さぁ困った
出勤前のエントリで 「とりあえず動く」 と書いた TAXONA



状況としては、シャッターの調速が全く効かないので常に全開。
(この時点で、スローガバナの中にゴミでも噛んでると思ってました)
どう頑張っても 1/300 以下の速度になってくれないのであります。

それでも、絞りを調節する事によって ISO400 くらいのフィルムであれば
写ルンですより相当マシに撮る事が出来そうでテストだけは何とか…

だって、スローガバナまで外して整備するの面倒なんだもん。
テストでどうにも駄目だったらバラそうと思い、とりあえずは組み立てました。

昨日の夜はお腹が痛くてそれどころじゃなかったし、
バラバラのままにしておくとヨメさんからの冷たい視線もあるし
とりあえずはシャッターも動くようになったから良しとしておこう!







と思ってたんですよ。









昼休みに何度かシャッターを切ってたら動かなくなりました
やっぱり何か噛み込んでる雰囲気なので、怪しいのはシャッター速度調整部分。

ここまでバラすと後が面倒なんですが、バラさにゃ動かんと言う事で
午後からヒマっぽい職場で色々やってみた次第であります。














07083101.jpg
とりあえず犯人はコイツ






スローガバナの中のギアでゴミが悪さをしてるんだろう、と思い
面倒でも分解していっその事全部直してしまおうと目論んでみたものの


















07083102.jpg
うげぇ、ギアが欠けてやがる…







あー、なるほどねー。


ギアの欠けた部分に引っ掛かるとロックされちゃって動かなくなるんだ。
午前中まで動いてたのはギアの欠けた部分で上手い事滑ってたから
スローは全く効かなかったけど、全開でシャッターが切れてたワケか。


納得。





で、これをどうしよう? となるんですが、とりあえず今日は駄目でした。
スローガバナを分解して欠けたギアの再生を目論んでみまして
半田を盛ってヤスリで削り、新たなギアを作成すると言う果てし無く細かい作業を。

何回か動作させていると半田が剥がれて元通り






なんか上手い逃げ道は無いか模索したいので今日はここまで
(何時になったら動くんでしょうね、あはは)

テーマ:JUNK☆CAMERA - ジャンル:写真

2007/08/31 20:44 | お遊び修理 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
とりあえず
昨夜はお腹が痛くて布団に篭ってた次第であります。
気温が安定しない今日この頃、皆様お身体にはご注意を。
















07083001.jpg
TAXONA 組み立ててみました
(革はまだ貼ってませんけど)






動くようにはなってるんですが、ちと問題もありまして
現状で全力発揮は困難な雰囲気が漂っているのであります。

使えないってワケじゃないんですが、制限があったりして中々。



細かいお話は仕事を終えてから。
何せ今から出勤せにゃならんのでありまして。



と言う事で、コメントの返答が遅れますがご容赦下さいませ~

テーマ:JUNK☆CAMERA - ジャンル:写真

2007/08/31 08:19 | お遊び修理 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
新鋭機
仕事を終え、帰宅したら宅急便が。



お世話になっている 祐左さま からカメラを頂戴してしまいました。
前々から買おうか悩んでいたものの、ジャンクですら微妙な値段に手が出せず
なんとなーく縁があったらにしようと思っていたカメラ。














07082901.jpg
Zeiss ikon TAXONA であります






カメラ背面のド真ん中にはドレスデンのエルネマン塔に、
燦然と輝く VEB ZEISS IKON の文字、んもうこれだけで気分は良好。

元々は戦前の TENAX を戦争のドサクサで旧ソ連が工場・技術者を丸ごと接収し
それを Pentacon が手直しして、 TAXONA として世に出た、とテンプレ通りの製品

頂戴した TAXONA 、レンズは Novonar が搭載されておりますが、
当然の如くで Jena Tessar もあるのは有名な話。



さらに、何で欲しかったかって 24mm x 24mm のスクエアフォーマット。
35mm の変形ハーフ判ですから、枚数撮れるし四角い写真も撮れる楽しいカメラ。

いやぁ、本当に有難うございましたッ!! > 祐左さま





で、何故に後ろ姿の画像しか出していないのかと申しますと…
















07082902.jpg
既にバラバラなんですね、これが





シャッター不動の状態で頂いたモノですから復旧させねば使えない。
てなこって、全身像を撮る前にせっかちな自分はバラバラにしてしまったと。

シャッター羽根に油が回っててシャッターが開かないようでしたので
とりあえずは分解しないと話になりませんからサクサクとバラしていきます。

ついでに、ファインダーの掃除もしたいし各部の構造も見たいから…


とやっていたら見事にバラバラになってしまいました (思ってたより単純な作りだったんで)













07082903.jpg
とりあえず、今からコイツと格闘します






思う存分バラバラにしてしまったので、今日のエントリはこれまで。
スローも死んでいると言われておりますので、色々手入れしてやろうと思います。




てなこって、全力で中途半端ですが今日はここまで

テーマ:JUNK☆CAMERA - ジャンル:写真

2007/08/29 21:27 | お遊び修理 | コメント(8) | Trackback(0) | pagetop↑
相変わらずな日々
せっかくの皆既月食、関東ではサッパリ見えません。




とまぁ、平日になると途端にネタが枯渇する有様でございまして
家に帰ってもウダウダするだけの毎日になってしまいました。

PENTAX K のフィルム圧板のサビ落としも終わり、あとは再テスト。
昨日も書きましたが、佇まいの宜しいカメラなので今度の休みも遊ぼうかなぁ。


で、テストと言えば パーレット1号機 、問題になっていたフィルムの平面性、
その確保を何とか仕上げた (つもりな) ので使ってみないとなぁ。
そして、婆様の葬式ですっかりと忘れていた3号機の方も…

















07082801.jpg
写真を撮る人を撮る人を撮ってみました (ええい!ややこしい)
六櫻社 Pearlette (S10年後期)  Optar 75mm/f6.3  NEOPAN100 ACROS







実戦初テストとなった パーレット2号機 なんですが、意外と使いやすい。

固定焦点なので、絞って被写界深度を稼いでやるカメラですから
今時の ISO100 でも突っ込んでおけば、大抵の物はシャッター切るだけで大丈夫。
(当たり前ですが、お天気にもよるんですけどね)


古式蒼然としたブリリアント式ファインダーとは言え、
清掃すれば少しは見やすくなりますし、慣れれば結構何とかなってしまうもの。

て言うか、慣れって恐ろしいな…




そんなこんなで、お盆休みが終わった途端に普段通りの厄介なカメラばかり。
しかし、お盆休み中みたいに安心カメラで撮るのとは違う楽しさがあるのも事実。

せいぜい、今のうちに信頼性を向上させて秋の旅行には持ち出したいでありますよ。





ただ、出先で補充不可能なフィルムってのが一番厄介なんだよなぁ

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/28 19:34 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
今日もお散歩
連休ってホントに良いものですね。


朝はダラダラ動き始めて前日撮った写真を現像してみたり
ネガの乾燥を待っている間にブログを書いてみたり

いやぁ、サボるつもりは無くとも睡魔には勝てないって事で。















07082701.jpg
しかしまぁ、どーでも良いのに限ってちゃんと写る
六櫻社 Pearlette (S10年後期)  Optar 75mm/f6.3  NEOPAN100 ACROS







そんなこんなで、昨日遊んだ パーレット なんですが、バッチリでございます。
蛇腹の展開を繰り返しても光線漏れは発生せず、しごく真っ当に写るようになりました。

リリー のように使うのが面倒とか言う世界をを超越したカメラは別として
パーレット であれば必要にして充分なお散歩カメラとして活躍してくれます。
(さすがに リリー はお散歩カメラにゃならんですし)


見ての通りで、使いにくいと嘆いていたファインダーでもがっつり水平は出せますし。


あとはアレですね、キッチリ狙って真っ当な写真を撮れって言う最大の難関だけ。
一番厄介な事が残っているんですが、それはまぁ最新の DSLR でも同じですから。




んでも… 新宿歌舞伎町に パーレット は死ぬほど似合わないんだよなぁ。











さてさて、そんな感じで今日も新宿に出ていたワケなんですが、
以前に頂いて少しイジっただけで使うのを忘れていたカメラを持ち出しました。

今年のお散歩撮影はコニカ系をメインにしてたので出番が無かったのですが
最速 1/1000 まで使える便利な古一眼レフでございますよ。



















07082702.jpg
今日のお散歩カメラ、 ASAHI PENTAX K






シャッター幕がたゆんたゆんになっていたのを調整しただけなので
果たして真っ当なシャッター速度が出るか不安大爆発だったのではありますが
とりあえず大丈夫そうな雰囲気だったので今日のお散歩カメラに。

パーレット のような戦前カメラに比べ、デザイン・使い勝手共に物凄く 「今風」 ですから
シャッター幕の自家調整と言うあからさまにヤバすぎる事をしたにも関わらず
持ち歩いて撮ってるだけで安心出来る不思議なカメラでございます。

対になる Auto-Takumar も半自動絞りだからピント合わせも楽チンですし、
開放 f値で 1.8 と言う明るさも有難い限りなのでございます。















07082703.jpg
暑いから喫茶店で試写開始
ASAHI PENTAX K  Auto-Takumar 55mm/f1.8  NEOPAN100 ACROS






うっわぁ、すっごいキズだらけ…
圧板のサビくらい落としておけって雰囲気が濃厚です。

まぁ、キズは痛手ではありますがシャッター幕の方は無問題のようで
とりあえず対策さえ施せば普通に使えそうだと判り一安心。

PENTAX K って SP とかより無骨でカッコイイから使えるようにしておこっと。
















07082704.jpg
オートタクマーの開放でセミを撮る
ASAHI PENTAX K  Auto-Takumar 55mm/f1.8  NEOPAN100 ACROS







キズさえ無くせば現役機に復帰できますね、レンズは無問題だし。

と言った感じで、今日もへろへろ新宿の街をお散歩してたんですが
カメラ屋さんにはほとんど寄らず、早めの帰還を成し遂げました。

まだまだ暑い日は続きそうですし、体力を温存しとかにゃ後がツライ。







だもんで、今日はそんなに飲まないで過ごしております
(まぁ飲んではいるんですが)

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

2007/08/27 21:44 | 撮影テスト | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
おはようございます
気付いたら月曜の朝を迎えているワケで。



昨夜、お散歩 (と飲み) から帰宅して、 パーレット で撮った
モノクロを現像しようとしたら寝てしまっていたようでございます。



んで、目覚めてから現像をしたんですがどうやらバッチリの模様。



まだ乾燥中なのでスキャンは出来ないんですが、見た感じは大丈夫。
実戦初出撃となった パーレット2号機 ですが、これで安泰なのであります。

で、さすがに昨日は パーレット だけだと不安が残りましたので
久しぶりに Konica I も持ち出してお散歩してたのでございます。
ただ、こっちの方は5月頃に入れたフィルムが残ってましたので
枚数は少ないからラクだったんですが、夏場の2台体制はきっついですねぇ。














07082601.jpg
おまけに凄い写真になりましたし
Konica  Hexar 50mm/f3.5  AUTO-UP No'1使用  CS100






最後に使ってから巻き上げし忘れてたようで二重露光なのであります。
何とも不思議な色合いになってしまいましたが、久しぶりだとこんな失敗も。

で、昨日のお散歩なんですが全くもって普段通りなのでありまして
カメラ屋さんをグルグル回りながら歩き回っただけ、特に目新しい買い物も無し。


早めに飲み屋に入って2時間くらい飲んでたんですが新宿で呑むのは久しぶり。
いい感じでメートルを上げてしまい、帰宅したら以下略なのでありました。







さて、今日はどのようにして過ごそうか… とりあえず新宿でも(略

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/27 10:25 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
明日はお休み
久しぶりに日曜休みなのでございますよ。



当然、月曜もお休みだから連休なのでありますが金は無い
さすがはお盆休みに気持ち良い勢いで使いまくっただけの事は…


そんなこんなで、明日はいつも通り新宿でお散歩撮影でも。
金は無いものの、家の備蓄フィルムは相変わらずテンコ盛りですし
数週間ぶりに不自由なカメラで遊んでこようと思います、はい。
(暑いとダレて撮り終わらない危険な香りも漂いますが)
















07082501.jpg
廃巡りは秋までお休み
CONTAX RX  Tessar T* 45mm/f2.8 100Jahre  CS200






お盆休みでは新鋭と言って差し支えないカメラで遊びまくったので
不安要素盛りだくさんのカメラで遊び、精神力を元に戻しておかないと。

なにせ、古カメラは絞り決めてシャッター押すだけってワケにゃいかんですから。

7月の時点で パーレット の方はテストも終わってますし、そろそろ実戦へ。
VPK の方はまだ整備を終えていないので次週へ持ち越しなんですが、
お盆で使えなかったベスト判を堪能しようとしております。





で、手持ちのフィルムが枯渇してるから今から加工してきます

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/25 20:35 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
最後もやっぱり廃なモノ (旅日記8)
栃木は日光のホテルで最後の夜を過ごした後は今度こそ一路帰還。



とは行かず、通り道にある有名な廃墟群を回ってから帰る事に。
日光から足尾を抜け、群馬 > 埼玉 と抜ければ渋滞も酷くなく
色々あってこのルートを選択したのは良かった感じ。

















07082401.jpg
と言った感じで、足尾鉄道の廃線区間
CONTAX RX  Tessar T* 45mm/f2.8 100Jahre  CS200









まぁここは… 関東でも有名な廃スポット (の一部) でございますから
自身も何度か足を運んでいる場所ですが盛夏は初めて。

またもや激藪の洗礼を受けると思っていたんですがそうでもなく
東北地方であれだけの激戦を繰り広げた天敵 「アブ」 の姿も殆ど無し。


よって、最後の最後に廃キングを余す事無く満喫できたのであります。
(まぁ、最初っから時期選べって話もあるんですが連休なんてそんなに無いし)



さてさて、そんな足尾銅山に向かって走る足尾鉄道廃線区間。

手前の間藤駅までは 「わたらせ渓谷鉄道」 と言う名で復活してますが、
間藤駅から本来の終点である足尾本山駅までは土砂崩れにより廃線と。
廃線区間は 1.9km 、レールや橋も現存しているナイスな場所です。


















07082402.jpg
廃線区間ではここの信号と廃隧道が一番好き
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200






しかしまぁ、ここも非常に暑い場所でございまして
悠長に廃線区間 1.9km をお散歩する気にはなれず、適当なお散歩。

暑かったよなぁ… お隣の群馬では 40度 越えてた日だから当たり前か。



でまぁ、足尾と言えば鉱山に関連する処施設や住居跡などもありますが
そっちは人様の住んでいた場所もありますから踏み込まずに。
道路から眺める程度に留めておくのでありました、立ち入り禁止だし。
(路線は何故か立ち入り禁止されたないのですよ)


ここでは残っていた最後のフィルムを使いきり (APSだけ残ったけど)
足尾環境学習センターなどをで往時の資料を見たり映像を観たり。

午前中には足尾を後にして家へ向かうのでありました。


















07082403.jpg
それにしても最後の最後まで良い天気に恵まれて良かったです
CONTAX RX  Tessar T* 45mm/f2.8 100Jahre  CS200







全行程 2,000km 以上、青森までは高速を使いましたが
帰り道は全て一般道と言う阿呆な個人記録も打ち立てましたし
久しぶりに写真を撮る事に全力になれた旅は非常に楽しかったであります。

まだまだ未整理のネガやポジなど山盛り残っておりますが、
その内にネタが枯渇したら小出しにしようと思って忘れてしまいそうな予感


てなこって、やたらと引っ張り気味だった旅日記はこれにて完結。
秋になり、涼しくなったら再び出掛けようと思ってみたりしております。







しかしまぁ、最後まで渋滞知らずで通したかったものの、最後の環八だけは駄目でした

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

2007/08/24 19:40 | 旅行日記 | コメント(16) | Trackback(0) | pagetop↑
帰還へ向けて (旅日記7)
仙台で身体を休めた後は本腰入れて家へ戻ります。



津軽の竜飛崎から一般道で仙台まで到達してしまうとですね、
何となく残りも一般道で戻りたくなってしまうヘンな人ですから
朝になり、ご飯を食べた後は高速道には目もくれず一般道を。


て言うか、別に急いでもいなかったのでお金払って渋滞にハマるのは…


一般道の方が景色を楽しめますし、何か面白そうなモノがあったら
すぐに寄れるってのも魅力、あとは本当に何となくで一般道。

んで、ついでに最後の廃なモノを見ておきたかったと言うのも。
仙台の山奥に巨大な木橋が現存している森林鉄道跡がある、
と聞いた事があるので寄ってみようと思ったのですが挫折

現地には辿りついたものの、例によって藪とアブが激しくて無理。

まぁこれは… 家から近い (と言っても程度問題ですが) ので
時期を見て再訪すれば何とかなりそうなので、木橋が崩壊する前に
何とか時間を取って訪れようと思ってみたのであります。

うーん、それにしても今回は消化不良なのが多いなぁ…














07082301.jpg
せっかく山奥まで走ってきたのに撤退ですよ (ヨメさん撮影)
COOLPIX P5000














07082302.jpg
自分は気付かなかった林鉄の築堤をヨメさんが撮ってました
(上の画像にもシッカリと築堤が写ってるのに帰宅後気付く)
COOLPIX P5000









そんな感じで、最後の廃なモノは挫折しましたので大人しく帰宅。

とは言え、仙台から家までは350km以上あったりしますから
一般道でちんたら帰っても到着するのは真夜中になりそうな雰囲気。


実際、宮城 > 福島 > 栃木 と走っているうちに日は暮れてしまい
結局は栃木で国道4号から離れ、日光へ進路を取り最後の宿泊を。

予定外ではありましたが、休み明けまで日数もあるので 「まぁいいか」 な感じで。

















07082303.jpg
で、翌日の最終日はこんな場所で廃キングを楽しんでおりましたとさ
CONTAX RX  Tessar T* 45mm/f2.8 100Jahre  CS200








残り少なくたったフィルム、使い切るには良い場所でした
(と言う事で、廃な旅日記も明日でいよいよ最終回)

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

2007/08/23 20:03 | 旅行日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
旅のお土産 (旅日記6)
まだ続くのか旅日記。



と言った感じで、東日本最大級の廃墟群に度肝を抜かれ
午前中からヘロヘロ気味になってしまいましたが次の場所へ。

と言うか、そろそろ帰還ルートに乗らないと休みが終わりますし
岩手から家まで、一般道だと 600km 以上あったりましますから
南下しながら遊ばないとマズいのでございます。




で、岩手から宮城の仙台までがこの日のルート。




盛岡でお昼になったので冷麺を食べ、そこから国道4号線をひたすら南下。
夕方には何とか仙台に到着しましたので宿探しなのであります。

岩手以降はノリと勢いだけで動く予定だったので宿を取ってなかったんですよ。
んでも、仙台くらいの大都会だったらグレード落とせばホテルなんて幾らでも。

と言う事で、アッサリとホテルは見つかり荷を解いてから飲みに出てました。


















07082201.jpg
牛タンと笹蒲鉾 (なんと言うお約束度)
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200






午前中に廃キングを少し楽しんだだけで、後は車中の人でしたから
さほどお腹も空いてはいないので、軽く飲んで食べるだけで満腹。

適当に飲み食いした後は仙台の町をお散歩し、早めにホテルに戻りました。


あちこちで買い込んだお土産、少し整理しとかないとゴチャゴチャになってますし
様子見したいものの、色々動き回っていて未チェックに近いブツもありますから。
















07082202.jpg
てなこって、名産品以外の個人的なお土産その1







国内旅行のお土産と言えば三角ペナントは外せないでしょう
最近は中々お目に掛かる機会も減っておりますが、探せばある。

これを帰宅してから部屋に貼ってこそ旅の思い出が完結すると言うもの。


ヨレヨレ加減が店頭に並んでからの歳月を感じさせる逸品ですが、
実際に物干しハンガーに洗濯バサミでブラ提げて売られていたのですから
一体全体何年前の商品なのかと言った感じでございます。
(おまけに 100円 と言うナイスな処分価格)
















07082203.jpg
お次のお土産、何故かベスト判カメラ
(現在、修復中なので完全に組み立ててないです)




ベストポケット コダック (VPK) のオートグラフィックスペシャル。
単玉の VPK とは異なり、モロッコ革に身を包んだ3枚玉の少し高級品。

蛇腹はシッカリしており、レンズとシャッターにやや難があったのですが、
修復作業によりましてシャッターは甦り、レンズはこれからと言った按配。
(おまけに、さくら金属スプールも付属しておりましてウハウハです)

本来なら、旅先で試写を楽しみたい所だったのですが、フィルムを持ってなく
おまけに普段は持ち歩いている修理道具も家に置いてきてたので使えず終い。

パーレット のお父さん的なカメラですから撮り比べが今から楽しみであります。
やっぱ、旅の楽しみはカメラ屋さん巡りも含まないとねぇ、へっへっへ。















07082204.jpg
後は青森のハードオフで入手したウエストポーチ型のカメラバック






初日の林鉄巡りでレンズを大量に持ち歩いたのですが、
さすがにリュックの中にレンズを入れとくと出し入れは困難で
イザ使おうと思った時に取り出すのが厄介な場所が多かったので
その日の夕方にウエストポーチ型を買ってしまいました (1,000円だったし)。


いやはや、格安で購入した割にはシッカリしておりまして便利便利。


翌日からは大活躍でして、レンズ交換もサクサク出来るので
これからも普段のお散歩撮影時に活躍してくれる事間違いなし。







と言った感じで、地酒以外はこんなモノしか買っていない東北旅行であります

テーマ:JUNK☆CAMERA - ジャンル:写真

2007/08/22 19:56 | 旅行日記 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
メインイベント (旅日記5)
さて、十和田湖での観光を終えたあとは宿に向かって猛ダッシュ。



何を考えていたんだかよく判らんのでありますが、
十和田湖観光を終えた後に予定していた宿は岩手の八幡平。

十和田湖から八幡平の宿まで 7~80km の距離があるんですが、
チェックインまでに残された時間はわずかに1時間。




いやこれ無理だろ、普通に考えて。




と思ったんですが、南関東に比べて信号が無いに等しい状況で
普通に走っていたにも関わらず、チェックイン予定時刻から1時間後に到着。
なんか、高速道路いらなくない?くらいの時間でございました。
(だって一般道で速度超過とかしなくても着いちゃうくらいでしたから)


そんなこんなで、八幡平の宿に無事到着した我々夫婦は
温泉に浸かってまったりしたり、豪勢な夕飯と地酒を飲みながら楽しい時間を。

やはり、旅は写真を撮る楽しみも大きいんですが、宿でまったりも楽しいモノ。



おまけに、ホテルと違ってネット環境などと言う無粋なモノはありませんから
ノートを立ち上げるでもなく久しぶりにゴロ寝しながらテレビを見たり
扇風機の風を楽しみながら (エアコン無かったし) 部屋で酒をちびちびと。

それもこれも翌日のメインイベントに向けての体力復帰なのであります。

























07082101.jpg
と言った感じで東北旅行のメインは廃なモノ
F100  SIGMA ZOOM 18-35mm/f3.5-4.5  EBX







これですよ、これが見たかったのであります。

東日本最大級と言われる巨大な廃墟群、と言うか街まるごと廃墟
昭和40年代、鉱山の閉山に伴い山中に取り残されたままの街。

Web上で色々と見て回った事はあるんですが、現物は初めて。
もう予想以上に巨大な廃墟群に呆気に取られる有様でございました。


こんだけ広大なスペースに誰1人いないってのは凄すぎるよなぁ…
(正確には鉱毒の中和処理場だけが現役稼動中)




















07082102.jpg
某天空の城も素足で逃げ出す廃墟っぷり
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  EBX






建物の中はどうみてもジャングル化してそうな雰囲気。
道路から一番近い場所だけに踏み込めるなら踏み込んでみたいのですが
当然、立ち入りは禁止されておりますので道路から見るだけ。

いやぁ、でもちょっとだけ入ってみたいよなぁ。
一体全体、建物の中はどうなってるのか気になるじゃないですか。





















07082103.jpg
いや、入って良いって言われても入れませんけどね
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  EBX






これ、入ろうとしたら死ねるだろうなぁ。

かつては階段であった物体も今や不思議なオブジェと化してる廃墟群。
こんな場所、真夜中に放り出されたら泣きますよ、大人ですけど。



と言った感じで、ここでも大判大活躍。
人が居ないから落ち着いて構図も決められじっくり撮れました。
(ちゃんと撮れてるかは不明ですが)


35mm でも、もんの凄いハイペースでフィルムを消費してみたり
夫婦2人して阿呆全開ではしゃいでみたりするヒトコマでございました。

もし仮に 「建物に近づいても良いよ」 って言われたとしても夏は無理。
「激藪」 と言う名の鉄壁に守られた廃墟群は近づく事すら困難であります。
だって 2m を優に超える藪なんて 20m 進むのすら困難なのが予想されますし。

あとはねぇ、ここもやっぱりアブが山盛り飛んでましたし…



いやはや、ここは外から見るだけで充分に凄い場所でございました。
冬は雪に閉ざされ、夏は藪のバリケードに守られた天空の廃墟群
いつまで残るか判らんですが、再び訪れてみたい場所でございます。

















07082104.jpg
レースフラワーの原種(?)と廃アパート
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  EBX











で、ここでもシッカリとアブに刺された自分がいたりします。

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

2007/08/21 19:09 | 旅行日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
真夏の十和田湖 (旅日記4)
奥入瀬では大判に邁進した為、他のフォーマットでは写真を撮らず。



と言うか、そこまで余裕があるほど大判慣れしていないので普通に無理。
それでも今までの練習の成果か設営・撮影・撤収を30分少々で完了。

まぁ、人が一杯だったので落ち着いて撮るような雰囲気ではなく
パパッとやってサッサと移動しないと厄介ですからね、おまけに暑いし。
(故に構図がいい加減になっていると言うオチもつきます)


そんなこんなで、夏の奥入瀬渓流は涼を求めるにしては暑すぎ
おまけに人が山のようにおりましたのでサクッと移動しまして十和田湖へ。


















07082004.jpg
まぁ湖と言っても夏は非常に暑いワケでして
MINOLTA TC-1  G-ROKKOR 28mm/f3.5  CS200






今度は一眼レフを捨て去り、機動性重視のコンパクトカメラへ切り替え。

広角側を多用する傾向のある自分に取って、 TC-1 のコンパクトさと信頼性
そして画角など文句の付けようがない一級品のカメラなのであります。
(それでも、 MAX 1/500 だと晴天時に ISO200 は辛いんですが)


EYE3 とかも持っては行ってたんですが、暑すぎて脳内が沸騰気味でしたので
絶対にピント合わせるのを忘れそうだったので今回は使用せず。

それでも、ほとんど意地だけで セミ・パール は別の場所で使いましたが。
















07082001.jpg
でまぁ、デジ分では上げましたが同じ場所から 「乙女の像」
MINOLTA TC-1  G-ROKKOR 28mm/f3.5  CS200






高校生の頃、修学旅行で同じ場所に立ってはいるんですが、
その時は観光地を楽しむより夜中の大騒ぎに夢中になる年頃ですから
正直言いましてほとんど覚えていないのであります。

てなこって、歳を喰ってからの再訪となったのですが暑いモノは暑い。


故にじっくり見て回るような余裕もなく、少し写真を撮って退散したのは秘密。
いやぁ、コンパクトだけを持ち歩いてて良かったと思う場所でした。
うっかり遠い駐車場に車を停めてしまったので、結構歩いたんですよねぇ。

この暑さの中、30分以上炎天下を歩くと茹ります、完全に。


















07082002.jpg
とりあえず別アングルでも
MINOLTA TC-1  G-ROKKOR 28mm/f3.5  CS200







そんなこんなで、十和田湖では合計2時間少々のお散歩を楽しみまして
自販機の冷たいお茶をガブ飲みして汗を噴出したあとは…

涼しげなお土産物屋さんでも見て回ろうかと。
世話になってる人にはキチンと土産くらい買わないとイカンですし、
自分も買って帰りたいものなどありますからねぇ。



















07082003.jpg
さけーッ!!!
MINOLTA TC-1  G-ROKKOR 28mm/f3.5  CS200






やっぱお土産は地酒じゃないと (もちろん、自分の分で)。

地酒の店を見つけた途端に元気百倍の現金なヤツにヨメさん呆れ顔。
とりあえず自分の分やお世話になってる友人、実家の両親用に買いまくり。






と言った感じで、今日は実家にお土産を届けに行ってたので短めに
(つまり、まだまだ旅日記は続くのであります、他にネタないですから)

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

2007/08/20 19:40 | 旅行日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
八甲田、そして奥入瀬 (旅日記3)
2007東北旅行は2日目に無事突入なのであります。



初日に家から1,000km近く走破して最初の目的地はクリア。
この日から南下をしつつ、目当てのスポットを幾つか。

ホテルでの朝食を終え、優雅に朝風呂を堪能したあとは再び車中へ。
青森市内でガソリンを補給し、八甲田山を目指すのであります。


















07081901.jpg
八甲田の雲ひとつない山上を飛ぶ旅客機
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200






これまた海抜0mに近い場所から一気に登るので軽だとツラい。

とは言え、関東に比べると通行量は微々たるものでございましたから
他車の迷惑になることもなく、まったり全開で延々と登るのであります。


んで、登りついた場所はかの有名な悲劇の場所。
言うまでもなく、明治35年1月に起きた 「八甲田山雪中行軍遭難事件」



明治34年、近い将来戦端が開かれるのが確実視されていた日本と帝政ロシア、
それに伴い極寒の地での戦闘や津軽海峡を封鎖したロシア艦隊による
青森への艦砲射撃などにより交通の遮断が懸念され、
寒地での耐寒訓練や研究が必要になり行われた雪中行軍。

青森からは青森第五聯隊が210名と言う大編成。
弘前からは弘前第三十一聯隊が37名の少数精鋭で。


結果はまぁ、ご存知の通りで青森第五聯隊210名のうち、199名が遭難死。
遭難した時は日本各地で観測史上の最低気温を更新し続けるような天候で
旭川では日本最低記録の -40.5℃ を雪中行軍隊が山中を彷徨っている
1月25日に記録していたりするのであります、書いてて寒くなった

そんな未曾有の大遭難事件のあった場所、八甲田山であります。















07081902.jpg
この格好の仮死状態で発見された後藤伍長の碑 (銀塩判)
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200
















07081903.jpg
後藤伍長の碑は明治37年に建てられております
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200








この碑を少し下った場所に駐車場があるのですが、
その駐車場には小さな資料館もありましたので入ってみました。
(旧寺畑陸軍墓地に雪中行軍遭難資料館がありますが、それとは別)

こっから先は写真を撮れない場所なので割愛させて頂きますが
入った途端に映画 「八甲田山」 が大画面で流れていて寒かったです。
当時の状況なども資料で見れますので中々凄いものでありました。






さてさて、真夏の八甲田山で嫌な涼の取り方をしてみたワケですが、
次なる目的地である奥入瀬渓流に向かう時間もありましたので
車に乗り込みまして出発なのでありますが道を間違えまして

十和田湖方面へ向かうつもりが八戸へ向かっていたのは焦りました。


何せ、軽便な携帯のナビ機能を利用していたのでございまして
土地勘の無い東北に入ってからは地図と携帯のナビを併用していたんですが、
使い勝手の非常に宜しい携帯ナビは圏外になっており
気が付けば山中で現在地不明と言う状況に陥っておりました。

慌てて昔ながらの地図で方向を修正したのですがエラく時間を無駄に。





おまけに、奥入瀬渓流では大判しか使っていなかったので写真無し
(と言うか、この前現像出すの忘れてたのでまだ画像化出来ないんです)






と言った感じで、十和田湖の写真はスキャンが終わってないので続きます

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

2007/08/19 22:06 | 旅行日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
津軽海峡夏景色 (旅日記2)
そんなこんなで、中途半端に林鉄跡を堪能した後は。



お約束ですが、津軽半島の先端を目指す事になるのであります。
以前、下北半島の先端までは行った事があるのですが、津軽半島は初めて。

津軽半島と言えば…  何があるのか良く判っておりません。














07081801.jpg
眺瞰台展望所から日本海を望む
F100  SIGMA ZOOM 18-35mm/f3.5-4.5  CS200







林鉄の走っていた海岸線から (ヘンな表現だなぁ、やっぱり)
他に道が存在しないので、一気に標高を稼いで展望所まで登るんですが
さすがに軽自動車だと辛い場面であったのは秘密。
でもアレですね、通行量が少ないから誰にも迷惑掛からんのが素敵。


と言った感じで、ここで日本海とはお別れになりまして次は津軽海峡。


さすがは昭和50年代まで道路が作れなかった場所だけに物凄い高低差。
海岸から一気に山を登り、展望台からは一気に駆け下って竜飛崎ですよ。



















07081806.jpg
あー、本当に軽自動車でココまで辿り付いたか…
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200






位置的には下北半島の大間が本州最北になるんですが、
それでも竜飛崎は北の外れと言うイメージがあるのは歌のお陰かと。

上野発の夜行列車 おりた時から~♪ (歌うなよ)


'77年に爆発的ヒットでレコ大やその他各賞を受賞した石川さゆりの名曲
「津軽海峡冬景色」 の中に出てくる場所でございますからイメージは厳寒。

でも、今は夏だったので当然の事ながらイメージとかけ離れた世界でした。















07081802.jpg
しかし!がっつりと歌謡碑がありました
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200





しかも、この歌謡碑が少し風変わりな存在でありました。
テキストだと上手く表現出来ませんので、ヨメさんが撮った動画を。
歌謡碑に 「へぇボタン (懐かしいな)」 のようなボタンがありまして…



























ボタンを押した瞬間、物凄い勢いで観光客の視線が集中します
まぁ何と言うか、イイ歳してボタンがあるから押してみるってのはやめとけって感じで。

余談ではありますが、かつてこの曲が大ブレイクしていた頃
「こごえそうなカモメ見つめ泣いていました~♪」の部分が
どうしても 「カモメギツネ泣いていました」 と言う未知の生物だと思ってたのは秘密です。














07081803.jpg
そんな津軽海峡、対岸には北海道が見えます
CONTAX RX  Planar T* 80mm/f1.4  CS200





さすがに海峡だけあって水の流れは早いです。
漁船が全力疾走してるように見えますが、実際はほとんど進んでませんでした。

竜飛崎に入る前の展望台から見えた日本海航路の客船とかも
太平洋側で就航しているフネと違って大型船が多かったのも面白い。
波の間隔が太平洋と違うのでどうしても巨大化するって本当だったんですね。















07081804.jpg
と言う事で、お次の名物
CONTAX RX  Planar T* 50mm/f1.4  CS200















07081805.jpg
国道339号線をお散歩中
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200







話のネタにと歩いてみたんですが、夏にやるモンじゃないですね
国道表記だから珍しいだけであって、実際は只の階段でしかないワケですから。


とまぁ、そんな感じで廃線区間の後は普通に観光地を楽しんでみました。


この後はホテルのチェックインが近づいておりましたので
一路青森の市街地まで突っ走っただけでございますので特にネタは無し。

本来ならまったりと楽しみたい場所が一杯あったのですが、
前夜から10分の休憩とトイレ休憩2回、後は給油以外の停車が無かったので
体力的に限界が見えそうな気配だったので諦めました。


青森まで辿りついたらホテルにチェックインし、シャワーを浴びて…
飲みに出掛けていたのは当日のエントリで触れました通り。
しかしまぁ、ブログを書き上げた後は泥のように眠ってしまったのであります。



と言った感じで、2007東北旅行の1日目でございました。




















07081807.jpg
おまけ、津軽半島はアジサイが真っ盛りでビックリしました
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

2007/08/18 20:19 | 旅行日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
林鉄跡を (旅日記1)
それとなく長めに楽しんだ東北旅行、その1日目。



東北自動車道を突っ走り、朝の7時前には津軽半島の付け根にあたる
浪岡IC に無事到着、ここからは一般道で最初の目的地へ。


津軽半島の突端にある竜飛崎、その手前にある小さな岬
「小泊岬」が最初の目的地でございまして、目当ての物を探します。
















07081701.jpg
とりあえず日本海を望んでみます
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  CS200





別に日本海で海水浴を楽しみたい!とかでは勿論なく
目的は最果ての地に眠る鉄道の廃線跡 (初っ端からアレですね)。

かつてこの地、津軽半島を縦横に駆け巡っていた 「津軽森林鉄道」
その中でも特に珍しい軌道跡を今回どうしても見てみたかったもので。


津軽森林鉄道、それは明治39年に着工された本邦初の森林鉄道。
林業が盛んだった時代、輸送の効率化を目指して作られた路線。

21世紀の現代でも僅かに現役で生き残ってる路線はあるものの、
ほとんどは林業の衰退と共に役目を終え、ある物は林道へ改良され
またある物は人知れず自然の中に還ってしまったり、末路は様々。

かつての日本、林業の最盛期にはどれほどの数が運行されていたか
正直よく判ってないんですが、林鉄と言う性格上 「あり得ないくらいの山奥まで」
全国各地の山中に張り巡らされていたのであります。

とまぁ、簡単に言うとそんな 「廃なモノ」 を見に行っておりました、と。
















07081702.jpg
ウミネコの群、その向こうに怪しげなラインが1本
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  CS200


















07081703.jpg
近づいてみると紛れもなく軌道跡 (地図には何も書いてないラインです)
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  CS200









海岸線に残された軌道跡、まぁ、特に珍しくもないのかも知れません。

ですが、森林鉄道なのに海岸線を走っていると言う特殊性が気になって
今回どーしても自分の目ん玉で確認してみたかった、と言うことです。

でまぁ、状況が許すようであれば軌道跡を歩いてみたいと思ってたんですが…



時期的に 「藪」 が激しく入り込めないと言うのが第一。
海岸線に沿って下から眺めると言う手もあるんですが、それ面白くないし。

あとはですねぇ、関東では気にならん存在だったから考えて無かったんですが
とにかくもう凄い数のアブ、怖くて藪には踏み込めません。

大袈裟ではないイメージをテキストで表現すると






          虻虻虻虻蜻蛉虻虻
          虻虻虻虻虻虻虻虻
          虻虻虻   虻虻虻
          虻虻虻 人 虻虻虻
          虻虻虻   虻虻虻
          蜻蛉虻虻虻虻虻虻
          虻虻虻虻蜻蛉虻虻






車のドアを開けるだけで 5匹 くらい飛び込んできてしまいます。
しかも大きいの、単5電池より大きいんですよ、挿されると結構痛そうですし。



でまぁ、案の定挿されてメチャメチャ痛かったんですが





と言う事で、ヘタレな自分はアッサリと当初の目的を捨て去りまして
軌道跡の散策を中止すると言う事に決定したのでございます。
















07081704.jpg
そして次の目的地は小泊にある 「七ツ滝」
F100  SIGMA ZOOM 18-35mm/f3.5-4.5  CS200







海に面した滝、これはもう涼しくて最高なんですよ。

ただでさえ海からの風が涼しい上に、滝からの風がプラスされ
汗が一瞬で引いてしまうほどの清涼感に包まれる至福な時。

ヨソさまの子供達は水と戯れ、空にはまるで秋のような雲が流れ
画像中央右側から姿を表わしている林鉄時代の石垣

















07081705.jpg
カメラを右に振るとよく判ります
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200







現役時代はこの滝に木橋を掛け、小さな木材の運材列車が走ってたとの事。

さっきの場所は藪が激しく踏み込めませんでしたが、ここは道路から近く
アブさえ我慢すれば少し登るだけで辿り付ける場所。

レールや枕木は残ってないにしても、こりゃ行ってみないと青森まで来た意味が無い。
そして、登ってみれば線形から考えると必ずアレがあるハズ。













07081706.jpg
あったー!手掘り隧道ですよ
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200







昭和42年に廃止されてから既に40年、厳しい環境が簡単に予想できる
津軽半島の海沿いで、よくもまぁ往時の姿を留めているものだと…
(まぁ、坑口は少し埋まってますが気にしない)



これはもう、歩いて中を通り抜けてみるしか無いじゃないですか。
鉄道用の隧道としては極めて小さな林鉄の隧道。
軌間762mm と言う狭軌の規格のみに許された小さい穴。

いやぁ、んじゃ早速中に入ってみまs





















07081707.jpg
水没してました
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200







そりゃまぁ、両方の坑口に土砂が溜まってるんですから当然。

おまけに数日前は台風がこの地を通り抜けていたハズですから
結構な量の雨が中に入り込んでいるのもしょうがないんですけどねぇ。

せっかく 1,000km 近く走って辿りつき、通り抜けが出来なかったのは
残念の一言ではありますが、実際に見て触れただけで良しとします。




そんなこんなで、旅行初日はこんな感じでございました。
この後、普通に観光もしているんですがスキャンするのが(略

とりあえず、今日はこの辺で。





にしても、こんな場所を F100とRX + レンズ7本 持って行くのは阿呆でした
(荷物多すぎでマトモに撮れんですね、当たり前ですが)

テーマ:廃墟系 - ジャンル:写真

2007/08/17 20:46 | 旅行日記 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
涙の最終日
長かったお盆休み、とうとう本日で終了であります。


明日からは普段通りの毎日が戻って参りますから
最終日くらいは違う事をして過ごすのが王道と言うものであります。





てなこって新宿で遊んでました (それ、いつも通りだから)





昨夜のエントリにも書きました通り、旅で撮りまくった写真の現像や
まだカメラ本体に残っていたフィルムを使い切ったりせにゃならんですし
結局は普段の休日と同じコースをウロついていたのは公然の秘密。


















07081601.jpg
35mm の現像はほとんど終了 (東北の廃な物シリーズ)
CONTAX RX  Distagon T* 28mm/f2.8  CS200






暑さボケと旅行ボケの相乗効果で大判の現像依頼をすっかり忘れてみたり
帰宅してからモノクロ現像をやろうと思ったものの、現像液の温度が高すぎたり
今日は見事に 35mm のネガやポジの現像だけで終わってしまいました。

でまぁ、余りの枚数の多さにスキャンで泣ける事が確定してしまいまして
午後3時過ぎに帰宅したと言うのに真っ当な画像すら準備出来ません。

そして、スキャンは途中で諦め午後5時から飲みに行ってました















07081602.jpg
湖面が傾いているボツ写真で失礼 (十和田湖にて)
MINOLTA TC-1  G-ROKKOR 28mm/f3.5  CS200









しかしまぁ、山盛り撮った写真でも 「いざ画像に!」 と思うとロクなのが…

今回はテスト機材を減らし、使い慣れたカメラを多数持ち出したにも関わらず
狙い通りの写真が余り撮れなかったと言うのが悲しいトコロ。



あとはアレですね、新しい (中古) レンズが欲しくなっております

今回の旅行では CONTAX 用に単焦点を4本 (つまり全部) 持っていったんですが
山中ではレンズ交換に難儀する事が多く、時間制限のある場所だったりすると
簡単に妥協して撮るのを諦めたりする事が多かったのでございます。

撮影場所からその日の宿泊地点まで 200km とかが結構ありましたので
悠長にレンズ交換をしながら撮影を楽しんでいるとエラい事になってしまうので。


しかし、 「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」 と言う事で精進しますけどね、金ないし。

















07081603.jpg
連休最終日は東北土産を肴に近所の焼き鳥屋で一杯
COOLPIX P5000









そんなこんなで、画像付きの旅行レポは明日以降に延期でございます
(と言うか、現実問題として今夜は fc2 が異常に重いんです)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/16 20:50 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
無事帰還
ようやっと帰宅したでありますよ。



延べ 2,000km 以上を事故もなく完結し、楽しい思い出だけを持ち帰り
写真を一杯撮って 貴重なお金も一杯使って 非常に有意義な旅から帰還。

南関東を10日の夜に出発し、11日の朝には津軽半島の竜飛崎まで到達、
そこから好き放題に動き回って次第に南下しつつガソリンを垂れ流し
なんだかんだで渋滞ともほぼ無縁に帰れたのは喜ばしい事なのでございます。















07081501.jpg
とりあえず APS のネガだけは現像に出しました
CONTAX Tix  Sonnar T* 28mm/f2.8  CENTURIA APS200






これは八甲田山で撮った青森第五聯隊・後藤伍長、発見時の像。
(ちと今日はヘロヘロなのでマトモにスキャンしてないっす)

暫くは旅写真の垂れ流しでネタには困りそうもないくらいに撮りまくり。
問題は現像代をどうしよう?な部分なんですが、それはまぁ… 何とかせにゃ。



35mm のネガやポジ、 APS のポジ (今も現像してくれんのかな?) とか
モノクロ以外は現像所にお願いしないとイカンので、明日は新宿に行かないと。

















07081502.jpg
仙台の山奥で見つけた懐かしい電話ボックス (廃なモノ)
CONTAX Tix  Sonnar T* 28mm/f2.8  CENTURIA APS200








なんにせよ、休みは明日で終わりですから身体を平常運転に戻さんとマズい。
明日から何時も通りの時間に目覚め、生活パターンを普段通りにし
飲酒を控え早寝して明後日からは職務に忠実な一 斜壊人 社会人として
頑張って暮らしていかないと駄目なのでありますよ、とほほ。

それでも楽しい思い出、色々見て回った知りえた事など得る物は大きかったです。
毎回思うのでありますが、旅と言うのは人を大きくする大切な催しでありますよ。

家でゴロゴロするのも悪くないですが、知らない場所に行って見聞を広める、
と言うのは長い人生において非常に貴重な事を学べる重要な事。








ただ、津軽半島の先端から南関東まで一般道で走るのはオススメしません

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/15 20:36 | 日記 | コメント(8) | Trackback(0) | pagetop↑
そろそろ帰らないと
仙台で目覚める夏休み4日目であります。



いい加減に帰還する方向で進まないとマズいんですが、
あと少しだけ回りたい場所があるので今日はそこまで。

久しぶりに全力発揮で遊んでおりますので非常に楽しい毎日。
せいぜい体力を使い果たし職場に戻っても使い物にならん!
みたいな醜態を晒さぬように気をつけねば…




そんなこんなで、今日の観光(?)を堪能しましたら
えっちらおっちら南関東まで戻る予定なのであります。
今日辺りから上り線はエラいこっちゃな渋滞になるようですが
休みは今日を含め3日残ってますから帰宅は可能でしょう。












07081402.jpg
今日も猛暑になるらしいので涼しげな1枚を
COOLPIX P5000






これは一昨日、十和田湖で撮った1枚。

涼しげな雰囲気を狙ったものの、現地は結構な暑さでした。
しかしまぁ、北東北ってのは温度が高くても湿気が少なく
南関東や都心部の阿呆みたいな暑さと違って気持ち良かったっす。
でも、仙台の暑さは南関東と一緒でした)






てなこって、今夜は何処に居るか予想も付かんので早めのエントリでした

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/14 08:45 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
杜の都の夜は更けゆく
いやぁ、何となくで一般道を仙台まで南下すると疲れます。




と言った感じで、今宵は仙台のホテルに宿泊中でございまして
まったりとほろ酔い加減で楽しい夜を過ごしている次第であります。


前回のエントリを青森で書き上げた後、八甲田・奥入瀬渓流を堪能し
昨夜は予約しておいた八幡平の宿に辿り着きましたものの
ネット環境が整っておりませんでしたので酒飲んで寝てました。

で、今朝は早めに宿を発ちまして楽しみだった場所に…















07081301.jpg
プレ廃キングを堪能 (ヨメさん撮影)
COOLPIX P5000






判る人には判ると思いますが、東日本最大級の廃な場所。
(当然、立ち入りは禁止されとりますので道路から撮影)

いやぁ、ウワサには聞いておりましたがこれは凄い
写真やテキストでは表現出来ない天空の廃墟ですね。
某宮崎監督の冒険活劇な天空の漫画映画もここに比べたら…

しかし、何時までも此処に居たってしょうがないので下山。















07081303.jpg
盛岡に移動、とりあえず冷麺なのですよ
COOLPIX P5000







写真を撮ったり 東北のカメラ屋さんを回ったり するだけなのも
何となく芸がありませんから各地の美味いモノ巡りもね。

なんだかんだで歩いたり走ったりしてたので名物くらい喰らわんと。



そんなこんなで、詳細な旅日記と言うか写真などは帰宅してから。
まずは無事に帰宅しないと始まりませんのでダイジェストなエントリ。
撮影本数も結構な数になり、大判もガンガン使っておりまして、
冗談抜きで現像代の捻出に頭を痛める事は必至になりつつも
後悔の無いように楽しく過ごしている夏の旅行であります。












07081302.jpg
今夜は牛タンと地酒
COOLPIX P5000









まぁ何と言うか、酔っ払ってると旨い事テキストが打てないんですよ

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/13 22:25 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
今夜は書けないので
青森で迎える新しい朝、今日の分のエントリを。



昨夜のエントリを上げた直後、謎の睡魔に襲われ
ものの見事に朝まで大破横転していた次第でありますです。


今日はもう暫くしたらホテルを出発しまして
八甲田山の走破、そして奥入瀬渓流を堪能し八幡平まで行く予定。
(そして大判の出番があるといいなぁ)


昨日は昨日で色々と撮影を楽しむ事が出来まして早くもフィルムの在庫が…


滅多に来れない場所だと写欲が湧き出る泉の如くでございまして
物凄いペースで撮りまくってたのでございます。
しかしこりゃ、帰還してからの現像代が馬鹿にならんのが怖いなぁ。












07081201.jpg
ホテルの窓から朝靄に包まれる陸奥湾を望む
COOLPIX P5000






そんなこんなで、これから少し荷物の整理をしまして
昨日の撮影で明らかになっている欠点を克服し
少しでも快適な撮影旅行を満喫できるようにするであります。






さて、昨日の夕方にハードオフで入手した新兵器が無事使えるか
(お前は旅先で何を買っているんだ)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/12 08:46 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
青森の夜は更けゆく
そんなこんなで、お盆休み初日は無事に予約したホテルへと到着。



LAN接続が可能なので普段と変わらぬ夜が過ごせるのでありますが、
さすがに1日で 1,000Km 走ると気持ちは元気でも身体が…


事故以外の渋滞にはハマらずに青森まで辿り着けたのは喜ばしいものの
タンクトップ姿でウロチョロしてたお陰で皮膚が真っ赤。
風呂に入って少しばかり落ち着いたんですが、一気に焼くと辛いですよ。















07081101.jpg
と言う事で、竜飛岬
COOLPIX P5000






銀塩カメラで悩みに悩んだ結果、見事にコンデジを忘れまして
今日はヨメさんの P5000 で撮った画像を使ってお茶を濁す事に。



今日はとりあえず、青森駅から至近の場所に宿泊しまして
明日に備えてじっくり休養と取るのが急務なのでありますよ。
なんてったってパーキングエリアで仮眠を取っただけですし。
















07081102.jpg
寝酒ですよ、ええ
COOLPIX P5000








やはり青森と言えば地酒と共に楽しむ産地直送な海の幸
ホタテとかイカとかその他諸々、幸せゲージがMAXになっております。

んでも、明日だって大量に運転しますから飲酒は控えめに。


軽く飲んで酔い覚ましに少し駅周辺を散歩しまして今日は早寝。
明日は南下して八甲田や奥入瀬を楽しんでこようと思います。














07081103.jpg
青森駅ビル・ラビナ
COOLPIX P5000







まぁ、お散歩と言っても飲んでたら外は真っ暗になってたんですが

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/11 20:39 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
出発であります
本日午後6時をもちましてお盆前の仕事は終了。



今夜から数日間、行方をくらまして旅に出るのでありますが、
さきほど携帯からの更新テストを行いまして、旅の途中でも更新可能。
(するかどうかは別問題ですが)



とりあえず、北を目指し渋滞を避けつつの行程を予定しとりまして
どこまで予定通りに動けるか全く判らんのでありますが
安全を最優先してのんびり楽しんでこようと思っております。













07081001.jpg
さすがに今日はスキャンしてる余裕無し (なので適当にスキャン済みから)
CONTAX RX  Planar T* 50mm/f1.4  CS800







機材の方も リリー を諦めた事によりまして若干の余裕が出来、
セミパール とか EYE3 などのコニカスキーご用達カメラは格納済み。
やっぱ Junk貧乏 としてはジャンク上がりを持ち出さねば駄目でしょう。

で、相変わらず数を持ち出して駄目っぽい予感も漂うのですが
やはり 「やらないで後悔するならやって後悔」 した方が気楽と言う事で。






そんなこんなで、道路が混まないウチに出発するであります
2007/08/10 18:30 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
涙を飲んで減量
旅行用の機材、大幅減量中でございます。


昨夜、いい加減準備をしとかんとマズイとなりまして
銀箱からエツミの大型ザックに大判の機材一式を移し変えたものの
想像以上に質量が大きく、ザック一つが丸々食われてしまいました。
(もちろん、三脚は別荷物扱い)




35mm を入れるスペースが何処にも無いではないか。




で、普段のお散歩用小型リュックにクッションボックスを入れまして
CONTAX RX と レンズ4本 (D28/2.8 T45/2.8 P50/1.4 P85/1.4) は格納。
余ったスペースにフィルムをテンコ盛りと言った感じでリュックが2つ


えーっと、 リリー を放り込むスペースが何処にも無いんですが。
むしろ、 F100 とレンズ3本を何処に格納するかが大問題になっておりまして…

一番最初に犠牲になるのは VECTIS S1 だよなぁ、小型とは言え結構大きいし。
CONTAX Tix はヨメさんのバックに放り込むから良いとしても
「あわよくば」 と目論んでいた面白系ネタカメラの持ち出しは全部駄目っぽい。
(でも、 リリー の代わりに セミパール は格納してみました)



















07080801.jpg
「写真工業発祥の地」 を引きで撮ってみる
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  NEOPAN SS







いくら車で行くからと言っても、撮影中は徒歩が基本になるのは当たり前。
その為に荷物は少ないに越した事はないので F100 も諦める事になるかも。

でも、 F100 と対で使うレンズは 17~200mm と言う画角のカバーが可能。
これは捨てがたいものの、 CONTAX を置いて行くのはイヤぷー。


ん?余り使ってないから存在を忘れてたショルダー型のカメラバックを使えば
F100 とレンズ3本は余裕… って、そんなに持ち運べるワケもなし





と言う事で、色々考えつつクソ暑い車で納骨の為に実家に向かいます
(そんな慌しい今日はタイマー投稿なのであります)
2007/08/08 19:00 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
あと数日
猛暑で体力の減退が叫ばれている今日この頃。


実質、あと2日仕事をすれば待ちに待った連休が待ち構えており
そこまで辿りつければ何とかなりそうで一安心。
旅行の日程も概ね決まりましたので、そろそろ荷物の用意もしとかんと。


で、今週は今日明日働いて木曜日は実家へ。


婆様の納骨がありますので、連休前にも関わらず休みをとりました。
(だもんで、この前の日曜は出勤してたと言うワケ)
四十九日と納骨が終われば婆様も目出度く仏様への仲間入りと言う事で
全てを終えてから何の憂いもなく旅へ出れると言うもの。














07080701.jpg
そんな婆様の葬式の日、時間があったのでお散歩中の1枚
BABY PEARL  Hexar Ser.I 50mm/f4.5  NEOPAN400 PRESTO






T-Zoom でも全く同じ写真を撮ってるような気がしますが
撮り比べってワケじゃないんですよね、何てったって間が空き過ぎだし。


と言った感じで、特に新しい写真が増えたワケではない昨日の休日。
旅行前の節制中につき、カメラ屋さんでは誘惑に駈られつつも色々我慢。
せいぜい、モノクロフィルムの補充をしただけと言った按配でした。

明日は仕事を終えたら実家に行かにゃならんですし、明後日は納骨。
そしてその次の日の夜には出発なワケですからサッサと準備しないとマズイかも。




て言うか、今夜のうちに出来る限り準備しとかなきゃ駄目じゃん。 マズい

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/07 19:36 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
休日だって暑いのです
休日と言っても、前半戦は健康診断だったワケですが。


そんな健康診断ですが、特に悪い所もなく (頭は除く)
せいぜい少し痩せた方がイイよ的な事を言われたくらいでございまして
明日からお盆休みまでは仕事中のダイエットに励もうかと思います。




と言った感じで、今日のお散歩は健康診断が終わってから。

先週のテスト失敗を挽回すべく、今日も リリー 片手に出掛けたんですが
三脚忘れるは冠布を忘れるはルーペを家に置いてきたりなど
「お前、本気で撮る気ないだろう」 な気配が濃厚に漂っておりました。

いやだって、余りにも暑いからボケちゃってたんですよ。




前の晩から水飲んでないし食物を口にしてないし…
健康診断から直行で新宿に行ったのがマズかったですね。

















07080601.jpg
でまぁ、手持ち撮影 (ヨメさん撮影)







やっぱ リリー の手持ち撮影は無理があります
こんなホールドし難い巨体をスローシャッターで絞り込むなんて無理。

ISO100 と言うカメラ的には高感度フィルムを使っているにも関わらず
三脚が無いと手ブレが激しい上に、ドピーカンだとピント合わせられないです。
てなこって、フィルム1本使ったけど今日は リリー の写真は無し。

いやだって、お見せ出来るような写真撮れませんでしたから。
















07080602.jpg
と言う事で、今日の1枚は何故か廃車体
BABY PEARL  Hexar Ser.I 50mm/f4.5  NEOPAN400 PRESTO







さすがに リリー1本勝負 だと敗北は目に見えておりましたので
サブ機で ベビーパール を持って行ったんですよ、サブ機にゃならんけど

こっちはこの前実家に行った時に詰めたフィルムが残っておりまして
残り数枚と言った雰囲気だったので撮りきってしまいました。

でも、 ISO400 だから今日のような天気だと正直キツイです。



あと、画像の右端に光線漏れのような状況が発生しておりますが、
これはフィルムカットから巻き変えの間に光が少し入った模様。

やはり ISO400 をカットして撒き変え、と言うのは厳しいモノがあります。




そんなこんなで、
フィルムは持って行ったものの暑すぎて写真どころじゃないです。
カメラ屋さんの定期哨戒を行って、旅行用の資材を少し買い足しただけで
今日はサッサと帰宅し、あとはもう家でのんびり飲んでおりました。




真夏のお散歩撮影は毎年の事ながらテンションが上がらないであります

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

2007/08/06 21:13 | お散歩撮影 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
オーバーヒート気味
今日もちょっとヤバいくらいに暑かった1日。


午前中と言う比較的涼しい時間でさえ滝のような汗、
昼休みに一回着替えたものの、職場に戻って5分もすれば元通り。

こういう日は帰宅してから飲むビールが最高に美味い!となるんですが…


明日は健康診断なので飲んじゃ駄目と言う決まりごとがございまして
大人しくお茶を飲んで地味に過ごしていたりするのであります。
おまけに、22時以降は水分補給すら駄目と言う素晴しさ。

今は真夏っすよ、水すら飲んじゃいかんって何時代の運動部だ。
(しょうがないって判っちゃいるんですけどね)

















07080501.jpg
写真ネタが無いので廃軌道
Acom-1  Zoom-HEXANON AR 35~70mm/f3.5~4.5  CS400







とまぁ、そんなこんなで本日は昨日以上に疲弊した身体。

明日の健康診断で何を言われるか判ったモンじゃないのでありまして
とりあえずは普通に栄養のある物を食べて明日に備えようかと。



健康診断は上手くすりゃ午前中には終わりそうな雰囲気なので
午後は新宿にでも出て旅行で使う足りないモノでも買ってきたり
天気が良ければ リリー でお約束の場所を再チャレンジしたいし。

久しぶりにベスト判でも遊びたいから寝るまでフィルムでも加工してよっと。





しかし、エアコンの効いた部屋って汗が出ないから良いですなぁ

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/05 19:18 | 日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
あっちぃ…
夏ですよ、夏。


今年は暑くなるのが遅かったからまだラクなんですが、
それでも暑い事に変わり無しで、とにかくもう茹蛸のような毎日。
特に今日は職場の気温が40度をアッサリ突破するくらいの暑さ。


お盆の休みまで一週間を切ってますから、それこそ根性で乗り切る!
しか方法が無いのが悲しい所ではありますが、暑いのは嫌い。

嫌いと言っても9月の中頃までは続くんだろうなぁ、いやだぁぁぁぁぁ。
















07080401.jpg
梅雨明けしたのでここんとこは本格的な夏
T-Zoom  Vario Tessar 28-70mm/f4.5-8  DNP CENTURIA100






と言った感じで、当方は明日も仕事の身故に今日は早寝を決め込みたい所。

明日の仕事を乗り越えれば嬉しい休日、とは行かない事情もありまして
お盆前の辛い時期を乗り切るには体力の温存が最重要課題になるのであります。





てなこって、サクッと今日のエントリを上げて布団でゴロゴロしてきます
(すんません、今日は本気でヘタれこんでるんで)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/04 19:13 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
思わぬ伏兵
徐々に旅行の案が固まりつつあります。
(あれだけ毎日のように書いてて今更かよ)



昔と違い、最近はネット予約でサクサクと宿が取れますから
旅行の予定を組み立てるのは全てPCの前でOKと言うのが有難いです。

Google map で行きたい場所を検索し、その日の行動を地図上から考えて
到達出来る範囲内での宿泊施設を楽天とかじゃらんで探して予約するだけ。

事前のカード決済で宿泊代も大丈夫ですから、本当に便利な世の中ですよ。
(おまけにネット予約の割引なんかもありますし)




と言う事で、昨日のエントリの最後に書きましたように今回はかなり遠出です。
最初の日に一番遠い場所まで行き、そこから家に戻りつつ色んな場所を。

カメラの持ち出しと一緒で、あまり欲張っても疲れるだけですから
取捨選択が難しいのではありますが、最低限のポイントは抑えておきたい所。
ヨメさんも張り切って旅行雑誌なんか買ってきちゃったりして盛り上がっております。
(もっとも、雑誌に紹介されてるようなスポットに行く予定は無いのは秘密)
















07080301.jpg
中央公園に行くと必ずここから都庁を撮る人
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  NEOPAN SS







そうそう、旅行中に使うフィルムなんですがストック豊富なコニカ・コニミノ製を。
モノクロで費用を浮かせるのも楽しいんですが、ストック分を少し減らさないと
次の分が入らなくなっている冷凍冷蔵庫、 AGFA もたんまり持ってかないと。

ここ一発用のコニカ・インプレッサや淡い色が楽しめる SRA や SRM
そして センスー200やJX 等々、異常なまでに在庫してる分を減らしてきます。



で、冷凍庫を久々に開けてみたんですが、伏兵の コニミノAPSフィルム がテンコ盛り。
(ついでに、今更感の漂う FUJI ix100 も一杯…)



やっぱ、 APS も持って行かないと駄目だよなぁ…
こういう機会じゃないとフィルムの大量消費は出来ないし
冷凍してから軽く2~3年は経ってますからチェックを兼ねて使ってみたいし。






よし、ヨメさんに CONTAX Tix を渡してフィルム消費を手伝ってもらおっと
(そして自分は VECTIS S-1 を、うーんカメラ6台態勢はきっついなぁ)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/03 19:12 | 日記 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
何時の間にやら
8月に突入してるんですよね、早いもんだ。



ただ、8月と言えば夏、夏と言えば高温多湿でございますから
せっかくコスト削減でモノクロ遊びを楽しんでも現像で問題が。

とは言え、現像液の温度管理と言うのが挙げられるだけなんですが
とりあえず、暑くなってきてからはヨメさんが家に居るのを良い事に
エアコンを稼動しているので液温は大体一定の温度を保っているようで
26度より上に上がる事が無いのが幸い。

これくらいだったら液タンクを湯煎(?)で温度を少し下げるだけで良いからラク。




そう言えば、自家現像の人の間で話題になる事の多い「廃液の処理問題」
幸いな事に自分の場合は職場で処理業者の方にお願いしているので無問題。

そらまぁ、現像液より遥かに危険な液体がゴロゴロしてる所ですから。















07080102.jpg
梅雨明けしたのに今朝は雨
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  NEOPAN SS






そんなこんなで、8月に入り梅雨も明けたらしいのですが湿気はお祭り騒ぎ。
ボケッと突っ立ってるだけでも汗が吹き出る職場ではありますが、
お盆休み前となると仕事の方もひと段落しまして、何となくヒマ加減。

旅行用のカメラ選定も終わっちゃったし、旅行そのものの予定も…



実はそれほど決まっていなかったりするのであります
大体の行きたい場所を効率良く回れそうなルートは選択したのですが、
それとて行った事の無い場所ばかりなので土地勘がありません。

まぁ、毎度毎度こんな感じで出掛けているものの何とかなってますから
今回も恐らくは何とかなると思っているのでございます。







ただ、旅行初日の夜から翌朝までに 800km 走るって予定は無理があるかもなぁ
(例によって旅行は軽自動車で行く人です)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/02 19:29 | 日記 | コメント(8) | Trackback(0) | pagetop↑
機材選びは無事終了
リリー が問題なく使用可能っぽい雰囲気になって一安心。


これで夏の旅行用機材の選定も無事終了と言った気配が漂い
久しぶりに撮影をメインとした旅行が出来そうで楽しさ満載でございます。




ただ、むやみやたらと機材を持ち出す機会の多いここ数年のお出掛けに比べ
数こそ少ないものの、重量は過去最高を記録しそうな恐怖が。


言うまでもなく、最大の大きさにして最重量なのは大判。



フルセットを持ち出すとカメラ1台動かすだけで恐怖の13kg、これは凄まじい…
コンパクトカメラ2~30台分の重量と変わらない上に (もっと重いかもね)
威力は強大なものの、機動性皆無と言う非常に使用の難しいカメラ。
それでも、スタジオ用のモノレールとかに比べりゃ遥かに身軽なんですけどね。

まるでドイツ軍の80cm列車砲 グスタフ / ドーラ のように
凄いけど、ほとんど役に立たなかったよね的な存在で終わりそうな予感。


















07080101.jpg
と言う事で、主力は 35mm になる事間違いなし
F100  AF NIKKOR 28-200mm/f3.5-5.6D  NEOPAN SS






巨大故の鈍重さで撮影枚数は限定される事間違いなしの大判に比べ
多少大きかろうと機動性の固まりみたいな 35mm一眼レフカメラ。


旅行用に F100 を引っ張り出してみたものの、最近使ってなかったので
旅行前の動作チェックと言う名目で先日の リリー 試写のあとに使ってみました。
この手の複雑怪奇な電気カメラは暫く使わないと使い方を本気で忘れますし

でまぁ、当然問題無しに動きますから RX とコンビを組んで撮りたいなぁ、と。





今度の撮影旅行も山や海辺の足場最悪な場所を歩く予定だったりしますので
よほどの景色に遭遇しない限りは大判の出番は無いような気が…
(一体お前は何処に行く気だ)

でも、そんな 「よほどの景色」 が存在するであろう場所に行くつもりなので
やはり荷物になろうとも大判は外せないと言うのが正直な所。




と言う事で今回、個人的目玉であるベスト判は泣く泣く置いて行く事に…




主力が機動性重視の 35mm になるのが予想されつつも、重量級が一緒となると
簡便なベスト判カメラとは言え撮影するような余裕はカケラも残ってなさそう。
故に、今回はハーフカメラや 110 、APS などの誘惑度満載カメラも家で留守番。









でも、天候悪化に備えて全天候型の VECTIS S-1 は持って行った方がいいかも
(こうやって、どーせ車だからと相変わらず無駄に機材が増えるワケでして)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2007/08/01 21:33 | カメラな話 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |