進歩する技術。


'50~'70年代くらいのカメラには小さいながらも技術と夢が詰まっている感じなんですよ。


電子制御技術が未発達の時代
スプリングやカムなど、様々なカラクリを総動員して作り上げられた小さなカメラ達。







何十年も生き延びてきたのに、今はジャンクコーナーの片隅で「死」を待ってるだけの存在。






そんなのを見つけたら直して使ってみたくなるじゃないですか。
(だけどお前は買いすぎじゃ)












10-1.jpg
で、ただいま2台目のC35を修理中









買ってきた時には
シャッターは開かない、露出計は作動しない、二重像は曇りまくりでピントなんて合わせらんない、と
レンズにカビが無かったのが奇跡のようなカメラでした。

シャッターの方は単純にシャッター駆動レバーのスプリングが外れてただけ。
でも、せっかくバラしたんだからシャッター(+絞り用)羽根の分解洗浄や、
セルフタイマー部の洗浄と注油。

ファインダーの二重像は分解して清掃しただけで復帰。
あとは組み上げて位置調整をすれば終了。




問題は露出計。
最初は受光素子のcdsから電源部の接触不良かと思ったんですよ。
電池室の部分で配線が外れてたし、途中で断線もしてたし。
でも、配線を新品に換えても動きません。

露出計に直接電気を流すと動くんだけどなぁ…




で、テスターで詳しく調べてみたらcdsが逝ってました。







だぁぁぁ、昨日の秋葉原でcdsも買ってきとけば良かったぁぁぁ!











と思ったけど、
4台あるんですよね初代のC35は。
とりあえず、ボディの状態が悪くてcdsが生きてるのを探そっと。

2005/05/10 23:11 | ジャンクカメラ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
カメラ増えました
GW明け始めてのお休み。
普段の平日ならひたすら寝ていたいのに何故か休日になると早起きなのです。

朝ご飯を食べ、シャワーを浴びてサッパリした後は
カメラを持ってお散歩すべく電車に乗って新宿へ。


お散歩するなら地元でいいじゃんとか言う突っ込みは却下です、ええ。


だって地元にゃカメラ屋さんなんてないし
ただ散歩してパチパチ写真撮ってるだけなんて大して面白くないですもん。
やっぱ散歩の途中で休憩したくなるじゃないですか。

新宿とかなら中古カメラ屋さんとか一杯あるんで
休憩場所には困らんのでございますよ。



5-9-1.jpg
minolta HI-MATIC SD (半年くらい前に10円で買ったような記憶)



今日のお散歩カメラはミノルタのハイマチックSD。
「ジャンクだから」と言われて買ってみたものの、
何処も壊れてなかったのでそのまま放置してたんですよ。

でも、さすがに一回も使ってないってのは勿体無いですから
今日はこれにポジを詰めてお散歩なのです。


昨日書いたTRIP35はメッセで友人とお話してたら組み立てるの忘れてました。
まだ目の前の作業台でバラバラです。




新宿の街の雑多な雰囲気を色々と撮り歩くんですが、
毎週のように行ってる街なのに雰囲気がちょこちょこ変わるんで
撮ってて飽きないんですよね。

まぁ、撮影のレベルに関しては「へたれ」の一言でまとめられる程度なので
大した写真は全く撮れません。






9-2.jpg
minolta HI-MATIC SD Kodak EBX



何だかよく判らん写真の上にスキャンすると色が変わる…
サッサとフィルムスキャナ買わないと駄目っぽいです。
せっかくポジで撮ってるのに画像化するとネガより酷い色になるぞ。



とまぁ、そんな感じでポジを1本撮った後は
西口にあるキタムラでスピード現像をお願いして
ヨメさんと昼ご飯を食べるべく、何となく上野に向かいました。










ごめんなさい、嘘ついてます。









上野に行く前にキタムラの近くにある中古カメラBOXに寄ってました。











フジカパクト35って言うカメラ買っちゃいました













1050円だったからいいですよね?
ちょっとした所でお昼ご飯食べればそれ以上掛かるんだし。





ジャンクだと思って買ったんですが、
セレン生きてるし露出も変化するし巻き上げもおかしくないし
シャッター速度だって変化するし…


壊れてないじゃん、コレ。






だもんでヨドバシでセンスー200を1本買って写真撮ってみました。
モルトがべたべただったので光漏れするかと思ったんですが、
そんな事はなく全く普通に写ってしまいました。

まぁ、ネガフィルムだから露出の精度とか判らんですけど。




9-3.jpg
FUJICA COMPACT35  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200





ちなみに、自分のショルダーバックには
いつカメラが増えても良いように
若干の工具とレンズクリーナーやらが装備されております。


ですから、フジカコンパクトは撮影前に
前玉と後玉だけ清掃しました。
ですからクッキリハッキリ写るのでございますよ、ほっほっほ。





そんな感じで
上野でお昼ご飯を食べた後はアメ横を散策しながら秋葉原まで歩きまして
カメラ修理に必要な部品の調達を行ないました。

ついでに古くて具合の悪くなってきてたハンダごてとかも新調。


いやしかし、秋葉原って凄いですね。
昔は電気街だったのに、いまやよく判らんアニメとかゲームの街。

電子工作などに必要な部品屋さんとか少なくなって寂しいですよ。
でも、1個数円の部品とか売ってるお店も健在で相変わらず楽しめますが。





そして、秋葉原で必要な部品の調達を終えた後は新宿に戻りまして
現像の上がったポジを引き取って、代わりにネガの同プリをお願い。



待ち時間の間に軽く飲んでいました。
これぞ休日の醍醐味、結構動き回ってたからお酒が美味しいのでございますよ。





9-4.jpg
飲みながら買ったカメラを眺めてニヤニヤする危ない人です。





飲んで気分が良くなったら飲み屋から至近距離にある
中古カメラ市場とかに行くと危険なんですよ。



だってほら、酔った時って妙な勢いがあったりするじゃないですか。






サッサと同プリの上がった写真を引き取って帰ればいいんですよ。













そうすれば普通に気分良く1日を終える事が出来るじゃないですか。
















9-5.jpg
うははははは!!








コニカC35 EFDに110のトイカメラ、おまけにオートハーフ用のケースまで。








酔った勢いでカメラ屋さんに行っちゃ駄目ですよ。
2005/05/09 21:56 | 中古カメラ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
明日は休日
私の職場は月曜が定休日です。
ですから今日は当然の如くお仕事だったワケですよ。

まぁ、日曜の職場はそれほど忙しくないので
半ばまったりとしながら夕方を待つのでございます。

で、定時で帰宅しまして明日の休みに備えるんですが…






明日のお散歩カメラはどれにしよう? と毎回悩むのであります。






GW中に増えたカメラは4台、でも動くのはまだ1台だけ。
先月は何だか知らない間に17台も増えておりましたので
休日に持ち出すカメラに悩む悩む。



お気軽に遊ぶならPEN-EEやオートハーフなどの
パンフォーカスなハーフカメラ。


しかし、手持ちの35mmフィルムは全部36枚撮りなので1日で撮り切るのは大変。
貧乏性なので撮影途中のフィルムの抜くのは避けたいのです。



となると通常の35mmカメラにしようとなるんですが、
これがまた異様に台数が多いと言う罠。

正直、何台あるか判んないし。





とりあえず目の前でバラバラになってる
TRIP35でも組み立てて使ってみようかな…






5-8-1.jpg
OLYMPUS PEN-F D.Zuiko Auto-S 38/2.8  Kodak E100G






GW最後の休みにC35のテストを行いつつ、
PEN-Fに残ってたフィルムを全部使い切ろうと頑張ってた時の1枚。

こんな暗い喫茶店でよく写ってたもんだ。

2005/05/08 21:10 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
どうしよう…
安いんですよ、ジャンクカメラは。

古いから価値なんて無いに等しいし
動かないから普通の視点で考えればゴミ以外の何者でも無し。



それでも自分の手で直しちゃうと愛着が出たり




意外な程に綺麗な写真が撮れてビックリしたり




安く楽しめる趣味として非常に喜ばしい事だと思うんですよ。








だけど













5-7-2.jpg














同じカメラを一週間で4台も買うのは如何なものかと…





て言うか、まだ1台しか動かないんですよね。
残りの3台はどうしよ?
2005/05/07 21:19 | ジャンクカメラ | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
ブログ始めてみました(お約束なタイトルで)
テストを兼ねて...

知人友人の間でもブログが流行ってまいりました。
そしてそのブログを拝見させて頂くと
画像の貼り付けやらカテゴリで分類出来たりと


「何だかとっても便利そうじゃないですか」


と言う事で始めてみました。
なにせ飽きっぽいのが服着て歩いてるような人なんで
このブログもいつまで続くか判りませんが
ひとつ宜しくお願い致します。



前置きが長くなりましたが、
簡単に自己紹介をば。

下手の横好きで写真なんぞを撮っているんですが、
写真を撮りに出掛けると
なんでか判らないけどカメラを増やして帰ってくる
一言で言うならそんな人です。
ヨメさんは何時も呆れてます、さすがに。


あ、なんか自分で書いてて情けなくなってきた。。。





5-6-1.jpg
konica C35  kodak EBX




とりあえず画像も貼ってみましょう。
ジャンクから再生したコニカのC35(初代)で撮ってみました。

1000円くらいで買えるジャンクカメラも直せば使えます。
だから増えるんです。





70台越えてから数えるの止めました。





ヨメさん呆れてます。






自分はこんな人です。
2005/05/06 22:55 | 未分類 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。