スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
参った…
ここんとこ、普段に増してプライベートな時間が取り難くなっておりまして。



日曜の休みに、PC周りの不用品は一斉に処分しまして部屋は少し片付いたものの、
それ以降の部屋掃除&模様替えは見事に停滞したままとなっておりまして、
放出用カメラの抽出も20台以降は全く進んでおりませんです… ふへぇ。

そんなこんなで、放出企画の方は若干の先延ばしモードになっておりまして、
誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ち頂けると嬉しいです。













10102701.jpg
画像は適当。 引込線が残っていた頃の鉄道総研@国立
C-3040Z



しかしまぁ… 部屋の模様替えくらいは少しでも先に進めておきたいなぁ。




PC環境は未だに仮のままで、ケーブル類はごっちゃごちゃの状態ですから
子供が悪戯でもしたらエラい事になるのは必至… 自分でも躓きそうなくらいだし。

てなこって、久しぶりにブログを書けるような余裕がある今宵は生存報告だけ行い
寝るまでの時間を作業に当てたいので、久しぶりにも関わらず適当なエントリ。





あー、そう言えばフィルムスキャナの接続すらしていないじゃないか
スポンサーサイト

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2010/10/27 22:07 | 日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
放出企画の準備
相変わらず趣味部屋の大掛かりな模様換えは終わっておりませんで。



早いとこやっつけないと情熱が衰えそうなので、何とかしたいのですが、
平日夜間の限られた時間では思い通りにはいかず、現状では昨日から全く変化無し。

んで、部屋の容積を増やす手っ取り早い方法として、不要なモノの処分。
廃棄予定のPCや周辺機器は、日曜に無料で引き取ってくれるお店に持って行き
これで少しはスッキリする事が確実になったのですが、基本は趣味部屋なので…



腐っているのも多い 腐るほどあるカメラをどうしようかと




せっかく縁あって我が家に来た機材なので、(ゴミばかりとは言え)正直余り手放したくはない。
ですが、只でさえ狭い6畳間の趣味部屋なのでそろそろ限界が見えそう。
去年辺りから我が家に来る機材達は古典寫眞機がメインになっており、
その殆どが大きなフィルムを使う固体なので、どれもこれも嵩張るモノばかり。














10102201.jpg
画像と本文は全く関係ございません
DP1s  ISO100



なので、この際ですから今後二度と使う事の無さそうな機材は放出しよう。



と言う結論に至りまして、この前の休日に第一次抽出作業を行っておりました。
現状で20台ほどの稼動品やジャンクを選びまして、問題は放出の方法。

オークションなどに放流する事も考えたのですが、素人分解品を出すのは…

なので、以前にもやりましたが、希望者がいらっしゃれば差し上げます。
いや、お願いですから引き取って下さると私が個人的に嬉しいです。
だってねぇ、放出すればまた増やせますから




まだ完全な抽出作業は終えていないので、もちっとしたら告知します
(お願いだから誰か貰ってやって下さいませ…)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2010/10/22 22:51 | カメラな話 | コメント(12) | Trackback(0) | pagetop↑
趣味部屋改装中
いやー、物凄い勢いでブログをサボっております。


先日、実家で使わなくなった机を貰う事になったのですが、
ややアンティークな机でございますので、それに合わせた部屋作りを。

大掃除を終えたばかりの趣味部屋だったので、机の搬入くらい楽勝だろう。
くらいに考えていたものの、せっかくなので色々やっていたら収拾がつかない状態に


桐箪笥の移動に始まり、PCラックの撤去、カーペットの廃棄などなど…
(なので、机が来るまで PC は使用不能でした)


んで、昨日の午前中に机の搬入を終えまして、PCを仮設置まではしたものの
そこで力尽きましてブログは書けず、何とか復帰して今に至る次第であります。













10102101.jpg
画像と本文は関係ありません
DP1s  ISO100




PCラックは机と入れ替えで、実家に向かい再度のご奉公になるのですが。



考えてみれば PC9801VX21 の頃から使っていたPCラックなので充分な年代モノ。

とは言え、今回趣味部屋に配置された机はもっと年代モノの古机でございまして
元々は東京市の偉い人が使っていたもので、それを親父さまの職場の人が譲り受け
その譲り受けた人が退職される時に親父さまが譲り受け、実家で長い事使用され、
何だかんだで今度は我が家の趣味部屋に配置された、と言った按配でございます。

古い割にガッシリとした作りなので、21世紀の今でも基本はビクともしておりませが、
若干の補修が必要な感じなので、雰囲気を損なわぬように手入れしようと思います。


そんなこんなで、机が一気に古臭くなりましたので、部屋の雰囲気を合わせねば…
机のついでに、実家で使わなくなっていた振り子時計なども貰ってきており、
それの分解整備などもやっておりましたから、ブログは見事に放置モード。
(んでも、ゼンマイの振り子時計は音が良いですねぇ… 日差はあるけど)




いやしかし、カメラに合わせて部屋まで退化している今日この頃… 照明も変えよっと

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2010/10/21 20:51 | 日記 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
久々の古本ネタ
連休前に注文しておいた古書が届いておりまして。


一通り読み終えましたので、他にネタもありませんから今日のネタに。
例によってパーレット関連の資料と言うことで入手したのですが、
お値段的にちょっと手を出し辛い価格のモノばかりだったので、
今回ようやっとお小遣いで気軽に購入できるのを発見、確保に至る。

みたいな。












10101401.jpg
パーレットの第一歩 (吉川 速男 著)




昭和14年発行のモノですが、お値段の割に程度は良好。



本格的な戦争が始まる前の本ですので、紙質も良好 @ 1円50銭(当時の価格)
内容の技術的な部分に関しては、以前ネタにした パーレットの使ひ方
と被るものも多いのですが、当時の時局を表した時事ネタなどもあったりし、
堅苦しさを極力減らしている内容で、楽しく読む事の出来る本となっております。

著者である 吉川 速男氏 のアマチュア寫眞家向けに対しての語りかけは判りやすく
そして、何よりも肩肘張らずに楽しむべし、と言った趣旨が散りばめられており
寫眞術と言うモノを懇切丁寧に説明しているのは好感を持つのでありました。



     パーレットは寫眞機中玩具のものを除いて恐らく最低級機と云
   つてもよいと思ふが、もし寫眞術に手を染めて一通り人並みにハ
   イキングの寫眞を撮り、家庭でも家族の姿を寫し、アルバムに貼
   り、額に入れて樂しむ仕事をして見たいと思ふ人には充分の勤め
   は此カメラとしても完全に出來、慾を出さねば一生持つても役に
   立つて行かう。




吉川氏の著作は何冊か所有しているのですが、どれもこれも判り易くお勧めです。
今の感覚では信じられぬくらいに高価だったライカの本なども出しておられますが、
「高級機だって低級機だって被写体は同じなんだから気にするな」的な言葉もチラホラ。




秋の夜長、この手の古書は素敵な時間を与えてくれるのであります。
(そしてブログは綺麗にサボる、っと)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2010/10/14 20:41 | ベスト判 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
晴天ッ!
連休2日目はビックリするくらいの晴天に恵まれまして。




相変わらず実家にお世話になっておりますので、まったりと近場でお散歩撮りが今日の課題。
ただ、 六櫻社 Idea A號 をメイン機に考えておりましたので手持ちのフィルムはモノクロのみ…

カラーで遊ぶにゃ良い天気でございましたが、実家近所でカラーの 120フィルム は入手出来ず。



まぁ… 90歳のお爺ちゃん寫眞機、もとよりカラーでの発色は期待出来ないから良いんですけどね。
おまけに、当時と同サイズのガラス乾板やシートフィルムの市販品はありませんから
オリジナルフォーマットで撮る事が出来ないから、ぐちぐちぐち(略
















10101101.jpg
今日の新兵器、21世紀に蘇った セノガイド






単体露出計 を家に忘れたので なんて野暮なモノは古典機には似合いませんのでこれを使う事に。





実家にオリジナルのセノガイドがあったハズなんですが、発掘作業が難航しておりまして
今日は有難いう無料アプリを使わせて頂きましたけど、これは重宝しますねぇ。

また、iPod の方には 距離変換のアプリ も入れておりますから、目測フィート機でも問題無し。
目測で概ねのメートルを脳内で算出し、それをフィートに変換してセノガイドで露出を測り
あとはそれに従って露出とシャッター速度を弄ってシャッターを切るだけなので楽勝。


現像結果は先の話ですが、カメラ本体には不具合が無いので根拠は無いけど大丈夫でせう




やはり古典寫眞機械は楽しいですねぇ、もっと使いたいですよホントに。






















10101102.jpg
今日の画像はデジのみですが
DP1s  ISO100





ご覧のようなお天気でございましたので、何かしら撮れていると信じたい所でございます。





とまぁ、そんな感じで今日は山寺を回ったり少しだけ登山をしたり、実家の近所を徘徊したり
カメラを持ってウロつくには最良の天候でございましたので、それなりに撮る事が出来ました。

子供の走り回りたい欲を綺麗に消化できるくらいにウロつきましたので、子供もご機嫌。
やはり、自然の豊富な場所は安全ではないものの、満足度は高くて宜しいものでございます。

しかし、自分が幼い頃に遊んでいた場所に子供を連れて遊びに行くと言うのは不思議な感覚。
今更ながら自分の親がアレやらコレやらを危ないからと言っていたのがよく判るってモンですねぇ。

















10101103.jpg
ここらでもよく遊んだなぁ (しみじみ)
α Sweet DIGITAL  AF DT-Zoom 18-70mm/f3.5-5.5(D)  ISO100





今夜も酒と美味しい食事を堪能させて頂きましたので。





明日は適当な時間に帰宅するだけとなりましたが、今回は良い感じで連休を楽しんでおります。
それにしても、いまさら言うまでも無い事ですが、天候と言うのは重要なファクターですねぇ。
昨日は余り天気も宜しくありませんでしたけど、今日の晴天で全てを取り戻した気がしますですよ。

久しぶりに古典寫眞機を楽しむ事が出来ましたし、子供も思う存分走りまわって大満足の様子。
(ただ、贅沢を言えば今日はちと暑うござんした)







そんなこんなで、今日は歩き疲れた上に全力で酒も入っておりますから早寝しまーっす

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

2010/10/11 20:09 | お散歩撮影 | コメント(12) | Trackback(0) | pagetop↑
三連休の初日
日・月・火 と、三連休なのでございますよ。



遊びまくるほどの予算は無いし、家でゴロゴロするのもアレでございますから
今日から火曜まで、孫を見せて一緒の時を過ごして貰おうと言う表向きな理由で
現在は私の実家でのんびりさせて頂いているのでございます、はい。


んで、天候は微妙との予報が出ておりましたから機材はかなり大人しく。



DP1s と Idea A號 の2台だけを持ち出して、ヒマを見て撮れると良いなぁ、みたいな。
まぁ、基本は実家でまったり & 子供を自然の中で遊ばせるな予定だったりしますから
どれくらい写真を撮ることが出来るかは未知数ですが、久しぶりに古典機を使いたい。

ので、明日は天気も何とかなりそうですから、久しぶりに Idea A號 でお散歩しようかと。























10101001.jpg
実家にて適当に1枚
DP1s  ISO100





RAW専用機の DP1s 、相変わらずネットブックでの画像処理は難儀しております。




少しは jpg で撮ろうかなぁ、と最初は思っておりましたが、すっかり忘れておりました
明日は Idea を使う予定ですが、サブ機として活躍して欲しいので設定を変えておかねば…
ただ、バッテリの充電を忘れておりましたので、現在充電をしておりまして
このまま飲みに突入すると全てを忘れて明日も全開 RAW 撮影の予感がしております。






こうやって書いておけば忘れないよね、多分

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2010/10/10 16:20 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
思いつき
帰宅後にちょこっとレンズ遊びをしてみました。



先日入手した 昭和7年型 Pearlette でございますが、現状では使用不可能。
幸いな事に鏡玉の方は無傷 (接写側は死んでおりますが) でしたので、
そいつを本体からお借りして、デジのボディで試してみる事に。

いやぁ、本気で何となく思いついただけなので準備は何もしておらず。


ただ適当に、デジと鏡玉の間に冠布を被せて遊んだだけでございますから
まず真っ当になんぞ撮れるワケもありませんで、これはまぁ冗談みたいな遊び。














10100602.jpg
旭光学合資会社謹製、Meniscus Achromatic F8
(背景が寂しかったので、とりあえず初期型パーレットを)




それにしても… 開放で f8 ですからねー、暗い事この上無し。


何せ、夜間の部屋撮りですから、ピント位置の調整が難しいを通り越しており
おまけに、鏡玉とカメラの平行をシッカリと把握するのが (以下省略)

ちゃんと遊ぶのであれば、相応の準備をせにゃイカンと言うのがよく判る。













10100601.jpg
とりあえず撮ってみましたけど




うむ、レンズがちゃんと正面を向いていなかったっぽい。


α のデジで遊ぶなら、最低でもボディキャップを加工して固定する台座を作り、
鏡玉を前後スライドさせる機構を備えた筒を用意しないと駄目ですね (当たり前) 。
コダックの黒いパトローネケースでも加工して何か作ってみようかなぁ…


あっ、でも絞りとかはどうしよう?


オリジナルボディの使用は不可能だから、シャッターユニットごと外してしまおうか。
そうなると、元に戻すのも面倒になる上に全くの無改造で扱うのも難しいなぁ。
ちゃんと元に戻す事を考えてやらないと勿体無い事になっちゃいますからね、難しい。






うーむ、だったら素直にオリジナルのボディを修復せいって気もします

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2010/10/06 21:05 | ベスト判 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
昨日は
休日でございましたので、例によっての秋葉原でございました。



ここんとこ、休日は天気に恵まれておりませんで、今日も小雨が降ったり止んだり。
天気さえ良ければ パール でも持ち出してお散歩撮影を!と思っておりましたが、
さすがにこれじゃ蛇腹の古典機は厳しい、と言うか今の私にゃ普通に無理。


と言う事で、久しぶりに Leica IIIb を持ち出す事に (これも何だかんだで古典機だし)













10100501.jpg
最初はモノクロで遊ぶつもりでしたが
Leica IIIb  Summitar 50mm/f2  CS100



バッグに入れっぱなしだった センスー100 を使ってみました。



いやしかし、曇天時の ISO100 ですから描写の方は物凄く古典鏡玉。
確か、これは f3 ちょいの 1/100 で撮ったモノなんですが、流れる流れる。

やっぱり ISO400 くらい詰めておけば良かった…
比較的明るい古典鏡玉だと、こうなるのは判っていたんですけどねー。
シャッターは 1/1000 まであるんだから、明るさの増減くらい吸収出来るのに。


てなこって、お久しぶりな IIIb を使っておりましたけど、とても使い易い。
撮影リズムは蛇腹機とは比べようもないくらいにスムーズですし、大きさも手頃。
子供と一緒でも気にする事無く扱えるのは非常に宜しい按配でございました。
(ケース無しでもストラップを装備出来るのが二重マル)

ネガの場合、単体露出計は必要無い上に、曇天は光線具合が安定しているので
ちょこちょこと絞りを弄ったりする必要が無かったのも宜しいのでございました。




問題は、L39マウントの手持ちレンズが少ない事か… Hexar 欲しいねぇ

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

2010/10/05 22:54 | 日記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
落札してはみたものの
今回は久々のカメラ購入ネタでございます、けど。



今回はお店での購入ではなく、ネットオークション (今年はこのパターンが多い)
お店で吟味する時間を確保する事が難しいと言うのもありますが、
基本的には店頭に並んでいる個体が少ないから、が理由の大部分かも。


と言った感じで、今回の固体も戦前の國産古典寫眞機でございまして
例によって 六櫻社 の Pearlette 、これで9台目に突入であります、はい。














10100101.jpg
今回のは 昭和7年型 (見ての通りのジャンクっぷり)




パーレット誕生以来の悲願であった (と思われる) 純国産パーレット。



それまでのパーレット、ボディは国産でもレンズとシャッターは外国製の和洋折衷。
昭和6年に国産鏡玉の Hexar が登場しまして、昭和7年型より実装され全てが国産に。

本固体は単玉 ( Meniscus Achromatic F8 )ですが、生産は旭光学合資会社、
この MA単玉 も六櫻社の設計ですから、Hexar と同様の国産鏡玉になりました。

日本のカメラ歴史上、特筆に価すると言っても余り大袈裟ではない機体の一つなのでございます。







で す が 、







この固体は本当にボロい
到着時点でチェックした限りでは、以下の状態でございました。


駄目な部分

・蛇腹は妙な折り癖がついている上に光線ダダ漏れ
・赤窓のアイピースの一部欠損及びベコベコに変形
・矢来はひん曲がっていて要板金修理
・接写アタッチメントの支持枠欠損
・接写レンズのカビ(除去不可能)
・分解歴があるのかネジの一部欠品
・前面パネル変形


良い部分

・MA単玉は清掃のみで修復可能っぽい
・シャッター及び絞りは異常無し
・富士の金属スプール付属
・他の駆動部分は問題無し


これは落下品なんだろうなぁ、と思わせる駄目っぷりでございます。



とりあえず、午後の職場のヒマ時間に出来る限りの事はやってみましたが、
現状では撮影不可能と判断する他ない有様でございまして… 直すのは大変。

前面パネルは軽板金で元通りになり、矢来もじんわりと元に戻りつつ。
接写レンズはどうにもなりませんでしたが、MA単玉は綺麗になりました。
ただ、欠損や欠品はどうしようもないので部品取りを探すか、これが部品取りになるか。
(とは言え、同年式は滅多に出てこないんだよなぁ…)


て言うか、上の画像ではかなり綺麗にした状態だったりするのですが、
久々に触るのが躊躇われるくらいの汚れっぷりでございましたので、
職場で中子を引っこ抜いて、外装部分はジャブジャブ洗ったんですよ、これでも。

まだ粘るつもりですが、今回は厳しいなぁ… 凍結中の高級パーレットより遥かに厳しい。
落札前にボロいのは判っていたんですが、そもそも形が残っているだけでも有難いので、
最悪の場合は資料として持っておこう、なつもりで落札したんですが、本当にそうなりそう





そんなこんなで、防湿庫内部のパーレット率をまた上げてしまいましたとさ

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

2010/10/01 23:09 | ベスト判 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。