半期に一度の
今日で6月もおしまい、明日から2006年も後半戦ですね。



今年はカメラなどを極力増やさないと年頭で誓ったセリフ
果たしてどれくらい守る事が出来たのか?半期に一度の決算でございます。

と言う事で、ブログに書いてある記録から半年以内に増えた機種を
色々と調べてみました (書いてない分は知らん)



まず、増殖した分に関してですが…



     Zenit-E (処分済)
    Konica EE-MATIC
    Kyocera T-Zoom
    Minolta α-70
    Yashica 35(修復中)
    Kyocera SAMURAI x3.0
    SAMSUNG AF ZOOM 777i
    Canon DIAL35
    KONICA MINOLTA CENTURIA mini SUPER
    SuperTakumar 55mm/F1.8
    α AF 35-105mm/f3.5-4.5(new)





えーっと…

確かに、去年までの勢いに比べたら、半年でこの程度なら
特に気にするレベルでは無いのではないか。

と言う事にしておきます





あとですね、友人から頂いたカメラやレンズなども少々ございまして


     PEN-EM(修復中)
     α AF 50mm/f1.4
     AGFA OPTIMA 1035 SENSOR





と言うのが記録 (ブログ) に残されておりました。










06063001.jpg
今年前半の増殖分
レンズリヤキャップ PENTAX SP は友人からの借り物)





でもまぁ、増殖ペースとしては常識の範囲内。
これくらいなら誰でも普通に買っちゃうレベル。
むしろ、普通の人ならこれの3倍は軽いハズ、そういう事にしておk(略



しかしアレですね。

今年に入ってからコニミノ撤退ショックがありましたから
優先順位がカメラやレンズからフィルムの確保にシフトしてますので
これで済んでいるのだと思います、真面目な話。

フィルムの確保に関しては保管場所の都合から
鬼のような勢いで増やせないと言うジレンマがありますので
購入ペースは低調なまま、せいぜい100本ちょいしか買ってないです。







まぁ早い話、とりあえず何か買わないと気が済まない 「買い物依存症」 と言う事で

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/30 21:15 | カメラな話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
酒に飲まれる夜
今日も蒸し暑かった~



と言っても夏本番はまだ先の事なので
今から暑いとか言ってる場合じゃないけど暑いモノは暑い。

汗だくで仕事を終え、帰宅してから浴びるシャワーの爽快な事ぉッ!!
そして、その後に飲む酒の美味さと言ったらもう!!




てなこって、本日もほどよく酔っ払いなのであります。
そしてブログに書くようなネタが何も無いのであります。








06062901.jpg

Konica-S  HEXANON 48mm/f2  KONICAMINOLTA CENTURIA PORTRAIT400







だみだ、身体が気だるくてしょーがない。

なんか 「目玉」 な写真があったからスキャンして、
それを元にして何かネタを考えてみようと思ったものの
程よく疲れた身体に染み込む日本酒が悪さをしてですね、
どーにも考える意欲が湧かないのでありますよ。




そして、明日は3日連続な早朝出勤の最終日なので早寝しないとマズイのであります
(そんな感じでお休みなさいませ)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/29 22:25 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
近づく夏
7月を目前に、とうとう真夏日を記録してしまったようで…



あああ、今年も一番イヤな季節がやってきたのか…
夏と言う 「季節」 は兎も角として、とにかく暑いのが嫌いな自分としては
とっても憂鬱な時期到来なのであります。



湿気ムンムンで気温も高いとなるってぇと、とにかくダルい。
かてて加えて、自分の職場の高温多湿状態が何より辛い。

今年も温度計をブッちぎる季節になるかと思うと
想像しただけで汗が噴き出すような錯覚に陥ります。



ちなみに、今日は都心部で30度を越えたらしいですが
自分の職場では36度くらいになってたのを確認しました。

まだ梅雨時ですので、お日様パワーが全開になってないのにこの温度、
お日様が全力で行動を起こす来月中盤以降は40度を越え
一昨年の最高気温は50度まで測れる温度計を振り切ってました (ホントに)。











06062801.jpg
一昨年は熱射病で引っくり返りました、アレは本当に危ないです
Konica-S  HEXANON 48mm/f2  KONICAMINOLTA CENTURIA PORTRAIT400






そんな感じで、毎年この時期になりますとあれやこれやと対策を施すのではありますが
人間の体温を遥かに上回る環境 (しかも多湿) だと限度もあるって感じで。



その代わり、悪い事ばかりではないのでありまして
真夏の休日お散歩撮影時など、アスファルトの輻射熱を浴びながらも
汗ひとつ掻かずに行動できるスキルが身につくのです。




人間って結構凄いんだなぁ、と思ってしまう時期でもあります

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/28 20:28 | 日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
ポケットの中の中判カメラ
昨日のお散歩撮影、もう1台カメラを持って行っておりました。



ヨメさんと籍を入れた時、結婚記念と友人一同から贈られたスプリングカメラ、
ネタ好きな友人達から頂いたモノですから当然ジャンク

だけど、これは 「ちゃんと直して使えよ」 と言う挑戦状に他ならず
とりあえず、貰った翌日に直しておりました。










06062701.jpg
そんな元ジャンクの Semi Leotax (と比較で MAMIYA645)




昭和光学 (既にメーカーはありません) がセミイコンタをコピーして作った
6×4.5判の小さい小さいスプリングカメラ。

畳んでしまえば冗談抜きでポケットに収まってしまいます。
なのに、 6×4.5判のフォーマットですから35mmに比べると圧倒的な写り!













06062702.jpg
って事は全くありません
Semi Leotax  Reginon 75mm/f3.5  FUJI RDPIII





お見合いパブでWC中継が観戦出来る!と言う部分にピントを合わせたんですが
見ての通り、ピントが合っている場所以外は物凄い状態になっております。




もっとも、この手の古いカメラの正しい使い方(?)と言えばアレですよ
SSが大した事ないので絞り込んで撮る、故にシャープに写るって言う撮り方。

だけど、昨日の天気じゃ絞り込んだら手ブレ全開になるのは間違い無しですし。


だもんで、上の画像は開放で撮ってみたからこうなった、と言った感じです。




うーん、せめて ISO400 を詰めとけって話ですよねー。
だけど冷蔵庫の中に入ってた RDPIII 、期限が2003年で切れてたから
早めに使っちゃおう、みたいな感じだったんですよ。



そんな感じで、滅多に使わない中判カメラの中でも
抜きん出て使用頻度の低いスプリングカメラ。

佇まいは非常に宜しいので、天気の良い時に使ってやれよ!みたいな感じですが
目測のフィート表示しかないカメラなのでピント合わせるの大変なんですよ。
おまけに、ファインダーもお飾り程度にしか役立ってくれませんので
自分程度の人間だと、狙って撮るのが非常に難しいカメラ。




スッキリと晴れ渡った日、こういうのを持ってお散歩するのは楽しいんですけどね

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/27 21:22 | カメラな話 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
カビ玉で遊ぼう!
てなこって、今日もお休み。



朝はのんびりと8時頃までゴロゴロし、その後ゆっくりと朝ごはんを食べ
それからひとっ風呂浴びてからカメラを持ってお出掛け。


うーん、なんとも休日らしいスタート!




と言う事で、昨日 Konica-S を使った事ですから今日もコニカのカメラ。
今年の2月の結婚記念日に、にヨメさんが 「金属カメラだから」 と
ジャンクコーナーからサルベージしてきてくれた Konica EE-MATIC

詳しくは この時 書いてますから省きますが、カビ玉だったので暫く放置しておりました。
ですが、梅雨時ですしこのまま放置しとくと再起不能になりそうだったので
昨晩ブログを書き上げてから軽くクリーニングしてみました。


ただし、完全分解のクリーニングは簡単なカメラとは言え 面倒 手間が掛かりますから
前玉の前面と、後玉の後面を過酸化水素水でぬぐっただけ。

はい、ほとんど状況は変わっておりません。


そんな感じで、カビ玉をそのまま遊んでみる事にしました。










06062601.jpg
ヨメさんの買い物があったので中野まで
KONICA EE-MATIC DELUXE  HEXANON 40mm/f2.8  FUJI Venus400





ハーフのテスト用に保存しといた12枚撮りフィルム、
今日のような小雨降る日のお遊びで使うには持って来いでございました。


それにしても…
カビ玉だって言わなきゃバレなかったんじゃないの?
と思うくらい普通に写ってしまいました。

晴天時の逆光みたいな条件で撮ればハッキリするんでしょうけど
そんな状況で撮るような事もないし、一回バラして落とせるだけカビを落とせば
あとは全く気にせずつかえるんじゃないか?みたいな感じ。

セレン式のEEも問題ないっぽいし、1050円なら安い買い物。


うーん、ヨメさんナイス!













06062602.jpg
開放に近い状態で撮ると周辺が流れます、さすがに
KONICA EE-MATIC DELUXE  HEXANON 40mm/f2.8  FUJI Venus400





まぁ、これはカビとは関係の無いレンズの仕様と言う事なのでsy




左上に写ってる 2Fひげガー って何だ?撮った時は気付かなかったけど…
何となく想像つくけど、ちょっと調べてみよっかな。

新たな世界が見えてしまいました。











06062603.jpg
気を取り直して
KONICA EE-MATIC DELUXE  HEXANON 40mm/f2.8  FUJI Venus400




水銀灯(?)の明るさに吸われるような撮り方をしてみました。

これだと今日のような天候でも絞ってくれますから試してみたんですが、
なるほど、やはり絞った時の雰囲気は40年以上前のレンズとは言えヘキサノン。



でもって、水銀灯の強烈な光でカビ玉なのが判るかと思ったんですが
これでもイマイチよく判らないくらいな写りなのでありました。



結論、多少のカビなら言わない限りは本人が気にしなきゃ問題なし。





そして、不人気ながらもヘキサノンならではの美味しいカメラ。
ジャンクじゃないのもお安く転がってますし、EEカメラですから
レンジファインダーでピントを合わせるだけのお気軽さもマル。

C35 ほど小さくないのが欠点ですが、中古価格は補って余りあるほど安い!







まぁ、晴天の日に本格的なテストしてみないとカビ玉の良否は判らんですが
(おまけに他のカメラ・レンズと隔離しとくのも面倒だし)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/26 21:22 | 撮影テスト | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
天気は悪いがお散歩撮影
てなこって、今日と明日はお休み。


この前の休日はほとんど写真を撮らずに過ごしたもので
ネタの確保に苦労しましたが、今日はとりあえずネガ1本を消費。

使用カメラは何度も書いておりましたが、
ヨメさんのお爺さんの遺品である Konica-S でございました。



ただ、ちょこっとファインダーの中の汚れが気になってたので
出掛ける前に軍艦だけバラしてファインダー清掃、
これで気持ちよく使う事が出来る態勢になりました。














06062501.jpg
コニカのカメラ、コニカのフィルムならこの場所を
Konica-S  HEXANON 48mm/f2  KONICAMINOLTA CENTURIA PORTRAIT400






例によってお約束な場所ですが…
前回 (1月) は雪に埋もれ、今回は草に埋もれ
何とも締まらない状況でしか撮ってないような気がします、はい。













06062502.jpg
ふと見上げると都庁
Konica-S  HEXANON 48mm/f2  KONICAMINOLTA CENTURIA PORTRAIT400

















06062503.jpg
展望室には無料で行けますから別アングルで 「写真工業発祥の地」 の碑を
Konica-S  HEXANON 48mm/f2  KONICAMINOLTA CENTURIA PORTRAIT400





都庁の展望室なんて、都庁が出来てすぐの頃に行ったっきりだったので久しぶり。
お天気が悪く、人が少なかったですからのんびりと出来ました。

まぁ、何と言いますか馬鹿と煙は何とやらで高い所は好きなんです、はい。






そんなこんなで、とりあえず Konica-S を持ち出してはみたものの
小雨が降ってきたりで24枚撮り1本がやっとの有様。

結局は大久保にあるジャンクが得意な某カメラ屋さんに行ってきたり、
新宿駅近辺のカメラ屋さんの定期巡回と言った感じで時は過ぎてゆきました。



ただし、何件も中古カメラ屋さんを回ったクセに収穫はゼロ!
今年に入ってから本当にカメラを買う事が減りました (えっへん

つーか、大久保のお店なんて油断すると5台も6台もジャンク買いそうになりますし
気を抜いちゃうと去年と同じで、ジャンクばかり喜んで買いそうなのを
グッと堪えているのでありますよ。 いやぁ、健康に悪そうだ。



てなこって、カメラは買いませんでしたが現像待ちの間は例によって飲 (略






明日のお休みも天気悪そうですが、カメラ持ってフラフラして来ようと思います

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

2006/06/25 20:47 | お散歩撮影 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
爺ちゃんから貰ったカメラ
昨夜は仕事から解放された喜びで飲みすぎました。


故に知らぬ間に意識を失っていたようで、休日だと言うのに
今朝は6時前から起きてゴソゴソしてたりしますです、はい。





そんな感じで、今度は自分の祖父から貰ったカメラ話。
爺様からは生前に1台カメラを貰い、亡くなってから発掘したカメラを1台。

都合2台のカメラを貰い受けている感じなんですが、現状で動くのは1台のみ。
とりあえず、まずは死後発掘された方のカメラから。












06062401.jpg
POCKET FUJICA300 (と比較で POCKET FUJICA450FLASH )





1974年に発売された ポケットフジカシリーズの中の1台。
110カートリッジフィルムを使用するカメラとしては平凡な面構えでして
固定焦点のいわゆる 「初心者向きカメラ」 と呼ばれるモノ。

残念ながら付属であったはずのストロボは無くなっておりますが、
ソフトケースに入った状態で発掘されたので本体の状態は綺麗。
レンズなども問題なく、そのままで使用可能でございました。










06062402.jpg
発掘した時にテストした1枚
FUJICA POCKET FUJICA300




固定焦点機でおまけに110ですから、写りがどうのこうの言うレベルでは…
とにかく、思い出した時に桐箪笥から出して触るくらいの余生を過ごしております。

さすがに、110カメラは Auto110 の方を使ってしまいますので
特にこれと言った出番が無いのでありますが、爺様には生前、
これで何度か写真を撮ってもらった記憶もありますので
大事に取っておくのでございます、まさに思い出の品。













06062403.jpg
もう1台は生前に貰い受けたカメラ Kodak DISC6000




むー、さすがにコレは使い道がありませぬ。
ディスクフィルムと言い、110と言い、126と言い…

Kodakはどうしてアレなフォーマットを開発するのが好きなんだろう。
アメリカらしい合理主義で 「売れない → やーめた」 を繰り返すから
今でもカメラ持ってる人が使えなくて困るじゃないか。


いや、困ってないか。




とまぁ、そんなこんなでディスクカメラを生前に貰っていたんですけど
さすがにこれはフィルムの供給もストップしてますので
現状で使う事は出来ません、たまにデット物のフィルム売ってますけど。

ちなみに、Kodakの提唱したディスクフィルムのシステム
1982年に始まって1999年には終わってしまっております、ああ短命。

さすがに110以下の画質 (8.2×10.6mm のフィルム面積) と言うのは
写真好きからは見向きもされず、写真に興味の無い人にとっても耐えられるレベルでなかったと。

フィルム装填の失敗を防ぐと言う観点で見ても110を使えば良いだけですしねぇ。











06062404.jpg
フィルムは格好良いんですけどね、未来っぽくって





しかし、ウチの爺様は新しいモノ好きだったんだよなぁ、と思い出せる品。
デジカメが市場を席巻している現代なら、きっとデジカメ買いまくってたんだろうなぁ


そういや生前、明治・大正・昭和・平成と移り変わる世の中で
「人車、蒸気機関車、ディーゼル機関車、電車に乗ったからリニアに乗るまで死なん」
と言っていたのを思い出してしまいました。

大江戸線の鉄車輪リニアに乗ったから本望だったかな?
うーん、せめてリニモに乗せてあげたかったなぁ (しみじみ






とまぁ、そんな感じで日曜の朝にブログを書いてみました。
今日と明日はお休みなので、暫くのんびりしてからカメラ片手に
都内のお散歩にでも行ってこようかと思います。

とりあえず、先日のブログで書きました通り
今日のお散歩カメラは Konica-S を使うつもり。



だっけど、今日は天気悪いなー。 昨日は天気良かったのに…

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/25 07:35 | カメラな話 | コメント(4) | Trackback(1) | pagetop↑
義母から貰ったオリンパス
義母は健在ですよ、むちゃくちゃ元気一杯。




さて、昨日までお送りしたお爺さんの遺品のカメラ達なんですが
今日はお爺さんの娘さんである義母から頂いたカメラのお話を。











06062301.jpg
OLYMPUS 35-S (と比較で OM10 )






義母は、女学生時代に写真部に在籍していたとの事で
当時、部活動で使用していたカメラがこの OLYMPUS 35-S

1955年に発売されたレンズシャッター式の距離計連動カメラ。
レンズは E.Zuiko F.C 48mm/f2.8 を搭載しております。


この 35-S は国産レンズシャッター機ではセルフコッキング機構,
レバー式のフィルム巻上げなど、少し前までのカメラでは当たり前の機能を
国産初で取り入れるなどの先進的なカメラだったりします。
(もっとも、この 35-S は二代目で初代は f3.5 のレンズを搭載)




カメラ本体のうんちくも良いんですが、よくよく考えてみると
ヨメさんの家って写真 (カメラ) 好きが多いなぁ…
お爺さんのカメラ達だって、本当はもっと一杯あったらしいし。

ああ、処分する前にヨメさんと知り合いたかった












06062302.jpg
ですが、貰った時はレンズが物凄い状態でした
OLYMPUS 35-S   E.Zuiko F.C 48mm/f2.8  FUJI SUPERIA400






頂いた時点でカビとクモリが尋常じゃなかったのですが、
面白そうだったのでそのまま1本撮ってみたのが上の画像。

ちなみに、レンズを除けば不具合が無かったので出来た芸当です。



て言うか、カメラとか写真が好きなら台所に保管しておくのは
防湿庫までは言いませんが、せめて茶の間にでも放置しておいてくれれば…


何にせよ、このままでは正直使うのもアレですから分解してですね
レンズだけは可能な限りのクリーニングを施したワケなんですよ。

それでも100%取り去る事は出来ませんで、若干クモリが残っております。











06062303.jpg
それでも現状ではここまで復旧、あと一歩
OLYMPUS 35-S   E.Zuiko F.C 48mm/f2.8  Kodak GOLD200





とまぁ、そんなこんなで今日のネタは OLYMPUS 35-S
せっかく義母から頂いたカメラですから、レンズを何とかしたいのが本音。

だけど、余りにも損傷が激しいので自分ではどーにも出来ないのであります。
いっその事、外観ボロでレンズだけ生きてる固体が見つかれば、と思ってはいるものの
そんな都合の良いジャンクが簡単に転がってるハズもなく現在に至ります。







しかし… ここ数日は貰い物ネタばかりだなぁ

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/23 22:04 | カメラな話 | コメント(8) | Trackback(0) | pagetop↑
お爺さんのニ眼レフ
2日連続で遺品シリーズをやりましたからついでに今日も。











06062201.jpg
太陽堂光機 BEAUTY FLEX K (と比較でマミヤ6)




ヨメさんのお爺さんの遺品 (のカメラの中の1台) から中判カメラ。
これまた伝え聞くところによりますと、ヨメさんのお爺さんが新品で買ったとの事。


昭和29年製ですよ、古いですよ。



貰った時点では当然のように動きませんでしたが、
例によって分解修理を施した結果、現在は良好に作動しております。

6×6判ですから、120フィルムで12枚の撮影が可能、
SSは最高でも1/200、開放f値も 3.5 ですから少しばかり使いにくくもありますが
この手のカメラはシビアに何かを狙うのではなく
のんびりと構えて楽しむ事が出来るのであります。


なんと言いますか、二眼レフはある意味 「最強のお散歩カメラ」 ですね。













06062202.jpg
大分前に日光で撮った写真
BEAUTY FLEX K BEAUTY 80mm/f3.5  FUJI RDPIII



中判のフィルムを読めるスキャナが古いのしかないので
画像がアレなんですが、実物はビックリするほど綺麗なんですよ。
(そりゃまぁフィルム面積大きいですから)



まぁでも、この手の国産二眼レフは描写の良さとかよりも
ゆるやかな時を楽しめる贅沢アイテムだと思った方が気楽です。

上部のファインダーレンズで捉えた真四角な逆像を覗き込み
暗くてピントが非常に合わせにくいのを何とか合わせ
シャッターを押して下部の撮影レンズでフィルムに焼き付ける。


そういう一連の流れを感じながら撮るのが楽しいんですよ、多分。



露出計なんてヤボな物は使わず、日頃からのカンを頼りに…
ネガ突っ込んで絞り込んで撮れば何とかなるでしょ





モノクロで撮ると雰囲気いいですよ~

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/22 21:29 | カメラな話 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
チープな一眼レフ
そんなこんなで、新しい写真が無いですから発掘ネガ強化週間。



昨日に引き続きまして、ヨメさんのお爺さんの遺品 (のカメラの中の1台) から
ネタを引っ張り出してみたりしました。









06062103.jpg
RICOH XR-500 + XR RIKENON 50mm/f2 (と比較でオートハーフ)





伝え聞くところによりますと、このカメラ
お爺さんが新品を買ったは良いけれど、入退院を繰り返したために
数本くらいしかフィルムを通した事がないと言うのでございます。

それをゴミとして処分しようとしてたのですが、寸での所で頂戴する事が出来まして
その時には最後に撮った10年ほど前のネガが入ったままの状態でございました。











06062101.jpg
そんなお爺さんが最後に撮ったであろう1枚
RICOH XR500  XR RIKENON 50mm/f2  AGFA XRG100




さすがにカメラの中で長期間眠っていたネガですから
かなり退色しているだろうと思ったものの、意外とハッキリ色が出てます。

これでスキャナの補正は全く掛けてないから大したもんだのネガフィルム。




最初、このカメラを貰った時は 「壊れてるから捨てる」 と言われたんですが
ご想像の通り、フィルムを最後まで撮り切ってたから巻上げが出来なくなってただけでした。

だもんで、フィルムを巻き戻して抜いたら無問題。
電池室の液漏れもなく、暫くはその電池で撮影する事が出来ましたし。
凄いぞ、SR44。












06062102.jpg
10年の眠りから目覚めてテスト撮影
RICOH XR500  XR RIKENON 50mm/f2  KODAK GOLD200




とまぁ、そんなこんなで今日のお題は RICOH XR500

RICOH の一眼レフって今ひとつパッとしないんですが、
ご多分に漏れず、このカメラも激しくチープな雰囲気が出ております。



SSが最速でも1/500までと言うのが最大のマイナスポイントなんでしょうけど
普段使ってるカメラがカメラだけに、自分は特に不満を感じません。

ファインダーも同時期の一眼レフに比べ、若干暗かったりしますが、
PEN-F辺りと比べたら月とスッポン、これくらい全く問題ありません。


何と言うか、肩肘張らずに遊べる良い一眼レフ。
おまけにペンタックスKマウントですから、レンズは豊富。




1978年のデビュー当時、ボディ・標準レンズ・ケース付きで39,800円
この低価格で一眼レフの最多販売記録を打ち立てたお安いカメラ。

しかしながら、お手軽に使える良いカメラ。





だけど、今ひとつパッとしない為に出番が少ないのです (駄目じゃん

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/21 21:30 | カメラな話 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
微妙な大きさ
やばいなぁ、昨日お散歩撮影してなかったからネタが無い。






06062001.jpg
そんな感じで、今週は以前撮った写真で乗り切る覚悟
Konica-S  HEXANON 48mm/f2  Kodak T400CN






えー、2004年8月30日天候曇り・使用カメラ Konica-S とメモ書きしてありました。
この時は意外とマメな事してたんだな… 今は余りやってないけど。



と言う事で、最近使っていないカメラで撮ったネガを発掘。
バラバラにして直したカメラなんだから、たまには使わないとなぁ…

つか、ヨメさんのお爺さんの遺品 (のカメラの中の1台) なんだからマトモに使え、と。





そんなこって Konica-S 、桐箪笥の奥から引っ張り出してきました。
冗談抜きでひたすら使ってなかったみたいでございまして
既に1年以上も使用されておりませんでした、いやはや。

ただね~、描写の方は素晴らしいと言うのだけは覚えております。



もともと、ヘキサノンと名のついたレンズは大好きな人ですし
ファインダーはパララックス自動補正まで付いてたりしますから
古い割に使いやすい、それでいて描写はシッカリと良い事づくめ。

ついでに言うと追針式のセレン露出計も内蔵ですから更に便利。





だったら使えよって話なんですよね、ええ。











06062002.jpg
大きさが微妙なんですよね (比較で C35 を)





重量も 700g を越えるとあって、お散歩カメラとしては
軽量機と重量機の丁度中間点的な重さだったりします。

そうなるとですね、フットワークの軽さを生かした撮影がメインな
コンパクトカメラとは違う使い方になってしまいますし、
さりとて重量機のように腰を据えて撮るようなやり方も似合わない。


と、誠にもって言い訳以外の何者でもないセリフは置いといて




今度のお休み、お散歩カメラに持ち出す事にいたしましょう (天気良ければ)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/20 21:27 | カメラな話 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
休日なのに
特に何をするでもない1日。



本来からすれば休日とは休む為にあるのですから
家でゴロゴロするのは最良の休日と言っても間違いでなし。

とは言え、全く家から出ないのも健康に悪そう。




と言う事で、ヨメさんの買い物のお付き合いで立川まで出てました。
家を出た時点では天気もさほど良く無かったので、
持ち出したカメラは α-70 に 50mm/f1.4 のみ。


梅雨時用のお気軽カメラ、と言うのを色々脳内で模索していたんですが、
考えてみればAF一眼レフとは思えない軽量ボディの α-70 があったじゃないか!

少しばかり荷物になる大きさなのは否めませんが、
軽量でいて、しかも動作の早い (自分的には) AFが使えるのはマル。




まぁ、立川でお買い物のお付き合い@荷物持ちをしてた身分ですから
撮ろうと思った所でホイホイ撮れるワケもなかったのでありまして、
珍しくフィルム1本を撮りきれずに帰還すると言った感じでした。



で、帰宅してからはPCの前で遊んでたりゴロゴロしてたり。



午後からは見事なまでに休日を満喫してしまった次第であります。
天気も良くなってたので、お散歩しようかとも思ったんですが、
なんかミョーに蒸し暑くなってたのでお散歩もお休み。

たまにはこんな休日も良いものでございます。










06061901.jpg
一回、ここで飲んでみたいなぁ
KONICA C35EF3  HEXANON 35mm/f2.8  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200







そんな休日でございましたから、今週はブログネタに使う写真で苦労しそうです

とか言いつつ、家でゴロゴロしてる間に過去写真のネガなどを少し整理したので
一週間分くらいのネタは何とか… なるといいなぁ。




まぁ、ゆっくり休養する休日と言うのも偶には良いと言う事で

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/19 20:58 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
じめじめむしむし
ほんっっっっっとに蒸しててイヤになる今日この頃。



まだ暑さがプラスされていないだけマシなんですが、
こんな雨降りな日曜に仕事してるとイヤ度もMAXになるってもんで。



そうは言ってもお仕事しないと カメラ増やせない 生活できませんから
ずぶ濡れになりながら楽しくお仕事をこなして参りました。













06061801.jpg
ネタ切れなんで庭に咲いてる額紫陽花を
Canon EOS10D  Planar 50mm/f1.4




額紫陽花、別にまだ咲ききっていないワケでなく
周辺の花びらが額のように開くために額紫陽花。

つまり、これが完成形(ちと華やかさに欠けますが)



背景が無粋なコンクリブロックだったので、-1.5段で撮ってみたのですが、
これはこれで雰囲気 (だけ) はソコソコ良かったのでブログネタに採用。

てか、時間に制約がありすぎる昼休みに撮ったのでこれが一杯一杯…


花撮る事ってほとんど無い人なので、こんなもんで勘弁してくださいませ。







そんなこんなで今日も元気に仕事しておりまして、
あげくに珍しく3時間の残業までしてしまったものですから
帰宅してからスキャンする気合も無いのでデジカメ画像。


ふと思い立って昼休みに撮っておいて良かったですよ





明日はお休みなんですが、例によって天気の方が芳しく無さそうですので
どこかにカメラ持ってお散歩と言うのは出来ないかも知れませぬ。

せいぜい、ヨメさんの買い物のお付き合い程度に出掛けるくらいでしょうから
お天気によっては明日もデジな人になるかもです。







06061802.jpg
おまけ:開放でも1枚
Canon EOS10D  Planar 50mm/f1.4







全景を撮ろうと思ってたんですが、余り面白い雰囲気にならなかったので
結局は横から撮ってワケ判らん画像ばかりになってしまいましたとさ。





花撮るのって難しい…

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

2006/06/18 22:27 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
梅雨はモノクロ
今日はソコソコ天気が良かったんですが



やはり梅雨時ともなりますと、当たり前ですが天気悪いです。
写真撮って遊ぶのが好きな人にとって、今の時期はイヤなもんでございます。

撮影する際の制約が大きいは、レンズにカビが生えそうで怖かったり。




そんな梅雨時、カラーフィルムを使っても面白くなかったりするので
この時期はモノクロ系なフィルムを愛用する事が多いです。

そうなるってぇと、自家現像を…


ダークレスは上手く出来るようになったんだから、
そろそろ本式の現像にスイッチすべきなんでしょうけど
何となくフィルムの確保を躍起になっていたりしたもので
薬剤を買うの忘れてました













06061701.jpg
雨降りさんな時は絞り込んでスローシャッター
CONTAX RX    Distagon T* 28mm/f2.8  ILFORD XP2





この前の休日に持ち出した RX 、さすがにMFカメラですから
雨降りさんだと絞らないと厳しいんですよ、濡らしたくないし。

だけど、絞り込んでピンが多少甘くても何とかなるやり方だと
今度はシャッター速度が下がるんで、結局は保持時間が長くなる。


雨降ってる時に、むりむり撮らなきゃ良いだけなんですけどね。



晴天時に比べ、更にグダグダな写真ばかりになってしまうんですから
モノクロ自家現像でコスト削減は是非ともやらねばならぬ課題。

とは言え、今月はフィルム買いすぎで既にお小遣いが…






自家現像は XP2 の在庫を使い切ったら考えよっと

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/17 21:04 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
フィルム保管、その後
以前、 フィルム保管について でやったネタの続編。




あれから、AGFAフィルムのストックは減る一方なんですが
コニミノ製のフィルム (35mm、APS、120) は増加の一途を辿っておりまして
既に冷凍庫のキャパシティ限界付近に迫っております。

更に、フジの nexia200 に代表されるAPSフィルムなど
使い勝手の良い (つまり比較的経済的な) ネガは極力確保の方向で。



冷凍保存されているフィルムだけでも現状で200本を越え、
お気に入りのフィルムを長く楽しめるよう、専用冷凍庫の購入を検討中。












06061601.jpg
2階趣味部屋の冷凍冷蔵庫の冷凍室




パッと見だと少ないんですが、ここにはAPSネガ・ポジを主体とし
35mmフィルムで既に入手困難な AGFA系 や konica impresa50
120のコニミノ系フィルムが約100本、現在氷点下22℃で保管中。
(純正現像は出来ないのばっかだけど)

ほとんど開けないから冷凍室の温度は下がる一方です。
3月に測った時点では氷点下15℃でしたから。











06061602.jpg
で、冷蔵室の方はさほど変わらず




こっちは普段のお遊び用フィルムのストックがメインなので
本来なら減るハズなんですが、昨今の状況を鑑みると
使うペース以上に増やしておかねば安心できない貧乏性


てなこって、趣味部屋の方はそろそろ本気で一杯です。
さっき数えたら冷蔵室だけで165本ありました。





一方、所変わって階下にある食品用の冷凍冷蔵庫。
臨時保管庫として冷凍庫の1フロアを区画まるごと
ヨメさんから租借している場所なんですが、そこも手狭に…

ちなみに、そこには現状で30本 + 秘蔵の100ftが2缶






いや、これ集めすぎだろ流石に… 使い切れないって。

インフルな影響でネタが枯渇してたからフィルムネタを出したんですが、
色々買い足してたらエライ事になってたのかもです。




それでも、センスーは最低あと200本は確保しときたい駄目人間
(やっぱオーバー100Lクラスの冷凍庫を買うか…)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

2006/06/16 22:26 | カメラな話 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
恥ずかしながら帰って参りました
インフルエンザ… ありえねぇ~




と言う事で、いま再び流行ってるそうですね、インフルエンザ。
いやもうどうなってるのよ?みたいな体調悪化でございまして
日曜あたりから正体を眩ませておりましたが帰って参りました。


いやっほう!流行の最先端ですよ?




いまだ、身体は中を舞うような感覚が残っておりますので
職場でも無茶をする雰囲気ではないのですが、
考えてみると、ウチの会社は元から無理はしない主義だったり。

なんにせよ、不意打ちを喰らったような感じでございますので
皆様におかれましても油断なきようお過ごし下さいませませ。














06061501.jpg
体調不良時にお花畑が見えました
OLYMPUS PEN-EE2  D.Zuiko 28mm/f3.5  ILFORD XP2







そんな感じでですね、やっとこブログを書ける状態に復帰なんですよ。

もっとも、昨日の時点でPCは少し触ってたりするんですが
 面倒だからサボtt ブログを書けるような体調ではなかったので
それなりに復調した現在、ゆっくりPCの前に座っております。



と言う事で、
体調不良直前に PEN-EE2 で撮っておいた写真をスキャンしたんですが
ISO400を使ったとは言え、やはり暗い場所で撮るとEEシリーズはぐだぐだですね~。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、梅雨時にこの手のカメラは厳しいです。

シャッター押した時に 「チャッ!」 と言う音でなく 「チャコン」 な音は SS1/30 の証。
その SS1/30 で撮る時は問答無用で開放ですから、よっぽど気をつけないと
やっぱハーフはこんな感じか~、みたいな写真になっちゃいます。



梅雨明けまではEE系のハーフはお休みかな…




片手で操作できると言うのは、梅雨時にはもってこいなんですが
さすがに描写的に辛くなるシーンが増えるとなると
そうホイホイ使うのもフィルムが勿体無い…


ん? TWING TW-3 だったらDXコード対応で ISO1600 まで
京セラ SAMURAI だったら ISO3200 まで対応じゃなかったかな?

だったら、多少天気が悪かろうとフィルム感度で何とでもなりそうだし
やろうと思えば暗かろうが何だろうがシャッキリ撮れるかも!



いや、どんなに絞り込んでも TW-3 は写りがアレだし…
SAMURAI だって、ピント合うのに時間かかりすぎ。
(それ以前にフィルム高いから使えません)




うーん、梅雨時にシャッキリ簡単に撮れるハーフカメラ、なんか無いかなぁ

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/15 22:00 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
梅雨季における傾向と対策
すっかり忘れてましたが、関東地方って梅雨入りしてたんですね。





せっかくの連休だと言うのに、朝からざんざん雨が降ってます。
朝、雨戸を開ける前にフィルムを Auto110 に詰めた馬鹿な自分は
とりあえずバックにカメラを放り込んだものの、出番は無し。

そりゃもう見事なまでに出番無し、だって濡れちゃうもん。











06061101.jpg
結局、1日中降りっぱなし
Canon EOS10D  Distagon T* 28mm/f2.8





雨降りな中、無難に使えるのはデジカメっつー事で
今日は不本意ながらも 10D を使っておりました。

一応、 CONTAX RX にモノクロも詰めて持ち出したんですが
さすがに撮り切れるハズもなく、続きは明日へと持ち越す事に…









06061102.jpg
雨降りだけに、アルタ前も閑散とした有様
Canon EOS10D  Planar 50mm/f1.4







だー!梅雨時だから止むを得ないとは言え
こんな状況が1月も続いたら休日のお散歩撮影が出来んじゃないか!

と、天に向かって吠えたところで返って来る答えは雨粒のみ。



傘差して歩くのが嫌いな人なので、休日は家に引き篭もって
カメラでも直していれば良いような気がしないでもないんですが、
やっぱり休日は外に出て思いっきり歩き回りたい…






てなこって、夕方からカメラ屋さん回ってニコノスとか見てました
オートハーフ用のマリンカプセルもそそられるモノがあるんですが、
やはり単体で使えるカメラが欲しくなるじゃないですか。

ミノルタウェザーマチックとかも良いですし、現場監督も外せない…
なんだ、梅雨時だって楽しもうと思えば楽しめるじゃないか
カメラ屋さん回って梅雨用のカメラを探すだけでも楽しい1日。

そして歩き回ったあとは、疲れを癒すために飲み屋さんへ…




しかしアレですね、マトモに写真撮ろうと言う意思は何処へいっちゃうんだろ

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

2006/06/11 21:57 | お散歩撮影 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
貧乏撮影
今週の労働も無事終了。



明日と明後日は目出度い連休でございまして
今からウキウキしている有様なのであります。


とりあえず、昨日のブログに書いた通り
Auto110 用のフィルムは冷凍庫から出して冷蔵庫で保管中。

あとは明日の朝に冷蔵庫から取り出せば即撮影可能状態、
もちろん、カメラとレンズも準備万端、
ストロボだって電池入れちゃいましたから。



ただ、110で撮影すると現像に若干お時間を頂く形になりますが
それでも構いませんでしょうか?状態に陥りますので
一応、別のカメラも何台か持ち出す予定は未定。










06061001.jpg
明日も夜のお散歩撮影やろうかなぁ
Canon demi-EE28  CANON LENS SH 28mm/f2.8  FUJI NATURA 1600






しかしまぁ、趣味だから別に良いんですが
バックの中に小なりと言えどカメラを何台も入れていると
それだけで結構な重量になってしまうのは当然の話。

だけど、休日くらいしか写真撮って遊ぶ事は出来ませんから
なるべく色んなカメラを使いたいと言うジレンマ。


おまけに、それほど経済力に余裕があるとは言い難い人なので
全てのカメラにフィルムを満遍なく詰める不経済さも辛い話。



そんな感じで、最近はフィルムの使用本数を減らしながらも
なるべくカメラを使えるようにと、フィルムピッカーは欠かせません。

これならば 「あれもこれも」 でいい加減な撮り方ばかりになってしまう
カメラの使いまわしも少しは軽減されますのでお得なんですよ。





まぁ、一言で言えば貧乏臭いってだけの話なんですが






そういや、APSのMRC(フィルム途中交換機能)って使った事ないや…
普通はやらない35mmでの途中交換はよくやってるのに…
(ちなみに、110でも稀にやってます)




ハーフカメラ同士でフィルムの途中交換やると大変なんですよね。
何枚切ったか覚えてないといけないのに、やたらと枚数多いし。

おまけに、フィルムに光を当てないのが前提だけにシビアな作業だし。



うーん、面倒な上にちょっと貧乏臭すぎるよなぁ、やっぱり







だけど、1日の使用カメラを増やすには最良の手法なんですよね

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/10 23:17 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
小型お散歩一眼レフ
最近、とんとご無沙汰気味な 110カメラ。




110の方もフィルムの供給に不安が出てきそうな気配なので
今のうちに思いっきり楽しんでおきたいカメラですね。

てなこって、 「今度の休みに使いましょう」 みたいな感じで桐箪笥より発掘。
いつ見ても小さいカメラで惚れ惚れするでありますよ。







06060902.jpg
ASAHI PENTAX Auto110 + 50mm/f2.8




35mmフィルムを比較で並べてみましたが、
これほどまでに小型化された一眼レフカメラと言うのは他にないでしょう。


こんな小さなボディのくせに、システム一眼レフですからレンズだって
18mm / 18mm(パンフォーカス) / 24mm / 50mm / 70mm / 20~40mmズーム
と、目的に合わせて自由自在なのも嬉しい限り。

おまけに、ワインダーから専用ストロボ、クローズアップ用の専用フィルタなどなど
信じられないくらいの充実度だったりするのであります。







06060901.jpg
写りに関しては110ですから…
ASAHI PENTAX Auto110  PENTAX-110 70mm/f2.8  FUJI SUPER G100





うーん…
久しぶりにフラッドヘッドからプリントを読み込んでみたんですが
どうしてここまでグダグダになるかなぁ。

オリジナルのプリントはこれより少しはマシなんですよ。
(ちなみに、以前マトモに読めた画像は これ












06060903.jpg
ちなみに、これが変態度の高い組み合わせ(実用性はゼロ)
ASAHI PENTAX Auto110 + 70mm/f2.8 + AF130Pストロボ




これだけでも充分に 「超小型一眼レフ」 の肩書きを投げ捨ててますが、
さらに変態度数を上げたい場合はワインダーを装着します。


そうすればもう、小さいクセに目立つ事だけは請け合いです。









06060904.jpg
35mm換算で140mm相当の望遠レンズ
ASAHI PENTAX Auto110  PENTAX-110 70mm/f2.8  FUJI SUPER G100






同時プリントを頼むと35mmより若干お高くなってしまうのが難点ですが、
今でもシッカリと現像してくれますし、遊ぶには充分なカメラ。

18mmレンズを載せておけば、自分の好きな広角な世界が楽しめますし
途中で気が変わってもレンズが小さいのでセカンドバックに全部収まります。
(ズームが高くて買えない言い訳と言うのは内緒)





てなこって、今度の休日に備えて冷凍庫のフィルムを解凍しておきます
(こうやって書いとかないと使わんですしねぇ)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

2006/06/09 21:33 | カメラな話 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
ネタ枯渇
この前の休日は EOS IXE しか使ってなかったんですよねー



そんな感じでブログに使う写真ネタが無くなってしまいました。

過去に撮った写真で未使用なのは幾らでもあるんですが、
引っ張り出してきてスキャンするのが非常に 面倒 困難なのです。


もっとも、毎日画像化した写真を貼り付けてはおりますが、
誰がどう見ても厳選したとは言い難い適当加減ですので
別に何でも良いって雰囲気は濃厚に漂ってるんですよ。









06060801.jpg
人形って吊るして売られるものなのでしょうか
KONICA C35EF3  HEXANON 35mm/f2.8  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200






てなこって、今日も今日とて適当な 「今日の1枚」

外観のプラスチッキーな雰囲気からは想像出来ない描写性を有した
すんばらしいカメラ、 Konica C35EF3。





扱いやすい上に写りが良いんですから、
今まで使わなかったと言うのは非常に惜しい事をした気分です。


押すだけで全ての動作が完了する今時のコンパクトカメラと違い、
露出は機械任せながらも、巻き上げやピント (ゾーンフォーカス) は自分で行う。

単純ながらも最低限の事は人間が行えると言うのは
撮る上で非常に楽しめる要素に他なりませんし、
AFカメラのようなピントが合うまでのタイムラグと言うのがありません。
(もっとも、ゾーンフォーカスですから慣れが必要ですが)



自分ちにある似たような 「お気軽」 ゾーンフォーカス機、
FUJICA GE とか AGFA OPTIMA1035 、 MINOLTA HI-MATIC系に
OLYMPUS TRIP35 やら、他にも桐箪笥の中に盛りだくさん (以下省略

そのほとんどは、使いやすさとは裏腹の素晴らしい描写を約束してくれます。



おまけに、その手のカメラはジャンクでゴロゴロしてるのが嬉しいじゃないですか。
壊れてると言っても、ほとんどが重症とは程遠い軽症ばかりですし
当然ジャンク扱いですから、値段の方は推して知るべし。






ただ、集めすぎると使う余裕が無くなりますので、ご利用は計画的に
(自分で把握出来なくなったらおしまいですよ、いやホントに)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/08 22:02 | 日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
臭いと仇敵の挟み撃ち
この季節になると庭に群生するのがドクダミ。




休日は 遊び回っている 何かと忙しいので
毎年毎年、我が家の庭は雑草がエライ事になっていたんですが、
昨年から枯葉剤を散布し始めたところ、モノの見事に雑草は消滅。

それでもバラの木とゴールドクレスト、藤の木の周辺は枯葉剤を散布できないので
そこいらに茂る雑草は人力で排除するしかないのであります。




んで、今年もドクダミ満開の時期になりました。





特有の臭いから毒を持ってそう、と言う事で 「毒溜め」 が訛ってドクダミと
呼ばれているらしいのですが、とにかくまぁ刈らないと庭が凄い臭いで…








06060701.jpg
どこもかしこもドクダミだらけ(中央線の車中から)
Canon EOS IXE  Distagon T* 28mm/f2.8  KONICAMINOLTA CENTURIA APS200







てなこって、入梅する前にドクダミだけでも何とかしよう。

と思っている次第なのですが、既に作戦予定地域である庭では
恐るべき敵に占拠されていたのであります。




まぁ、 「蚊」 なんですけどね




蚊 の幼虫を生息させぬ為、庭などに水を入れた容器などは置かぬようにしてるんですが
それでも隣家の裏庭から飛来してくるのを防ぐ手立てがないのでありまして…

毎年の恒例行事とは言え、本当に臭いもイヤなら蚊に食われるのもイヤ。




なんか、良い方法は無いもんですかねぇ…

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/07 21:09 | 日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
残弾を確保せよ!
昨日、お散歩カメラとして使った EOS IXE



何の気なしに冷凍庫から解凍した ISO200 のネガを使ってたんですけど、
APS の ISO200 って Kodak を除くと既にディスコンになってるんですか…


コニミノのセンチュリアAPSはもうアレですから期待はしないとしても
フジのAPSで ISO200 が無くなると言うのは正直痛いです。

おまけに、唯一の ISO200 となった Kodak advantix200 は値上げされちゃうし
もう本当に駄目駄目になりつつありますなぁ… はぁ。



今年の2月に最後の ISO100 フィルムであった ix100 の販売も終わったし
APSを取り巻く環境は35mmフィルム以上に悪化の一途を辿ってます。













06060601.jpg
ネコが隠れてます
Canon EOS IXE  Distagon T* 28mm/f2.8  KONICAMINOLTA CENTURIA APS200








nexia200 の確保もしておかねば APS を楽しむのは正直ツライです。

今の所、センチュリアAPS200が50本くらい冷凍庫で眠ってますから
それほど慌てる必要も無いとは思うものの、ディスコンになると
あっと言う間に消え去るのを過去何度となく見ている身としては
早急に確保しておかねば、となるのでございます。



話は35mmフィルムになっちゃいますが、
まだ買えるだろ~、とタカを括っていたコニパンは消滅寸前になってますし
ほっぺにチュ などのフィルムは風前の灯火、我が家の在庫だって30本切ってますし…

センスーのブローニ用なんて残り5本くらいしか残ってなかったです。
(そしてブローニ用の AGFA SCALA を3本発見 ←今更どうする)



カメラ本体やレンズなどと違い、フィルムは一旦供給が途絶えると
本当に入手困難になってしまうので大変なんですよ…




ここんとこ、趣味(カメラ等)以外の支出が色々あってお小遣いが少ない人なので
以前のようなフィルムの大人買いが困難な状況だったりするもので。

とは言え、買っておかねば無くなってしまう貴重な遺産





以前も書きましたが、冷凍させつつ自然放射線による被曝を避ければ
フィルムの寿命と言うのは感度を問わず、思いのほか長かったりします。

将来的に現像出来る環境がどうなるかは未知数ですが
今のウチに自分が気に入ってるフィルムを確保しておくのは重要な課題なのです。



てなこって、お小遣いは厳しいものの
一時カメラやレンズにお金を掛けるのを中止してでも
フィルムの残弾確保に邁進しようと思います。




そして、いよいよ本格的にフィルム用冷凍設備の導入を検討していたりします
(家庭用冷凍冷蔵庫1台だとキャパが不足してきてるんですよ)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

2006/06/06 20:29 | カメラな話 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
脳が漏れたままのお散歩撮影
試験、受けてきました。



さすがに一夜漬け出来る年齢じゃないと言うのを痛感したです。
多少は日頃からの知識の蓄積があったから良かったものの、
頼むから前日に言うのだけは勘弁してくださいって感じでした。



そんな感じで、珍しく勉強したわ寝不足だわ、で脳味噌溶けてます。




んでもって、溶ろけた脳味噌のまま試験は無事(?)終了し、
その後はせっかくだから新横浜のラーメン博物館へ。

うーん、なんと言うか 「やりすぎだろ」 と言う他ないアミューズメントパークでした。
ここまでベタベタだと写真撮るのが逆に面白く無さそうだったので
素直にラーメンを食べ、食後の運動で射的を楽しんだくらいでした。









06060503.jpg
あと、お土産として 「オリジナルカップヌードル」






カップに自分の好きなデザイン(と言っても油性マジックで)を施し
スープを選んで具を選んでフタをしてパックして貰って完成。

と言うラーメン博物館ならではのお土産。



だけどネタが無かったので毎度おなじみ新宿マグロヘッド
中身は当然シーフード、そしてヨメさんに書かせる卑劣漢


なんだかんだで、結構楽しんできた模様でございます。











06060501.jpg
その後は電車を乗り継いで中野へ移動
Canon EOS IXE  Distagon T* 28mm/f2.8  KONICAMINOLTA CENTURIA APS200




どうしても中野に行かねばならん、と言う用事は無かったんですが
ラーメン博物館の 「作り物チック満載」な世界とは違う
ある意味オリジナルの古き良き世界が残ってる世界へ向かっただけです。




だけど、見事なまでに脳味噌がダレてましたので
せっかく久しぶりに使った一眼レフも数枚撮ったのみでお終い。
撮りかけで放置したままの IXE だったんで調度良かったんですけどね。

久しぶりに持ち出した RICOH AD-1 や ヤシカT-AFD の出番は全く無し。
(フィルムすら詰めなかったと言う体たらく)



でまぁ、適当に中野をウロついて落ち着いた後は新宿まで戻りまして
何とか撮りきったフィルムを現像に出して飲(略










06060502.jpg
脳が疲れてたのか、普段の半分で酔っ払い
Canon EOS IXE  Distagon T* 28mm/f2.8  KONICAMINOLTA CENTURIA APS200





そんなこんなで、今日は微妙にテンションの低いお散歩でした

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

2006/06/05 21:12 | お散歩撮影 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
えーッ!?
今日仕事に行ったら衝撃の事実が…




「あ、明日テストだから宜しくね」






え?なんの話?






某企業グループ内でしか通用しない 「とある」 資格試験だそうです (他人事

つうかですね、他人事にもなろうってモンですよ。
試験そのものを聞いたのが数時間前、場所は?時間は?そしてなんの試験?

とりあえず、過去問貰ってきましたけど、今からどう対策しろと…
(出来れば、模範回答もセットで欲しかったんですけどね)











06060401.jpg
おまけに試験会場は横浜ですか
OLYMPUS PEN-S2.8  D.Zuiko30mm/f2.8  AGFA Vista100





まさかまさかの3週連続で休日は横浜三昧ですか。

さすがにメジャー所は大体見てしまったような気がしますし、
今から横浜の面白そうな場所を探すのも面倒だしなぁ…

天気も微妙そうだから、持ち出すカメラも考えなきゃならんですし
使うフィルムだって ISO200 か ISO400 のどっちかを選ばないと。
更には、ここんとこコンパクト尽くしな休日ばかりだったから
久しぶりに RF か一眼レフを持ち出したい気もするし…

うーん悩むなぁ。










で、試験? いや、悪いけどさすがにムリですごめんなさい
(いちお、今から勉強しますけどね)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/04 21:46 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
腰が痛みつつ超小型ライカ
昨日は散々な目に遭ってたワケなんですが。



余りに色んな事があって半ば忘れていたんですが、
今日になって身体が訴えかけてきた不運があったのでございますよ。


工具箱(つか、ツールワゴンと言う大きいの)の下に落っこちたネジを拾おうと思って
屈み込んだ時にですね、上に置いといたスライディングハンマーと言う
5kgくらいある特殊なド鉄の工具が背中に落下したんですよ。



いやぁ、その時はイイ歳して本気で叫び声が出てしまいまして…



更には、イイ歳して涙が出るほど痛かったワケなんですよ。
その時は痛くて半泣きになって、2~3分うずくまってるだけだったんですが、
今日になって腰の痛さがハンパでは無くなってきました。


てなこって、とりあえず現在は背中が湿布臭くなっております












06060301.jpg
うは、やばい。 モンチッチが一杯
KONICA C35EF3  HEXANON 35mm/f2.8  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200






さて、そんなこんなで明日のお仕事を終えれば月曜はお休み。
背中の痛みは綺麗に忘れ (たつもりになって) 、今日の1枚。

先日遊びに行った浅草で見かけたお土産屋さんにブラ下がってたモンチッチ。

モンチッチはヨメさんが趣味で集めまくっているんですが、
なんと言うか目の前に沢山あると気になってしょうがなくなる悪いクセ
何時の間にやら自分もモンチッチに詳しくなっておりました。


さりげに、毎日プロフ用の画像を入れ替えているんですが、
顔出ししたくないネット上で非常に役立ってくれているのでございます。



そんなモンチッチ軍団 (総数120体くらい…) の中で自分が入手したのも居たりします。
最初期に発売されていた今とは毛色の違う旧型モンチッチ。











06060302.jpg
ヨメさんが昨日出かけた時にカメラを貰ってきてくれました




さりげにカメラマンベストを着用していたりするカメラ好きな爺様モンチッチ。
そんなカメラ爺様が貰ったカメラ、非常に良く出来ております。

なんでも、 「あぶない刑事」 の舘ひろし氏や柴田恭平氏が劇中で使った
カスタムガンを製作した方が作ったと言うから何気に凄いかも (いや結構凄いかも)。













06060303.jpg
比べてみました、すげーちっこいんですよ






セルフレバーと測距窓の形状から Leica IIIG と思われます。
ブラックボディと言うのがまた渋い…

貼り革まで見事に再現されているのは 「見事!」 の一言。




しかし、モノ作りが出来る人ってのは素晴らしいですね。
自分は出来合いの機械を分解して直すのが関の山なので
このように無から有を生み出せる人は無条件で尊敬してしまうのです。




うーん、同サイズの オートハーフ とか欲しいなぁ、作れないかなぁ…

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/03 21:45 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
厄日
今日は散々でございましたよ。


普段からロクでもない行動ばかりしておりますので
「日頃の行い」 の方は誠にもってアレですから
たまにはこんな日があっても良いとは思うのですが…



仕事に行ったら 「ブレーキが全く効かなくなった車を引き取りに行く」 と言われ
さも当然のように、その車を会社まで乗ってくるのは自分の仕事。
(サイドブレーキだけ使って走れとなッ!!)

そらまぁ、ウチの会社で他の人間にやらせたら一大事になるのは間違いないんでしょうけど…
だからと言って自分だってそんな車に乗るのはイヤですから


こんな日に限って積載車が無かったりするんですよ。
(だったら他の日に引き取り行こうと言う意見は却下されました)





でまぁ、何とか生きて会社に辿りついたのではございますが、
別口で修理してた車の試運転、これはATミッションの分解修理でして
入庫した時点では前にも後ろにも動かなかった車。

手がけてたのが自分ですから、試運転に出るのは当然自分。



まぁ、ガッチリ直したから別に不安は無いんですが、
リフト上で試運転をした時にブレーキ踏んでABSを作動させたら
ABSユニット から噴出すブレーキオイル

ABSユニット のブレーキパイプが裂けてますぜ…





え?急ブレーキ踏まなければABSは作動しないから?
タンクにブレーキオイルを満タンにしとけば3回くらいABS作動させても大丈夫?
普通に試運転するだけなら大丈夫、行ってこいですか…

うんうん、確かにABSと言うのはそう言うものですから
それなら安心して試運転に出れるってモンで



いや、ちょっと待った



せめてブレーキパイプを直してからに (以下、却下された理由がいろいろ











06060201.jpg
生きてるって素晴らしい!
KONICA EYE  HEXANON 30mm/f1.9  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200





そりゃまぁ、事故を起こさなきゃ問題は無いですよ。
だけど、いくら壊れてる車に慣れていると言ったって
公道は自分の庭じゃないんですから
そんな無茶な試運転は行きたくないんですよ、やっぱり。

だけど、逆らう事は許されない雇われている立場の工場長。
そして宅地造成地の人っ子一人いない場所で寂しく試運転。




そんなこんなで、命をすり減らしながら1日の労働を終え帰宅。
せいぜい家で酒でも飲んで命の洗濯でもしようじゃないですか。





ヨメさん、用事で出掛けたっきり帰ってきてませんでした
(ついでに言うと自分は家のカギを持ってません)






うーん、家に入れない…
せっかくだから、ブレーキに不安のない自転車に乗って
近所を走り回ってこようと思ったものの、
今日は宅配便が夕方に来る予定だったので敷地から出れない。

じゃあせめて、庭の縁台に座って携帯で遊んでるか…



充電し忘れてて電池残ってないし。












結局、ヨメさんが帰ってくるまでの1時間以上、草むしりして過ごしてました
(お礼に、今夜はヨメさんに飲み屋で奢ってもらいました)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/02 21:54 | 日記 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
ビアガーデンの時期到来
突如として暑くなってきたような気がします@南関東



梅雨が明けたら夏本番になるワケですが、自分は夏が苦手。
って言うか、梅雨入りまえにも関わらず職場の温度は34度…

真夏になったら死ぬってば。




と毎年思ってはいるものの、人間と言うのは意外と丈夫なもので
今のところ死んだ事はありませんです、はい。
(もっとも、熱射病で引っくり返った事ならありますけど)











06060101.jpg
仕事後の酒が楽しい季節 (ホッピー単体じゃ酔えないですが)
KONICA EYE  HEXANON 30mm/f1.9  KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER200






まぁ、夏に限った事ではなくお酒は年中楽しいんですが
真夏の薄暗くなった時間帯に飲むお酒の美味しい事と言ったら!
冷で飲む日本酒、冷凍庫で冷やしまくったウォトカの凶悪なまでの味わいは
他の全てを差し置いてでも楽しむ価値のあるひと時!であります。


てな感じでですね、個人的に毎年楽しみにしているビアガーデンの季節。
ビールは最初の1杯だけ飲めば満足しちゃう人間なんですが、
時間の許す限り、ダラダラと語らいながら飲むひと時は格別なのであります。



で、毎年行ってるのが ここ




景色は良いし、山の上だから比較的涼しいし
今年も何度かお世話になると思われる 高尾山ビアマウント。




東京近郊にお住まいでこのブログを読まれている方、
お時間が合うようでしたらご一緒しませんか?

仕事の鬱憤などは綺麗サッパリと忘れ、
下界を見下ろしながら写真やカメラネタで盛り上がりつつお酒を楽しむひと時。




もし行ってみたいと言う方がいらっしゃれば、ご一緒してみたいものでございます

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2006/06/01 20:53 | 日記 | コメント(4) | Trackback(1) | pagetop↑
| ホーム |