スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
六櫻社 Pearlette
本日到着したカメラ。



お久しぶりにネットオークションで落札した固体なんですが、
格安出品ながら画像は不鮮明、入札は全く入らずに
まるでお客の居ない回転寿司のように回り続ける商品



普通なら誰も落とさんだろ。 と言ったカメラです。




ですがまぁ、最近はカメラの神様が降臨しっぱなしで居てくれるようなので
モノは試しと落札してみたのでございます、駄目だったら飾ればいいし
















07042701.jpg
国産ベスト判カメラの雄、六櫻社 Pearlette (補修開始直後なのでばっちいです)






本来ならこの手のカメラ、使う事を前提とするならオークションは鬼門。
出品者が好きモノで詳細なデータを聞く事が出来るのであれば良いのですが、
大概は納屋から発掘されたり、解体家屋から出土したりなモノばかり。


申し訳ない言い方になりますが、出品者の多くはカメラの知識など皆無。


ご多分に漏れず、この固体も解体家屋上がりらしいのですが、
賭けに打って出るに値する、と勝手に解釈して競争者無しで無事落札。

















07042702.jpg
落札理由は 「虎マスク」 と呼ばれるレンズ周りの模様
(畳めばレコーダーと同じくらいの大きさ)






パーレットは大正14年から昭和22年までと、非常に長い間生産されており
その間に様々な仕様変更があったのは言うまでもありませんです。



その中で、虎マスクのパーレットは昭和7~9年後期まで生産されたモデル。
おまけに、この虎マスクからレンズを含め、完全に国産化されております。

つまりは純国産と呼べる初めてのカメラなんですよ。



更に,、これが肝心なのですが、昭和7年モデルから Hexar が搭載され始め
万が一にもレンズが Hexar だったら悶絶出するのは間違いなしなのであります。
















07042703.jpg
残念、レンズは Hexar ではありませんでした





搭載されていたレンズは、旭光学合資による Zion 75mm/f6.3
もちろん、この旭光学合資とは今の PENTAX になっていたりするのであります。

で、この Zion 75mm/f6.3 ですが、3群3枚構成のトリプレットタイプ。
ちなみに Hexar はテッサータイプなので、当然ながら写りも違うんだろうなぁ…


うーん、さすがに Hexar が載ってるパーレットは簡単には手に入らんか。





でまぁ、レンズの仕様やら各部の構成などから歴史を紐解いてみると
到着したパーレットは昭和8年の春以降、そして昭和9年より前のモデルと言う事に。



外装は見ての通り、まさに年式相応の痛み方ではありますが、
奇跡的に機械部分は無傷、欠品もありませんでしたし作動も良好。
長い年月で失われる事の多い針金枠 (ポートレイトや接写用のアタッチメントレンズ)
サビは多いものの、変形せずに今でも機能する雰囲気です。


肝心なレンズは強靭なヤニパワーがカビを寄せ付けなかったようでして
先ほどレンズだけはバラバラにして清掃を完了させました。

煙草は害ですが、こういう時は非常に有難い存在ですよ。














07042704.jpg
固定焦点なので、このような深度表が付いてます





どう転んでも 「がっつりシャープに」 写るレンズでは無いでしょうから
この表を参考に撮れば大丈夫って事で、試写が楽しみでございます。

ベスト判本来の 4x6.5cm をどれほど堪能出来るかワクワク。




ただ、蛇腹にピンホールがあるので、それを修復せにゃならんのですが、
レンズは綺麗になり、他に不調は抱えていなさそう。

外装はアレですが、適度に 「味」 を残した補修に留めようと思います。
完全に再塗装をしてしまうのは勿体無いですからねぇ、こんだけ古いのは。














07042705.jpg
たった3台とは言え、似た年頃のカメラを並べてみると壮観です










うーん、こうなると先日 リリー を買いそびれたのは大きな失敗だなぁ…

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

2007/04/27 21:27 | カメラな話 | コメント(11) | Trackback(0) | pagetop↑
<<修復開始と嬉しいオマケ | ホーム | 連休前につき>>
コメント
ええと、、、、すごい領域に入ってきましたね(苦笑)。

レンズが無事だったのが何よりです。私はグルグルが大好きなんですが、ぜひともそういうのをお願いします(苦笑)。

Katsura * URL [編集]2007/04/27 22:45
パーレット、私の記憶の中では、シャッターを押した事があります。昭和の35・6年ごろ迄。ヒョットすると、形が似ていただけかもしれませんが。
今現在は、妹が所有しているはずです。父親の形見として。
P-chan * URL [編集]2007/04/27 23:54
す、すごいカメラですね
僕には手を出せませんっ
蛇腹は管理が大変ですよね
使ってる時も気を使いますし
ヘキサノンじゃなくて残念でしたね
僕もドキドキしながら記事読みました^^;

ところでレンズの件ありがとうございました
すごく為になりましたー
お気使い頂き感謝しています
自分でじっくり探してみようと思います^^

本当にありがとうございました


michiru78h * URL [編集]2007/04/28 02:12
◆ Katsuraさま
エントリの最後に書いてある リリー と言うカメラを買っていたら
更なる領域に飛び込んでいる所だったのですが(笑)

大名刺判と言う最早意味不明なフォーマットのカメラを買って
大判に改造しようくらい思ってましたし^_^;

>グルグル
撮ってないので何とも言えないんですが、
開放付近では恐らくかなりのソフトフォーカスになるのでは?
と踏んでおります。

「ベス単 フード外し」で検索されてみて下さい(笑)
Agas * URL [編集]2007/04/28 22:25
◆ P-chanさま
パーレットは元々、VPKとかピコレットのコピーみたいなモノですから
古くから写真が好きなご家庭では残っている事も多いと思います(^^

どうです?一時期絶版になったベスト判フィルム
最近は売られておりますので、数十年ぶりに光を通してみられては(^^

と煽りたくてウズウズしております(笑)
Agas * URL [編集]2007/04/28 22:29
◆ michiru78hさま
この手はもう駄目人間の領域になりますから
手出しせぬ方が無難でありますので(略 ^_^;

蛇腹は最悪の場合、自己再生と言う道がありますから
さほど心配はしておりませんです(^^
て言うか、金属部分の修復が連休明けになりそうなので
下手すると連休中は蛇腹を作る事になるかも…
(よくよく調べたら結構穴だらけなんで(笑))

>広角レンズ
とりあえず、連休中もパトロールは欠かさないと思いますので
何か 「おお!これはっ!」 と言うのがありましたら
とりあえずメールを投げさせてもらいます(笑)

ウザかったら無視しといて下さい^_^;

Agas * URL [編集]2007/04/28 22:33
深度表の単位って、インチ?、まさか、尺?そんなことは、有ったりして。
P-chan * URL [編集]2007/05/02 08:56
◆ P-chanさま
どうなんでしょうねぇ^_^;
メートル単位だと信じてテストしてみたんですが、
ほとんどピンボケなのでインチなのかも知れません(笑)
(無限は問題無かったので、本当にインチかも)
Agas * URL [編集]2007/05/03 01:09
きっと、フィートですね。
1フィートと1尺は、ほぼ同じですから。
P-chan * URL [編集]2007/05/03 17:35
◆ P-chanさま
そうそう、フィートですインチではなく^_^;
フィートなら昨日の失敗も納得出来る距離ですし
今度はフィート換算で撮ってみようと思います。

そして光線漏れも何とか(汗
Agas * URL [編集]2007/05/03 22:28
はじめまして。
友人から同じカメラを譲り受けてました。
私はカメラど素人ですので、検索していたらこちらのサイトに辿り着きました。
記事をふむふむなるほどと読んでいてふと手元にあるpearletteを見てみるとhexarと書いてあるじゃありませんか!
悶絶する知識が無いので悶絶出来ません。
悶絶したいので悶絶ヒントください‼︎
tys * URL [編集]2015/10/21 13:23
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://junkcamera.blog9.fc2.com/tb.php/689-d17f731c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。